詳細は省くが、この失敗をあと6回繰り返した。

毎回期待に胸を膨らませ指名するのだが、来る女はどれも千佳ではなかった。

もちろん、毎回プレイは断った。

何回か危なかったが、もはや俺も意地になっていた。

俺の安い給料では回数を重ねるのに時間がかかってしまった。

一覧表も、何度も往復した。

ヤミーにも、「そろそろ諦めたら」と言われていた。

もはや千佳と抱き合うのは絶望的だと思われた8回目、ついにその時が訪れる。

この時、3年の夏、つまり去年の夏である。

もはや諦め気味だったが、また千佳に似た風俗嬢を指名した。

そのお店は、お店から女の子とラブラブデートをして一緒にラブホテルに入るというスタイルのお店であった。

電話で指名し、時間を決める。

そしてついにその日。

平日の昼間で、大学は夏休みに入っていた。

お店に入り、予約の旨を伝え、待合室で待たされる。

程なくして名前を呼ばれるので出口に向かう。

そこに待っていたのは、正真正銘、千佳だった。

千佳「え?俺くん?」

俺「え?千佳ちゃん?」(演技)

俺は泣きそうだった、あまりの感動に。

ただの噂から駆け出して2年以上、求め続けた千佳が目の前にいた。

よくぞ探し当てたと誇る一方、その奇跡が信じ難かった。

千佳は明らかに動揺していた。

顔を真っ赤にしながら隠していたりしてたが、バレバレだった。

俺は涙を見せないように、恥ずかしがるふりをしながら俯いていた。

咳き込むふりをしてハンカチを取り出し、震える手で涙を拭った。

お店の男に促され、とりあえず俺たちは店の外に出た。

とりあえず歩き出した俺たち。

千佳は、「えーー、どうしよう、どうしよう」とテンパっていた。

俺「まさか千佳ちゃんがこんなお店で働いてたなんて・・・」

俺も動揺する演技に努めた。

とりあえずゆっくり話そうと千佳が提案し、俺たちは通りがかった公園のベンチに並んで座った。

千佳はまず、「大学の皆には言わないで欲しい」と俺にお願いした。

とりあえず俺はそれを快諾した。

そして、ハッキリとは言い難かったのだろう、「私がお店に連絡するから他の嬢を宛てがう」という流れに千佳は持っていこうとしていた。

まあ当たり前の反応だろう。

顔見知りで同じ学科の男相手にプレイをするのは、出来るだけ避けたいはず。

だが俺がそれを許すはずがなかった。

「俺は今日、お金を払って君を指名した」

「誰でも良かったわけじゃない、君を指名したんだ」

「顔見知りという状況以外、君のいつもの仕事と何の違いがある?」

「正直、前から千佳ちゃんの事が気になってた」

「これは何かの運命じゃないかな?」

などと脳みそをフル回転させて説得した。

女は運命って言葉に弱いってデスノートに書いてあった。

もはや告白まがいの熱弁と、「皆には内緒にするからさ、ね?」という脅しまがいを織り交ぜ、説得を重ねた。

千佳は何回か深呼吸をした後、「・・・わかった」と小さく言った。

この時、俺のパンツは我慢汁に溺れそうであった。

ホテルに入った。

千佳は、まずお湯を溜めに風呂場へ向かった。

程なくして俺と並んでベッドに座った。

それとなく話した。

どういう経緯で風俗を始めたのか、云々。

まとめるとこうだ。

・風俗業界にはスカウトされて入った。

・最初は友達との旅行資金を貯める目的だったのだが、高給すぎて辞めるのが惜しくなり、続けた。

・客で来た男に告白されて付き合った(これが例の社会人の彼氏らしい)。

・彼氏の説得により、風俗をやめた(その分のお金は、彼氏がくれていた)。

・彼氏と別れてお金がなくなり、復帰した。

我ながらあまりのビッチっぷりに驚いた。

お湯が溜まった。

千佳は少しずつ現実を受け入れ始めたのか、「どうせやるなら、ちゃんとやる!」とか「俺くん、どうせ童貞なんでしょ?」とか、少しずつ心を開き始めた。

お互い服を脱がし合う。

千佳の下着は上下とも赤だった。

小ぶりだが可愛いおっぱいだった。

