今日は面白い事がありました。

うちの会社でクリスマス向けの広告を作るんですが、一流企業でもありませんので、広告代理店には頼まずに、デザイナー、カメラマン、モデル、印刷など、バラ発注で毎回やっています。

広告を作るのは年に何回もあるわけでは無いので、時間がある人間が担当する流れになっています。

私はこの時期は比較的暇ですので、毎回ダラダラと広告の企画を任される事が多く、今回も私が担当になりました。

いつもは面倒な仕事としか思って無かったのですが、今年は女性ヌードモデルを使って、ボディーペイントしたセクシーな広告にする事に決まりました。

私はその企画決まった瞬間に、『エロ面白い事が出来る!!!』と内心大喜びでした!

そして私一人で段取りを進めていきました。

予算の振り分けも一任されているので、範囲内に納めれば何の文句もありませんし、私はこれでも役員ですので、ほとんど自由に動けます。

まず、モデルを集める為に、『ボディーペイント用ヌードモデル大募集!』と広告を打ち、ギャラは10万円に設定しました。

何故たった数時間のバイトで10万円なのかと言うと、ヌードだけではなくて、もう一つ必要不可欠な条件があります。

それは、バレリーナの人がよくやる、片足を手で持って、頭の上まで上げて『Y』字にするポーズが出来る事です!

まあ、ある程度体が柔らかければ誰でも出来ると思いますが・・・。

何故こんなポーズかと言うと、広告の企画の内容が、デパートのショーウィンドウの中にクリスマスツリーに扮したモデルを立たせて、バレエのポーズをさせます。

もちろん大事な部分はモミの木の葉っぱで隠します。

そして合成で通行人を入れます。

それをバックにキャッチコピーが入るのですが、『気付かないだけで、目の前に幸せは転がっているんです!』って感じです。

まあ下らないと思いますが、なかなか面白い物にはなりそうです。

そして今日は何と、モデルの面接の日だったんです!

朝から一人でワクワクしていましたが、私以外は誰も知りません。

募集して集まったのは12人でした。

そして30分おきに一人ずつ面接をしましたが、面接なんて言っても話を聞く事は無いに等しいです。

一番大事なのはモデルの体系と容姿のみですから、話もそこそこに、さっさと全裸になってもらいました。

そして、一番重要なポーズをしてもらい、そのままの状態で、じっくり観察します。

これが最高です。

だって、足を高く上げて、マンコをパックリ開いた状態の知らない女の体を舐め回すように見る事が出来るんですから!!!

ちなみに12人中2人は「やっぱり出来ない」と言って帰りました。

そう言う女に限ってブサイクなので、逆にラッキーでした。

残りの10人も全部可愛いわけではありません。

ただじっくり10人分のマンコは楽しませてもらいました。

意外と高学歴の大学生なんかも参加していて、育ちの良さそうな顔して、マンコのビラビラが伸びていると『カワイイ顔して遊んでんなー』と思って興奮してしまいます。

あとは見られているだけで、乳首がコリコリになってる女や、マンコから“プチュッ”っと音がして、マン汁が垂れてきた女もいました。

実際は可愛い娘は3人しかいませんでした。

そしてその中で巨乳ちゃんは2人で、このどちらかで迷いました。

一人はおっぱいが綺麗なんですが、エロくなかったので、もう一人の女の子にしました。

その娘はちょっとタレぎみの巨乳ですが、乳輪と乳首がでかくてエロいのと、一番マンコを濡らしていた女なので選びました。

完全に自分の趣味で選びました。

来週はいよいよ撮影ですが、ボディーペイントは私自身でやる予定です!!!

これは最高に楽しみです!

そして待ちに待った、ボディーペイントヌードの撮影日でした!!!

前回面接で選び抜いた巨乳の敏感女がやってきました!

早速倉庫に来てもらい、彼女と私だけになりました。

私は出来るだけ業務的な態度を取って、エロい感じは一切封印していました。

今日は作業服を着て、しっかり仕事体勢をアピールしつつ、彼女に裸になってもらいました。

前回見ていますが、やっぱりエロい体です。

おっぱいは“デロンッ”と垂れ気味ですが、エロいです。

マン毛も濃いめで、エロ女の証拠です。

私はここで初めて、「最初にアソコの毛を剃らせてもうけど大丈夫?」と聞きました。

撮影には邪魔ですが、別に剃らなくても問題はありません。

彼女は、「あっ、そうなんですか?えー、はい、分かりました」と渋々納得した。

どうやら彼女はあまり強く言えないタイプのようで安心した。

彼女を座布団を敷いたテーブルに寝かせて、大きく足を広げさせて、いよいよマン毛を剃り始める。

良く考えると凄い光景です。

真っ昼間から、ほとんど初対面の女のマンコが目の前に丸出しであるんですから。

私はヒゲ剃り用のクリームを手に取り、「毛穴にしみ込ませるからマッサージしながら塗りますね」と言って、彼女のマンコを堂々と触りながら、ドテからビラビラ周り、アナルまで、クリームをじっくり塗こんだ。

