俺は中途採用だから、会社の女上司といえども11歳も年下。

やはりこの会社に10年務めるだけあって、確かに仕事はできる。

でもこの女上司、すこぶる嫌われており、俺も嫌いだった。

とにかくいちいち細かいし、言い方もきつい。

さらにバツ2の子持ち。

結婚は2度してて、1度目は死別で、次に再婚した旦那がパチンコとかギャンブル好きで別れたという。

全然お金を入れなくて、困っていたところ今の会社に拾われたという。

男で懲りているから、余計にきつくなるのかも。

俺としては、とにかく近づき難い存在だった。

9月の中旬に他社との懇親会があって、そこに俺と女上司が列席した。

俺はなんでかと言うと、相手の会社の会計責任者(女性)と学生時代に友達だったというだけのことで参加。

友達って言ったって、そんなに詳しくは知らないんだよ。

相手が俺を知っているという報告があって、そう言えばそんな奴がいたなぁと思ったくらいの関係。

祝賀会の後に懇親会。

俺は専務に言われた通りの挨拶をし、和やかな歓談。

俺はあちらこちらに挨拶を兼ねて回っていたわけだ。

しばらくその筋の人とその筋に関して話を進めていた。

そうしたら、酒臭ぇぞ・・・隣・・・。

お、女上司がきつい目で見てる。

少し出来上がってる。

こえぇ・・・なんか。

女上司「俺さん、意外と社交的じゃん」

きつい口調の女上司。

別にそんなつもりも何もないんだけど、とにかくお礼の言葉とか・・・あちこちにかけないと。

女上司「私には一度もそういう挨拶したことないよね」

まずい・・・女上司。

酔ってるの?酔ってるんだよねぇ・・・。

何飲んでんだかすごい酒臭い。

酒が強いのか弱いのかも、わからない。

一度も一緒に飲んだことがないから。

女上司「俺さん、最高らよ、うちの会社に来て正解らね」

呂律が回ってない。

顔はシラフなのに・・・。

いや、むしろ青くなってる。

ははぁ~ん・・・職場の皆がこの女上司と出かけるのを避けてるのは、こういうことか。

俺は何となく即座に理解した。

端から見ると普通なんだけど、かなり頭はイッちゃってる。

酒癖の悪い女上司だ。

彼女のお守りは俺かよ。

とても大きな会場だったから、逆に二人きりになると、なんだか妖しい雰囲気になってしまう。

人混みに紛れると、二人だけの世界を作ってしまうという魔力がはびこる。

俺は酒は好きだが、酔っぱらいは苦手だ。

それでも女上司ということで、無碍にもできない。

「お水、飲みますか?ちょっと」と俺は丁寧に聞いたんだよ。

そうしたら、「酒ならいいんだけろね」と言いやがる。

完全に目が据わってる。

顔も青いし。

シラフのようで、やばくなってる。

会社に連れて帰ることはないが、家まで送りたくはない状態の酔い方だから、俺の判断で、ここは懇親会場を後にしようと思った。

俺「さて、そろそろ、行きますか」

女上司「まらら(まだだ)。もう少し居よぉ」

30歳の女がこうだからな。

しっかりしてくれよ。

俺は確かに部下だけど、人生経験は積んでるつもり。

女上司でも、まだまだ小娘だぜって、俺に絡んでくるなよ状態。

手に持ってるグラスを取り上げ、テーブルに置いたら、「何をするんら」と女上司は俺を睨みつけるわけだ。

俺、嫌だよ、こういうの。

仕事じゃないし。

ふざけてる。

だいたい俺が専務から言われたことは、祝賀会の出席、懇親会の挨拶、各種団体への挨拶など。

女上司のお守りは含まれていない。

仕事だぜ、懇親会と言えども。

たぶん専務は確信犯だろう。

女上司は一応俺には一目置いて、きつい言葉を掛けないではいるが、視線が気に入らない。

身長158センチ、体重43キロ、ペチャパイ。

顔は・・・今で言うと安藤美姫を整えた感じかな。

端から見てると普通に映ってるけど、話している内容は、へべれけ。

なんかおかしくなってしまった。

薄笑いを浮かべていたら、「何笑ってんのよ」とクダを巻いてくる。

ホントに酔ってんのかよ?

わざと?

