私は小さいながらにマッサージサロンを開業して頑張っている既婚者です。

マッサージやリラクゼーション系の業態に興味があって、脱サラして独立しました。

昔からセックスの時の指テクが好評で、人から「気持ちいい」って言われるのが楽しくて、それを仕事にしたいと思っていました。

さすがにAV男優や出張ホストは難しいですので、違う道で考えた結果です。

先週の日曜日に、以前に3回目ほど来店してくれた女性が来ました。

名前は、優里ちゃんと言って26歳のOLさんです。

見た目は凄く地味で、髪の毛もメイクもあまり時間をかけない感じが伝わってきました。

ただ、顔や体の素材として見たらいい物を持っています。

前回マッサージした時に触った肉感は、かなりの上物です。

お嬢様の匂いがします。

前に来た時は30分のマッサージだけだったんですが、その日は120分のコースにしてくれました。

簡単な会話しかしてなかったので、素性は分からなかったのですが、その日初めて色々会話をしました。

優里ちゃんは東京育ちで、妹が二人いる長女です。

ずっと学校が女子校だったので、男の人とうまく会話が出来ないのが悩みらしいです。

でも、最初に家の店に来たときに、私と自然に会話が出来たので、リラックスして話せる珍しい男の人という理由で何回か来てくれたらしいのです。

世間話をしていると、どう考えても26歳にして処女の匂いがプンプンします。

だって、「男と二人きりになった事がない」と言い切っていましたから。

そして、ため息混じりで、「家族と過ごすクリスマスはそろそろ卒業したいです・・・」と言っていました。

そんな話題から、ちょっと下ネタに持っていきました。

「でも優里ちゃんもオナニーはするんでしょ?」

さすがに優里ちゃんは顔を真っ赤にして黙ってしまいましたが・・・。

「どうしたの?オナニーしない人なんか居ないからね!」と言うと、「えっ、そうなんですか?」と食いついてきた。

「当たり前だよ、大人なんだから恥ずかしい事じゃないよ」

そう言い切ると、優里ちゃんはずいぶん楽になったような顔で話し始めた。

どうやら週に3回ぐらいやってるらしいが、たぶん毎日してるだろうと思った。

そして最近は電動歯ブラシでオナっているらしい。

ちゃんとイク感覚もわかるので、バージンとは言え、性感は開発されているようだった。

「優里ちゃんがフェロモンを隠してるから彼氏が出来ないんだよ!」

「どうしたらいいんですか?」

そう聞いてきたので、ベッドから少し移動して鏡の前に立たせた。

そして私は真後ろに立って、「毎日鏡を見ながら、女のフェロモンを出す練習をするんだよ!」と言いました。

優里ちゃんはバスローブと中にはパンツだけの格好なので、バスローブの襟元を少し広げて、「自分はエロいんだって思いながら鏡を見て!」と言いました。

優里ちゃんは催眠にでもかけられたように鏡の自分を見ています。

私は優里ちゃんの髪の毛をアップにしてまとめると、予想外にいい女の顔になってきました。

そしてバスローブの襟元をもっと広げると、かなり谷間が見えてきました。

でも優里ちゃんは何も言いません。

それどころかエロい自分に酔っているみたいです。

私は上から覗き込んだ谷間が予想以上に深いので、「優里ちゃんおっぱい何カップ?」と聞くと、「Fです」と答えた。

「だったらもっとおっぱい強調しようよ、自分で持ち上げてみて!」

