大学入学と同時に一人暮らしを始めた。

一人暮らしにも慣れた頃、僕はネットサーフィンにはまりまくって色んなサイトを巡回していたら、エッチな話し相手を求める掲示板を見つけた。

興味本位で自己紹介とメッセンジャーのアドレスとアップして見たら、なんとメッセージを送ってくれた女性がいた。

名前はサオリさん。

僕はCFNM(着衣した女性と脱衣した男性との関係性における性的倒錯)以外にも、おねしょやお漏らしなどの失禁プレイにも興味を持っていて、その絡みでメッセージを送ってくれた。

サオリさんは19歳なのにまだおねしょをしているのだが、Sっぽいところがあり、僕のお漏らし体験談を話した後、包茎短小である事を告白すると、「キャ~見てみたいw」と煽ってきた。

僕はこのチャンスに早速ウェブカメラの接続をして、ビデオチャットでお互い映るようにした。

お互いの顔を見合うと、サオリさんはちょっとビッチなギャルっぽかったけど、エロ可愛い系のギャルだったので俄然やる気が出てきた。

いきなり脱いで見せてもいいのだが、僕の羞恥心を煽れる希望で何かエッチなゲームしようという事に。

それで何が良いかとライブチャットで話しあって、野球拳で負けたら脱いでいくようにした。

但し、ルールはサオリさんにパス権が5回、後出しも5回出来るようにして有利になるようにした。

また、脱ぐ部分は全てサオリさんが自由に選択出来るようにした。

なお、パンツを脱いだ後は手でチンコを隠す事ができ、全裸にされた後に負けると、手を退ける事とした。

僕は上下ジャージとパンツとTシャツだけだったので間違いなく負けるのだが、脱がされる手順が羞恥心を煽る事が出来る。

早速じゃんけんをした。

まず1回目。

僕が負けるとサオリさんはもちろん、「じゃあズボンを脱いでw」と言った。

僕はわざわざ白ブリーフを穿いていた。

パンツの前が黄色くなっているのに気づいたサオリさんは、「パンツが黄色いなんて幼稚園児だよ」と罵ってきた。

2回目・・・。

サオリ「次はパンツ!」

たった2回でいきなりフルチンにされてしまったが、手で一生懸命隠している姿は何とも言えない恥ずかしさを感じた。

3回目、4回目で上着とTシャツを脱がされ、あっという間に全裸で手隠し状態になった。

上を脱いでる途中でチンコが見えそうになり、内股で隠していると、「子供がおしっこ我慢してるみたい」とバカウケしていた。

最後、5回目。

やっぱり僕が負けるとカメラの前で包茎短小チンコを曝け出した。

通常時だと5cmぐらいの長さで、皮も先端まで被ってさらに余っているような粗チンだった。

サオリ「ほんと、これじゃあおねしょするようなお子様チンコだよ」

尻軽そうなギャルにライブチャット越しに笑われながら色々罵られていたが、だんだん勃起してしまった。

サオリ「あれ?もしかしておっきくなってない?」

僕「ごめんなさい。立っちゃった」

サオリ「こんなに言われて立つなんて変態のM男だね。もっとよく見せなさい」

そう言われたので、定規を当てて長さも見せた。

勃起しても皮は半分しか剥けず、長さも10cmしかなかった。

サオリ「今まで見た中で1番の小ささだよ!マジちっちゃい」

僕的には最高に興奮する言葉を言われ、我慢できず、チンコをしごき始めた。

サオリ「あ、勝手にしごき始めた。もっと早くしごきなさい。でもイッちゃダメ」

しごく速さを上げるとすぐにイキそうになった。

僕「もうイキそう。イッてもいい?」

サオリ「ダメ。もっとしごきなさい。もっと速く!でも漏らしちゃダメ!」

僕「ああ、もうつらい」

サオリ「ダメ。休めないでもっともっと」

僕「もう出そう・・・出させて」

サオリ「ダメったらダメw」

僕「もう出る」

サオリ「カメラに向けて!」

散々我慢させられ、限界が来たところでカメラに向けて放出した。

サオリ「あ~いっぱい出たね^^萎んだらまた可愛くなった」

僕「うん、凄く気持ちよかった」

この日初めて射精までをじっくりと見られた。

凄く気持ちいいCFNMと公開オナニーができた。

S女のスケベなギャルのサオリさんは、その後も何度かオナニーするところを言葉責めしながら鑑賞してくれた。

他にもしゃがんでおしっこするところやアナルオナニーも見せたが、これはまた別の機会があれば投稿します。