呂律が回らないというか、酔ってない時から滑舌が悪いしゃべり方なんだよね。

可愛いとは思わないが、なんか面白い。

女上司「はぁぁぁ、俺さん、さぁ、本性を見せなさい」

やっぱ、酔っていやがる。

こういう言葉は吐いたことないもんな。

俺「いつもの通りですよ、私は」

女上司「本性は、エッチなんでしょうが」

完全にイッちゃってる。

そうだよ、エッチだよ、俺は。

だが、女上司をどうこうしようなんて思ってねぇよ、マジに。

俺が年上ってことだけで、甘えてんじゃねぇぜ。

心の中で葛藤していた。

そしたら、こんなに人が多いところで、腕にしがみついてきた。

隣で寿司を食っていた男が、チラッとこちらを見て、また視線を戻した。

俺「まずいですよ、ここでは」

俺は冷静に女上司の耳元で囁いた。

すると、「なに、口説いてるのよ」って。

バーロォォォーーーー、全然聞いてねぇ。

何モンだ、こいつ。

俺「そろそろ出ましょうよ、ここを」

俺はまずいと思って、この場を出ようとした。

そうしたら、「出て、どこに連れて行くつもり?」と言い出した。

女上司、会社では気張っているけど、ホントは寂しがり屋か?

保育園には子供(双子)もいるわけだろ?

案の定、時計の針は19時を回っていた。

俺「一緒に迎えに行きますから」

女上司「誰をよ?」

俺「あなたの子供です」

その言葉で女上司は、はっと気がついたように我に返った。

離婚してから、気張ってないと社会に舐められると思ってたんだろうな。

急に借りてきた猫みたいに大人しくなって、二人で会場を出た。

まだまだ残暑で、秋が近いといっても夏の夜の様相。

女上司は外に出るとスーツを脱いだ。

俺も背広を脱いだ。

京プラを出ると、前には都議会議事堂。

真っ暗。

「タクシー、タクシー」と女上司はそんなことを言ってる。

で、タクシーに乗って・・・光ヶ丘?

ちょっと待てよ、地下鉄で行こうぜ。

勝手に乗り込んじゃって、行き先言ってんの。

しょうがねぇなぁ・・・。

光ヶ丘まで付き合う羽目になった。

俺は世田谷なのによ。

タクシーの中で、ずっと俺の肩により掛かって恋人気分。

ルームミラーに映る運転手の視線が気になって、参ったよ。

見てはいないんだろうけど、何となく見られているような・・・。

俺より11歳年下なんだよな、そう言えば。

一回り近く違う。

若くはないが、それなりの女の香り。

だから俺も満更でもない気分。

光ヶ丘まで、ずっと俺に寄り添って黙ったままだった。

そして保育園の前に到着。

俺が金払うの?

深夜料金じゃねぇよなぁ・・・。

高ぇよ。

給料安いのに。

専務、どうにかしてくれ。

デニーズで吐くほど食える金額じゃねぇか。

俺も男だし、黙って払ったよ・・・とほほ。

どうだ、俺は優しいだろ。

しかも、なんで俺もお迎えに付き合わされてんのよ?

見たら結構可愛いじゃねぇか、双子。

「おいで」って、つい言ってしまった。

同じ顔をした娘二人。

こんな娘を二人残して、親父は死にきれなかったろうよ。

俺が一人抱っこして、もう一人は女上司が抱っこ。

この近くに家があるという。

・・・全然近くじゃねぇじゃん。

かなり歩かされたよ、革靴では痛いし。

この距離を歩かせてんの?毎日。

まだ4歳だろ?もうすぐ5歳って言うけど。

う、腕と腰が痺れてきた・・・。

女は逞しい。

酒飲んでクダ巻いていたのによ。

颯爽と歩いていやがる。

体力あるよなぁ・・・。

そのうち家に着いた、一軒家かぁ・・・。

三階建てで結構新しい。

俺「じゃ、私は、これで帰りますんで」

女上司「お茶でも飲んでいって・・・」

しおらしい女上司。

何を俺に求める?

娘二人が見上げてる。

俺はにっこり二人に微笑んで、「じゃ、御馳走になろうかな」とか言ってる。

部屋には別に何もなくてスッキリとしている。

無駄がないというのかな。

子供がいる家庭というのは、もっと散らかっていて、モノが乱雑になっているかと思っていた。

女上司の性格が出ているというか、なんというか。

娘二人は別にクズることもなくて、ビデオを見ながらご飯を待っている。

20時過ぎているにも関わらず、よく待っているものだ。

保育園では食事(夕食)が出ないのか?

どうなってんの?

すさまじい早さで夕食完了。

お、俺の分もいいの?