千佳は俺のチンコを見て、「皮かぶりwww」と笑いながら、玉をふにふにと触って、ちょっとだけシコシコしてくれた。

俺は射精した。

全く予想していない発射であった。

俺の白いリビドーは、千佳のお腹辺りに勢いよく掛かっていった。

俺は涙目になりながら腰をガクガク震わせ、呆然としていた。

千佳は、最初は驚いていたが、何テンポか置いてから爆笑していた。

ラブホテルの脱衣所で、方やチンコから精液を流しながら肩を震わせて立ちすくみ、方やお腹に精液が掛かったまま座り込んで爆笑。

そして2人とも全裸である。

とりあえず、促されるままにお風呂に入った。

千佳は丁寧にチンコから精液を絞り出し、洗ってくれた。

変な声が出てガクガクしたのを覚えてる。

「仕方ないよねww童貞だもんねw」

慰めかバカにしてるのか分からなかったが、千佳なりのフォローをしながら洗ってくれた。

俺は雨に濡れた子犬のように、泣きそうな顔でそれに頷いていた。

「男のくせにかわいーーww」とか言って頭をなでなでされた。

そして一緒に浴槽に浸かった。

千佳は、お風呂用に長い髪をゴムでまとめていて、可愛かった。

お風呂で千佳が俺をなでなでしながら、「・・・してみたい?」と言った。

「何を?」と返すと、千佳がそっとキスをしてきた。

うがい薬の味がしたが、念願だった好きな女の子とのキス、そして俺のファーストキス、興奮しないわけにはいかなかった。

自分から慣れないなりに舌を絡ませたり、唾液を送ったりした。

千佳は、「・・・んっ・・・」とか言いながらそれに応えてくれた。

お風呂で息苦しくハアハアとした吐息が風呂場に響く中、俺と千佳はキスを続けた。

俺の息子は元気を取り戻しつつあった。

やがてお風呂を上がった。

体を拭いてもらい、バスローブを着て部屋に戻った。

布団に倒れこむと、改めて恥ずかしさがこみ上げてきて、千佳の顔が見れなくなった。

俺は枕で顔を隠しながら、恥ずかしさ、不甲斐なさ、興奮、達成感、勃起、賢者タイム、色んな感情が混ざり合ってどうにかなりそうだった。

千佳がベッドの横にごろんと横たわった。

そして、「バーカww開始数分でお金無駄にしてww」と、俺を弄り始めた。

「1回出したら終わりなんだけどwww」

笑いながら、千佳は俺を人差し指でグリグリとつついた。

「ごめん、ごめん」と、俺は枕で顔を隠しながらひたすら謝った。

まだ指定した時間は余っていたが、何を思ったか、俺はもう帰りたかった。

とにかく恥ずかしかったのだ。

でも、そこから動いて千佳と顔を会わせるのもまた恥ずかしく、どうにも動けなくなっていた。

そうすること数分、千佳は、「暇!」と枕の上から俺の顔を叩いた。

思わず俺は枕から顔を出した。

「脱いで、ほらwww」

千佳はしなやかな動きで俺の上に乗ってきた。

だんだん、千佳がノリノリになっていた。

千佳は俺のバスローブを脱がすと、乳首を舐め始めた。

俺は女の子みたいに変な声を上げてしまった。

「ひゃうぅぅんんんっっ」といった感じだ。

千佳は、「感じすぎwwさすが童貞ww」とか笑いながら、涎を垂らしつつ、俺の両方の乳首を攻め続けた。

「俺くんも彼女できたらこんなのしてもらえるのにねーww」とかバカにされながら、俺は腰を浮かして感じていた。

チンコはバキバキだった。

千佳は時々指を俺の口に突っ込んできたり、耳を舐めてきたり、キスをしたりしてきた。

「早漏www」とか散々バカにされた。

上半身だけで骨抜きにされた俺は、チンコをおっ立てながら、アヘ顔でガクガクしていた。

千佳は「可愛いーww」とか言いながら、よしよししてくれて、俺の唇をゆっくり舐めてくれた。

唇を舐められるのが凄く気持ち良かったのを覚えてる。

そしてついに、フェラに突入した。

千佳は、「またすぐ出されると面白くない」と言い、手を使わずに攻めてきた。

玉舐め、裏筋舐め、亀頭ペロペロ、涎垂らし、俺は面白いくらいにアヘ顔でよがった。

腰があり得ないくらいガクガクして、浮いた。