やっぱり彼女は“ビクビク”と腰を動かしながら、指を噛んで必死に我慢している。

塗りこんでいるだけで、マンコから透明なマン汁が見えてきた。

もうスイッチは入ってるようだ。

今度は剃り始めると、若干気持ち良さそうな顔で目を閉じていた。

意外と時間は掛かったがツルツルになると益々いやらしい。

タオルでクリームとマン汁を拭き取ると、マン汁はまた溢れてきていた。

今度はいよいよボディーペイントに入って、彼女を丸椅子に座らせて塗り始めました。

濃いグリーンを塗るだけなので誰でも出来ます。

最初は手足からさっさと塗ってしまい、顔は最後にしました。

そして背中を塗り終わって、お腹からおっぱいへ攻めていきました。

おっぱい周りから攻めていくと、すでに乳首はカッチカチに勃起しています。

乳首を塗り始めた瞬間、「あはぁ」と声が漏れて顔を真っ赤にしていました。

その間も私は表情一つ変えずに坦々と塗っています。

でも乳首を長めに塗っていると、彼女は明らかに、「ハァハァ」と呼吸が荒くなっていました。

今度はいよいよマンコです。

彼女を立たせて、椅子に手を突かせ、立ちバックみたいな体勢で後ろから塗ります。

ところが、ケツを向けてビックリです。

マン汁が大量に出ていて、太ももまで垂れてきてしまいました。

せっかく塗り終わった所にマン汁の跡が付いてしまいました。

予定通りです!

私は、「もう一度太もも塗りますね」と言うと、彼女は恥ずかしそうに、「すいません・・・」と言っていました。

でも太ももを塗りながら、刷毛がマンコに近付くと“ドクンッ”って感じで白っぽいマン汁が垂れてきます。

ここまでとは思わなかったんですが、相当感じやすい体を持っています。

面白いぐらい収拾がつかないので、「困ったな、どうしよう?」と聞いてみると、「すいません・・・ホントにどうしよう・・・」と顔を真っ赤にしながら本気で困っています。

私は、「一回イったらおさまるかな?」と聞いてみると、「分かりませんけど・・・」と言っていたので・・・。

「まぁとりあえずやってみようか!」

そう言って返事も待たずにクリを指でイジりだしました。

彼女は抵抗する事は無かったんですが、少し我慢しているようだったので、「我慢したら意味無いからね!」と言うと、「はいぃぃぃ、あああん、あん、あっ」と声を出してマン汁を溢れさせながら感じています。

すると1分もしないうちにイキそうになって・・・。

「あああん、あん、イキそうです、すいません、イキます、イキますうううう、ううう、うぐっ」

ブルブル体を震わせてイッてしまいました。

そして私はマンコをタオルで拭いたのですが、もちろん一回でマン汁が止まるわけありません。

「やっぱりダメだね、まだ時間あるから、何回かやってみるね!」と言って今度はマンコに指を突っ込みました。

彼女は自分がいけないと思っているので、「すいません・・・」と謝っているだけで無抵抗だった。

指を突っ込んでGスポットを刺激するとすぐに“ブチュブチュ”音がし始めて、マン汁なのか潮なのか分からない汁がボタボタ流れ始めました。

同時に彼女は、「すいません、すいません、イキます、イキます、ああ、ああああああ」と謝りながらイッていた。

良く考えると彼女は相当お人好しだ。

自分のせいでも無いのに謝りながら自分の体を差し出しているんだから。

彼女は呼吸を荒くして呆然としている。

マン汁を止めるどころかもっと酷い状況になってしまったのだから。

「どうしようか?止まらないね、いつもこんな感じ?」

私がそう聞くと、「違います、いつもはこんなに出ません、すいません、どうしよう・・・」と本気で落ち込んでいました。

「最後までしたら落着くのかな?」

「えっ、それは・・・分かりません・・・」

「ごめんね、君がすごいエッチだから俺も勃起しちゃったんだよ、こっちも何とかしてもらわないと仕事にならないよ」

すると彼女は本当に申し訳無さそうに、「すいません、本当にすいません、どうしたらいいですか?」と聞いてきたので・・・。

「じゃあ俺もしてもらっていい?」

そう言うとすぐにズボンを下ろしてビンビンのチンポを顔に突出し、頭を掴んで口にぶち込みました。

彼女は申し訳ないと思ってるのか、一生懸命苦しそうな顔でしゃぶっています。

フェラは全然旨く無いので、すぐに入れる事にしました。

「今ゴムなんて無いから生で入れるよ」と言うと、「あっ、はい、すいません」と何故か謝っていた。

マン汁が溢れ出ているマンコに“ブチュブチュ”とぶち込むと、彼女は、「うはぁぁあっぁぁ」と気持ち良さそうな声を出して震えている。

10回位ピストンしていると、「すいません、イキますううううううう、うぐううう」と言ってすぐにイッてしまった。

私も時間が迫っていたので、そのまま無茶苦茶に腰を打ちつけて、「あああ、何処に出して欲しい?」と聞くと、「飲みたいですうう、お口にいいいいい」と叫んでいたんで、チンポを引き抜くと、頭を掴んで口にぶち込みました。

彼女は涙目で苦しそうにしていましたが、喉まで突っ込んでそのまま精子を注ぎ込んでやりました。

彼女はグジョグジョの顔で精子を飲み込んでいました。

一通り終わったんですが、ゆっくりしてられないので、彼女のマンコにテープを貼って、マン汁を止めてからさっさと塗を終わらせて撮影をしました。

撮影は無事に終わって、その後はもちろんペイントを落とさないといけないので、私が担当しました。

その時は普通に、「もう一度入れちゃってイイ?」と聞くと、「はい!お願いします」とイイ返事が返ってきたんで、もう一発倉庫でやって、思いっきり顔射して帰しました。

もちろんメアドを交換したので、都合のイイ女が増えました!