女上司「懇親会では、あまり食べられなかったでしょ?」

・・・あぁ・・・確かにあなたのお陰で腹ペコです。

女上司「昔、中華屋で働いていたから・・・」

話を聞きながら、こいつ結構苦労人なんだなと思いつつ食べ始めると、ほぅ・・・美味いじゃん。

子供達もバクバク食べてる。

そのうち夕食終わって、そんなこんなで風呂。

流れ的に「入れてあげるよ」と、初めて会ったというのに娘二人が俺に懐いてる。

全自動の風呂。

ボタンを押すだけで、沸き上がると音楽が流れんの。

女上司「じゃ、パパに入れてもらってね」

そう言われてしまい、パパってなんだよと俺は焦ったが、どうやら娘には男の人が来ると、「パパ」と言っているらしい。

風呂は結構大きめ、大人一人、子供二人が入っても別に問題なし。

いつもママと入っていると言う。

完全に家族になってるよなと思いつつ、昔、娘を入れた経験で、問題なくことは済んだ。

その後、居間でくつろいでいると、女上司は子供を寝かせると言うので寝室へ。

手際よくパジャマを着せたり頭を乾かしたり歯磨きしたり・・・。

すげぇよ・・・血液型Aじゃねぇの?

・・・やっぱりAでした。

用意してくれたシャツはたぶん前の旦那の。

シャツの下の方にイニシャルがペンで書いてあった。

どうして俺に貸してくれる?

何も言わずに、どうして俺も着ているんだろ。

いつの間にか背広はきちんと整えられて掛けてある。

その横に仏壇。

死別した旦那か・・・。

娘がそっくりだよ。

その視線を感じてか、女上司が俺の向かいに腰掛けて、「事故でね、助手席に乗っててね」と言う。

俺は別に返す言葉なんかない。

慰めの言葉も見つからない。

詳しく聞こうともしない。

時計の針は22時を回ってる。

帰らなくちゃ・・・。

立ち上がって背広に手を掛けると、女上司がそばに寄ってきて、俺の背中に抱きついてきた。

俺はフリーズ・・・。

女上司もフリーズ。

俺の背中で静かに息をしていた。

臍の辺りに回した手が震えてる。

しばらくその体勢でいた。

俺は向きを変えて改めて抱き寄せると、女上司は恥ずかしそうに視線を落としていた。

だから俺は仏壇の写真を伏せた。

それが何を意味するのかを女上司は即座に悟ったんだろうな。

離婚した旦那は別として、死別した旦那の方には心の中で、「すまない」と言ったよ。

ただ、女上司も女であることを捨てた訳じゃない。

まだまだという意味で、離婚した旦那を迎え入れたわけだし、子育てをしているとは言え、やはり一人で寝間にいるというのも淋しかろう。

死別した旦那への忠誠心もいいが、俺はやはり女であることを優先して欲しいような・・・、と勝手に思って抱き寄せている。

会社で気丈に振る舞う姿は微塵もなく、ただ静かに何かを待つ女としての生命体があるだけ。

11歳年上の男と30歳を迎えた女が、呼吸を揃えながら、言葉もなく抱き合っている。

若い頃の激しいくちづけなどなく、大人の男と女がゆっくりと、そして滑るようにベッドへ流れていく。

居間の隣の寝室。

女上司は、いつもここで一人淋しく夜を迎えていたのか・・・。

その隣には子供部屋、ドアが少しだけ開いている。

娘達の寝息が聞こえそうな・・・。

全く言葉もなく、スローモーションでベッドに二人で腰掛ける。

およそ5年前、死別した旦那と、営みの末に授かった双子。

その営みの再現をここで行おうとしている。

女上司をゆっくりベッドに倒すと、初めて暗闇を破る少女のように体を強ばらせる。

俺は女という生き物をこれほど愛おしく感じたことはなかった。

胸の前に閉じた腕を開かせて、手を握りあって、唇を重ねた。

拒むこともなくすんなりと受け入れる女上司。

顎から首筋へキスを繰り返し、微かに香る女の肌の匂いを受け取る。

女上司は吐く息を整えようと必死で、軽く細い声を殺しながら女への悦楽を得ようと小さく体を震わせた。

白いブラウスのボタンを外し、それほど大きくはない胸をブラジャーの上から口で刺激する。

俺の目の前には細い首筋が見えてて、息づく生命体が喉を鳴らしながら快感を得始める。

片方ずつブラウスの袖を脱がせ、背中に手を回し、ブラジャーのホックを取る。

上半身が露わになり、薄暗い照明に女の体が浮き彫りになる。

俺もシャツを脱ぎ捨て、女上司の上に重なる。

くちづけを繰り返しながら、スカートのホックを外す。

女上司は腰を自ら浮かせ、脱がせやすいようにしてくれる。

体が火照り、汗が滲み出る。

女の汗の匂い。

古来から変わらないメスの香り。

スカートを脱がせ、ストッキングに手を忍ばせる。

爪が引っかからないように丁寧に丸める。

俺はパンツ一枚になり、女上司もパンティ一枚になる。

きつく抱き締めると、声を殺しながら体をよじらせる。

女がメスに変わっていく過程。

これほど愛おしい瞬間はない。

唇、顎、首筋、乳房、下乳、腹、臍、下腹部・・・と口で刺激していくと、女上司は細い声を混じらせた荒い息を吐き始めた。

女としての快感の前奏曲。

股間に顔を埋め、舌で秘部を刺激すると、軽い内腿の痙攣と共に両手で俺の頭を押さえ、腰を波立たせていた。

俺は必死ながらも、ゆっくりと攻め始めた。

泣いてるの?