そう言うと素直に自分でおっぱいを持ち上げて谷間を強調しました。

私はこの時に、優里ちゃんの耳や首筋を触っていて、優里ちゃんはドンドン息が荒くなっていました。

優里ちゃんは鏡に写るセクシーになっている自分の姿を見て興奮しているようです。

「優里ちゃんフェロモン出てるよ!もっと出して!もっと出るよ!」

私はヌードカメラマンになったみたいに暗示をかけていきました。

気が付くとバスローブは肩まではだけていて、優里ちゃんが両手を放せば落ちてしまいそうな感じです。

ムッチリとしたFカップの谷間が厭らしくて、乳輪ギリギリまで見えています。

私はアロマオイルを取ってきて、優里ちゃんの首周りや、鎖骨の下辺りをマッサージしました。

そして段々おっぱいに近付いて、露出している部分のおっぱいを自然に揉んでいました。

優里ちゃんはボーっと鏡を見ているだけで無抵抗で、特に嫌がる素振りもありません。

「女性ホルモンが一番出るマッサージしてみる?」

「はい、お願いします」

私は後ろから優里ちゃんの両手を握って、ゆっくり左右に広げた。

両手で押さえていたバスローブがパラッと開いて、スケベな巨乳が現れた。

でも優里ちゃんは催眠状態で完全に無抵抗だった。

私は後ろからおっぱいを覗き込むと、おっきめの乳首がすでに立ち始めていた。

そしてゆっくりと両手をおっぱいに近付けて、指が触るか触らない程度の超ソフトタッチで乳首以外の部分を撫で始めた。

すると優里ちゃんはビクッと体を震わせていた。

そして段々と体がうねるように動き始めた。

気が付くと乳首はビンビンに硬く勃起している様で、私の指が乳首に近付くと、自分でおっぱいを動かして乳首に当てようとしていた。

たっぷりと焦らした後に乳首を瞬間的にコリッと弄ると、激しく震えながら、「あふぉ、あふっ、あふっ」と変態的なアエギ声が漏れ始めた。

そしていきなりおっぱいを鷲掴みにしてクッチャクチャに揉みまくってやると、「あひっ、あふっ、あふっ、ひいいい」と興奮しながら、外人さんみたいに腰をグラインドさせながら感じている。

たぶんバージンながらに映画で勉強したセックスアピールなのだろうか。

「どうです?女性ホルモン出てる感じしますか?」

私がそうと聞くと、「はいぃぃ、すごいですぅぅ」と満足しているようだった。

そして、「じゃあもっと出る方法やってみます?」と聞くと、「おねがいしますぅぅぅ、あふっ、あふっ」と待ちどうしいような声が漏れていた。

優里ちゃんは乳首をビンビンにして感じまくっていたので、(これはまだまだイケる!)と思い、鏡の見える位置までベッドを移動して、ベッドの上で四つん這いにさせました。

もちろん優里ちゃんは正面から自分の顔を見ています。

真横から優里ちゃんを見ると、Fカップのおっぱいがデロンッと垂れていて厭らしいです。

バスローブは邪魔なので取ってしまい、パンツ一枚になりました。

そして真後ろから優里ちゃんを見て、マンコの部分を凝視しました。

その後に、「優里ちゃんのアソコをパンツの上からじっくり見てるよ」と言いました。

優里ちゃんは恥ずかしそうに、「・・・いやぁ」と言いました。

私は、「見られると、どんどん女性ホルモンが出てくるから!」と言って、じっくり見ていると、優里ちゃんは意識し始めたのか、パンツにはっきり分かる染みが出来てきました。

