私(♀):27歳、158cm/44kg、独身、彼氏無、鬼束ちひろ似。

相手(♂):29歳、独身、彼女無し、チビで細いらしい、写メはドラゴンズ岩瀬似。

『半年くらい彼氏がいなくて寂しい&エッチしたい気持ちが抑えられなくなってきた』の内容で待ち。

すごい釣れた。

その中から近所でメール内容に誠意を感じた彼をチョイス。

最初からエッチ目的なので、メールを始めて3日で面接決定。

某駅前で待ち合わせ。

事前に私の服装を伝えておいたので声を掛けられる。

ちっちゃい岩瀬キターーー!!

本当にちっちゃい。

ローヒールの私と目線が同じ。

でも清潔感もあるし、岩瀬顔は好みなのでOK。

とりあえず食事するも、お互いやりたくて我慢出来ず、早々に店を出てラブホへ。

部屋に入るなりディープキスしながらベッドに倒れ込んでお互いを愛撫。

この辺りで軽い違和感を感じる私。

「何か大きくない?」

そう聞いてみると恥ずかしそうに「そうなんだ」と頷く抑えのエース。

脱がせてみると・・・凄い大きい!

つーか、太い!

初めて見る大きさに唖然とする私を脱がせて、抑えのエースは手マン続行。

いい加減グショグショになったところで「我慢出来ない。入れるね」と、正常位でゆっくりと腰を沈めてくる。

私もかなり濡れ濡れだったので痛くはないけど、ものすごい圧迫感。

本当に腰がメリメリ音を立ててるみたいだった。

激しく突かれたら死ぬかもと思った私は「激しくしないで」と息も絶え絶えに。

「大丈夫。優しくするからね」

本当にゆっくりとしたピストン突いてくれた。

もう痛いんだか気持ちいいんだか分からなくなって、私は人形のようにグッタリ。

「あっっ、出る出る!!」と絶叫して果てる抑えのエース。

私はいつイッたんだか、何回イッたんだか、自分自身でも不明。

突然「生理じゃないよね?」と聞かれたので、「・・・?違うよ」と答えると、「ごめん」と謝られた。

何事かと思って見てみると出血してた。

痛くはなかったんで裂けたのではなく、中が傷付いたみたい。

抑えのエース、よく女を出血させるらしい。

まあ、それだけのモノを持ってればねぇ。

もう挿入は無理だと判断し、フェラとクンニで一回ずつイッて終了。

ラブホを出て、私の家の近所までタクシーで送ってもらってバイバイ。

初めてタクシーの中でキスしちゃいました。

驚いてた運転手さん、ゴメン。

その後もメールのやりとりはしてるけど、また会うかは微妙。

あなたのソレをもう一回挿れる勇気がありません。

その巨大さのせいで彼女に振られた事もあるとか。

大きいのも困りモノなんですね。

頑張って下さい。