嗚咽?

快感の極み?

言葉ではないメスの叫びを携えながら、女の喜びを再び取り戻そうと必死だった。

腰を浮かせてパンティを剥ぎ取り、全裸の状態にした。

女上司は特別恥ずかしがる素振りも見せず、俺のされるがままにされていた。

流れ始める愛液の応酬、女独特の股間の匂い、唇に触れる柔らかい陰唇。

舌で刺激を繰り返すと、だんだんと声のトーンが大きくなっていく。

刺激される股間を女の脳はどう受け取っているのか。

波打つ女体の様子から、それはかなりの快感に違いない。

しばらく柔らかい割れ目を静かにゆっくり刺激し続けると、突然女上司は息を止め、脚全体に力を込めて突っぱね、シーツを握り締めて身体を固く硬直させた。

その様子から察するに完全にオーガズムを迎えたのだろう。

しばらく身体を硬直させたまま、快楽の世界を彷徨っていたみたいだった。

俺の唇は、震えるの陰唇を確実に感じながら、女上司を快楽に導いた誇りでいっぱいだった。

女上司は気を失うようにベッドに体を沈め、しばらく息を整えようと深呼吸を繰り返していた。

俺はその横に添い寝する形を取ると、女上司は目を瞑ったまま抱きついてきた。

俺の上唇に自分の上唇を触れた状態にし、だんだんと息を整え始めていた。

思い出したように唇を重ね、安心したように口元に笑みを浮かべた。

乾き始めた胸元の汗、乱れた髪、細い肩、くびれた腰・・・まさしく、女だ。

会社とのギャップが激しい。

メスになった女は可愛いもんだな。

抱きついて離れようとしない。

俺の体と離れた部分がないくらいに密着したがって、体を震わせながらキスの応酬。

盛りのついた雌猫のように、女体がどうしようもないくらい男を求め始めてた。

俺はパンツを脱ぎ、いきり立ったチンコを女上司の腿の間に差し込んだ。

彼女は俺のチンコを受け入れようとして、脚を開こうと試みるが、俺は両側から足で押さえつけ開かせない。

もどかしさを身体で表わそうと、脚と腰を震わせている。

俺はチンコにいささかの力を入れ、彼女の敏感な部分の近くを刺激した。

きっと久しぶりの男とのセックスなんだろうな。

狂いそうになるくらいメスに徹している。

ベッドは二人の汗で湿っている。

女上司は俺の首に腕を回し、激しいくちづけをしてくる。

何も言葉を発しないが、何を求めているかを如実に女体が語っている。

女上司の脚を大きく開かせて、俺は片手で陰唇を弄り始めた。

細い顎を突き出して、唇を震わせた。

俺は自分のチンコを持ち、彼女の入り口を探した。

迸る愛液を確認しながら、その柔らかい女の花園にゆっくりとゆっくりと挿入を始めた。

女上司は膝をビコビコ言わせながら、ゆっくりと体内へ入ってくる異物を快楽とともに確認し始めた。

別の生きモノの中へと滑り込んでいく俺のチンコ。

軽い痙攣を伴いながら、根元まで挿入し終わると、女上司は息をゆっくりと吐きながら、全ての挿入を確認したように膣の収縮を行い始めた。

時に激しく時に優しく・・・強弱をつけながら女上司の反応を確かめた。

奥へ・・・入口へ・・・上へ・・・下へ・・・右へ・・・左へ・・・そう、どちらかと言えば、奥の上の方へ・・・女上司の悦楽は、この方向に導かれている。

しばらくぶりの快楽を噛み締めながら、確実に女上司の脳は、混沌とした世界へ彷徨い始めていた。

軽い悦楽の声がだんだんと激しく音域を高めていく。

俺の体を力強く抱き締めると同時に、女体の膣は軽い収縮を繰り返し、背中に突き立てた指先の力とともに、歓楽の極みを迎え始めた。

俺はその収縮とともに、女体の闇の部分へ、おびただしい精液を激しい速度で放出した。

二人の快楽の時間はしばらく続き、一つに繋がったまま動けなかった。

オスからメスへの命の移動。

古来から変わることのない生命の営み。

子孫を残すために神が与えてくれたであろう、お互いのこの上ない快感の極み。

あらゆるすべての快楽の中で、最も頂点にある男女の結合。

そんな思いが頭をかすめながら、俺は女上司の上で、軽いまどろみを感じ始めていた。