私は内股にフェザータッチで指を這わせました。

すると勢いよく腰が震えだしました。

アソコギリギリまで指が近づくと、ガクガク腰を振りながら、少しだけ足を広げようとしています。

たぶん処女なだけに、今まで妄想しすぎて普通の女より変態女になっているのでしょう。

それを繰り返しているとパンツの奥からプチュッ、プチョッと音が聞こえてきました。

中身は大変な事になっているでしょう。

私はパンツを食い込ませながら、太ももの付け根を重点的に触りまくりました。

今日はじっくり楽しみたいと思ってきたので・・・。

「優里ちゃん!今日は特別サービスで延長無料にしてあげるから、ゆっくりできる?」

「あっ、ええ、ハァハァ、はいっ、大丈夫です、ああ、ありがとうございます」

優里ちゃんはすでにパンツをビショビショにして悶えていました。

けれども私は絶対にアソコには触りませんでした。

しばらく寸止めを繰り返しながら、今度は別の方向から攻めてみました。

「優里ちゃん男の人の裸は見た事ある?」

「そんな・・・お父さんしか無いです」

「興味ある?」

「・・・ええ、かもしれないです・・・」

「じゃあ、今日は特別に優里ちゃんにイイ彼氏が出来るように、練習台になってあげるよ!」

そう言って、私はズボンを下ろした。

もう優里ちゃんは驚きません。

それどころか真っ赤な顔で、こっちをジッと見ています。

そして私と目が合うと、ハッとして下を向いてしまいます。

私は半立ちのチンポを優里ちゃんの顔に近付けました。

優里ちゃんは恥ずかしそうにしていますが、かなり興味津々で見ています。

「好きに触っていいよ」と言うと、恥ずかしがりながらゆっくり揉み始めました。

しばらくすると、たぶん何処かで勉強したんでしょうか?上下にシゴきはじめました。

私のチンポも完全に勃起してヘソにくっ付きそうなぐらいカッチカチになると、優里ちゃんの目がトローンとしてきました。

そして何かをやりたそうな感じで、顔をチンポに近付けては離して、モジモジしています。

もう半分、舌が出ているので、しゃぶってみたいのはバレバレです。

私は何も言わずに見ていると、段々顔の位置をチンポに近付けて、頬擦りするみたいに寄ってきて、たまに唇をサオに当てます。

そして我慢が出来なくなったのか、一気にジュボッとしゃぶってしまいました。

ビデオで勉強したんでしょうか?

処女とは思えない予習派女でした。

一旦しゃぶりはじめると根暗なお嬢さんの雰囲気が消えました。

ただのスケベな女に変身でした。

優里ちゃんは初めてのフェラに馴れてきたのか、段々いやらしく裏スジとかを舐めるようになりました。

たぶん優里ちゃんはフェラが好きなんでしょう!

だって普通ならアゴが疲れて、時々は手コキを混ぜて休むんですが、優里ちゃんは最初からペースが変わらずにしゃぶり続けていました。

私はそろそろアソコの状態が気になったので、フェラを止めさせてからパンツを覗いてみました。

そしたら半端ない事になっていました。

綿のパンツから滲み出るようにマン汁が溢れています。

顔を近付けて匂いを嗅ぐと、かなり濃いマン汁臭がしました。

私はまたフェザータッチで内ももを撫で回すと、すぐにピクピク反応して、何か言いたそうな顔でこっちを見ていた。

「どうしたの?」

そう聞くと、恥ずかしそうに・・・。

「あの・・・もっと違う所をマッサージして欲しいです」

「どこ?」

「パンツのところ・・・」

相当ムラムラしていたんだろうか、最初の頃とは違い積極的になっていた。

私はさらに・・・。

「パンツのところじゃ分からないよ、ちゃんと言って」

「アソコです・・・」

「ダメダメ、分からない、マッサージしないよ!」

優里ちゃんは、「おマンコです、お願いします・・・」と泣きそうな声で言った。

私は四つん這いの後ろにまわって、ゆっくりとパンツを下ろした。

最初はアナルから徐々にオープンして、「優里ちゃん丸見えだよ」とか言うと興奮してる様だった。

そしてアソコの部分が丸見えになると、中身は凄い事になっていた。

まるでとろろを引っ掛けたみたいに、真っ白なマン汁が出ていて、ビラビラもクシャクシャになって濡れていた。

そしてクリの皮を捲ると、完全に勃起していた。

しかもかなりの大きさだった。

相当オナニーに使っているのが分かった。

クリを直接“トントン”と叩くと、体がビクッとなって中からドクンッとマン汁が溢れだした。

クリを本格的に弄り出すと、「あふっ、あああ、あふっ、ふぁあああああ」と凄い声が漏れ出した。

そして高速で弄ると、すぐにイキそうになって「ああああふ、あふ、イキます、あああふ、ああ」と言ったので・・・。

「処女なのにイキますって言いながらイケ!」と言うと・・・。

その後、「あふううう、うっ、ああああああ、イク、ああああああ、処女なのに、ふっ、あああ、イキます、イキますううううう」と激しくイッてしまった。

イッた後すぐにデカクリをまた擦ると、「ああああ、ダメですぅぅぅ、くすぐったいですぅぅぅ」と抵抗してきたので、「少し我慢しなさい!もっと気持ち良くなるから!」と言うと必死で我慢していました。

しばらくすると我慢していた声とは違い、「ハァハァ、あふっ、はふっ、ああああ、あふっ」と気持ち良さそうな声が出るようになりました。

それを続けていると、「ああああああ、ダメですぅぅぅ、また、また、イキますぅぅぅ、うふぅぅぅ、イク、ああああ、処女なのに、イッくぅぅぅぅぅ」と勝手にイッてしまいました。