千佳はSっ気が乗ってきたのか、手ぐしで俺のチン毛を抜いて、キャッキャ言いながら遊んでいた。

「咥えて欲しい?ねーねー?ww」

千佳は俺を挑発しながら、細い指でチンコを摘まむように弄った。

「はい、・・・はい」

俺はほとんど泣きながらそれに同意した。

「好きに出していーからww」と言うと、千佳は一気にチンコを咥えてきた。

そこからはほとんど一瞬だった。

千佳は、チンコを咥えたまま激しく頭を上下させた。

涎で音を立て、舌を硬く固定して、チンコを口内で滑らすようにしていた。

右手は根元を握ってシコシコ左手は、玉をふにふに触ってきた。

我慢の限界だった俺は、千佳の名前を思わず叫びながら、千佳の口の中に射精した。

「あぅああああ・・・」と痙攣のように体を震わせながら、俺はイッた。

千佳はチンコを咥えながら、「ふふっwww」と声にならない笑い声を上げ、最後まで搾り取ってくれた。

正直飲んで欲しかったけど、あまりの気持ちよさにそれをリクエストする気力は無かった。

千佳は俺の精液をティッシュに出していた。

「2回目だから薄いねwww」などと笑っていた。

俺の痙攣が収まるまで千佳はホテルのテレビを見ていた。

やがて、「延長すんの?ww」と急かされながら、俺はいそいそと着替えた。

もうチンコにそんな体力は無かった。

そして2人で並んでラブホテルを後にした。

帰り道も千佳は俺に、「皆には内緒だからね!」と念押しをした。

もちろんだ、誰に話すというのだ。

この快楽は俺の思い出なのだ。

千佳とはお店の前でお別れとなった。

俺は清々しい心持ちで家に帰った。

そしてヤミーを呼び出した。

ヤミーに全てを報告した。

ここまではまだ良かった。

ヤミーには報告義務があると思っていた。

そしてヤミーは親友だと思っていた。

あれだけ千佳捜索を手伝ってくれたので、しっかり事後報告とお礼をするのが筋だと思った。

俺は間違っていないはずだった。

ヤミーとは同じ一覧表を見ながら作業をしていたので、ヤミーにもどの風俗嬢が千佳なのか分かった。

2人でボカシの入った千佳の写真を見ながら、祝杯をあげた。

俺はまたバイトに励み、必ず千佳を指名する、そう誓った。

以降は、後々分かった情報を補完しつつ、経緯を記す。

ヤミーはあろう事かその次の日に千佳を指名→千佳とヤミー、ベッドイン→ヤミー、帰宅(実家暮らし)→ヤミーマミーが、ヤミーの様子がおかしい事に気づく(石鹸の匂いがする、髪が濡れている、妙に浮かれているetc)→ヤミーマミー、ヤミーを問い詰める→ヤミー、全てを白状→真面目なヤミーマミー、息子の学友が風俗で働いている事を問題と考え、学科の担当教授へチクる→千佳が呼び出される・・・。

後はお分かりだろう・・・。

現在、俺は学科の女性陣からは完全に無視され、女性陣に味方するリア充DQN男子にも邪険に扱われ、ヤミーとは絶交し、無論千佳は俺の顔を見ようとすらしない。

面と向かって罵倒されたりもない。

完全に孤立している。

最近は寂しさを紛らわすために就活に励んでいる。

“学生時代頑張ったこと”なんて1つしかないのに、それが面接で喋れないなんて惜しい。

それ以降TSUTAYAには怖くて行けてない。

風俗店のHPを見ると千佳の在籍情報は綺麗に消えていた。

千佳にはとても悪い事をしたと思っている。

俺はヤミーが親友だと信じていた。

そもそもの出発点は俺の淡い恋心だという事から、同じ年月ヤミーは俺の気持ちを知っていた。

そんなヤミーが千佳を指名するとは思わなかったし、でもヤミーに報告するのは礼儀だと思った。

俺が甘かったのも重々分かっている。

最近は、千佳に似てる有村千佳というAV女優だけが俺の心の支えになっている。

リプライも返さず、ただ黙々と彼女のツイッターを追っている。

その面影を千佳に重ねて毎日を過ごしている。

もちろん俺はまだ童貞だ。

もう一生童貞でも良いかな。

足りないとは思うけど、俺なりの千佳への罪滅ぼしに童貞のままでいようと、最近は思っている。