その後も更にデカクリ攻撃を続けていると、さっきより我慢している時間が短くなって、すぐに喘ぎだしました。

そしてイクのも早くなって、あっという間にイッてしまいました。

それを何回も繰り替えしていると、イキっぱなしの状態になってしまい・・・。

「あああああ、だめぇぇぇぇ、ずぅぅぅっと気持ちいいいいいいいいいいい、あああああああああ」

・・・と、おかしくなったような声を出して、ヨダレを垂らしまくって、終いには“ブシャ、ブチャ”と潮を吹き散らしてイッていました。

そして私は、マンコに二本指を突っ込んで、手の平をデカクリに擦り付けるようにしながらGスポットを刺激しました。

そしたら2、3回動かしただけで“ブチュッ、ブシャァァァァァ”と潮が出てきて、更にアナルにも指を入れたら、とんでもないデカい声を出しながら、「おかしくなるぅぅぅっぅぅぅぅぅうううううううう」と言いながらイッてしまいました。

優里ちゃんを散々指テクで潮を噴かせて、イキまくりの状態にさせながら試しにアナルの拡張をしてみました。

マン汁をつけながら指を入れてみると、すんなり2本入りました。

元々緩いようで、あまり痛いとも言いません。

とりあえずマンコにぶち込んでから、ついでにアナルバージンも頂こうと思い、「じゃあ優里ちゃん、そろそろ最後のマッサージにいこうか?」と言いました。

するとさっきとは違って、「えっ、それって・・・あの・・・無理です、それは・・・」と拒否し始めた。

理由を聞いてみると答えは単純で、『恋人になった人にあげたい・・・』と言っていました。

でもここまで来て終わらせるわけにはいきません!

ですので、さっき拡張したアナルに入れる事にしました。

それでもかなり説得して、クリを弄ってイッてる時にオッケーさせました。

そして大量に垂れまくった本気汁をチンポに塗りたくって挿入しました。

マン汁がアナルまで垂れて凄いので、ローションなんて全然いりません。

初めてのくせにヌルッと簡単に入りました。

肛門を通過する時のコリッとした感じがたまりません。

最初から奥までぶち込んで、激しくピストンしましたが、違和感は最初だけみたいで、すぐに喘いでいました。

アナルにぶち込みながらデカクリを弄ると、面白いように痙攣しながら簡単にイキました。

もうヨダレ垂らしまくって、「ふふぁぁ、ふぐぃぃぃぃ」みたいな変な声で叫びまくっていました。

相当気持ち良くなったのか、「処女なのに、アナルが気持ちイイですぅぅぅぅぅ」と言いまくっていました。

しばら正常位でアナルピストンをして、4回程イカせた後に、勢いよくチンポをアナルから抜いて、すぐにマンコにぶち込みました。

こんな状態なので、何の抵抗もなくブチュブチュと入っていきました。

さすがに奥の方は抵抗感がありましたけど、出血もなく簡単に処女を奪いました。

優里ちゃんは最初は何が起きたのか分からずに叫んでいましたが、すぐに違和感に気付いて、「いやあああああ、やだやだ、だめええええええ、抜いて、抜いてええええ」と言っていました。

私は構わずピストンを始めました。

最初は痛がっていましたけど、これだけのスケベな体です、すぐに気持ち良くなりはじめました。

「いやあああ、酷いですよ、ああああ、あふっ、ああ、ふぎいぅううう、いふっ、あふうううう」

そう言い出して、最初は逃げようとしていましたけど、デカクリを弄り出したら自分から脚を絡めていました。

結局この状態で3回もイッて、最後には、「もっとしてえええええ」と言っていました。

私も出したくなってきたので、次の生理の予定を聞いて大丈夫そうだったので、「中に出すぞおおおおおおお」と言ってイキました。

優里ちゃんは、「いやあああ、だめえええ、ああああ、あふうう、ああ、イクううううううう」と同時にイッていました。

私は処女喪失だけではなくて、あらゆる初めてを経験させてやろうと思い、アナル中出し、顔面シャワー、パイズリ、何でもやらせました。

優里ちゃんは最終的には何をされてもイキまくる変態に成長して、今年ももちろん常連さんになってくれています。