僕が始めてセックスをしたのは小学5年の時でした。

我が家で法事があることになって、そのおばさんは3日ほど前から家に泊まりにきていました。

おばさんの名前は彩香。

独身でしたが、彼氏はおり、当時28歳くらいでしょうか。

水商売をしていると聞きました。

その日は僕以外の家族は買い物に出ていました。

おばさんがお風呂に入っていました。

そしておばさんが僕を呼びました。

「けんちゃん、背中洗って」と言うのです。

僕は恥ずかしかったけど素直にお風呂に行きました。

「ばかね、裸になってきてよ」と笑いながら言いました。

僕は裸になって腰にバスタオルを巻いてお風呂に入りました。

おばさんが背中を向けていました。

そして、「お願いね」とニコニコしながら言いました。

「は、はい」

僕は初めて見る大人の女性の体に興奮しました。

振り返ったときにおばさんのおっぱいの膨らみが見え、僕の息子は興奮してしまいました。

僕はそれを気づかれまいとして、慌てておばさんの背中に石けんを塗って、背中を流してあげました。

背中越しにちらちら見えるおばさんのおっぱいの膨らみに、僕の息子は興奮したままでした。

「ありがとう、今度はけんちゃんの番ね」

おばさんはそう言ってくるりと立っている僕の方へ向き直りました。

おばさんの顔がタオル越しにテントを張ってる僕の息子の目の前に迫りました。

「ふふ、どうしたのかな」

そう言いながら、おばさんは僕の腰のタオルを取ってしまいました。

僕の精一杯勃起しているけれど、まだ亀頭の先だけ顔出している息子がおばさんの目の前に現れました。

おばさんがニコッとしながら、それを口に含み、舌でチロチロしました。

僕は生まれて初めての快感が体中を襲ってくるのを感じました。

「ああ、だめ、出ちゃう」

「いいのよ、このまま出して」

「ああ。だめー、おばさん、ごめん」

僕の体を快感のしびれが電撃的に襲いました。

どびゅっ!

息子の先から初めて精液が発射されました。

「げほっ」

おばさんはその勢いがあまり強かったのでむせて、僕の息子がおばさんの口を離れた瞬間、第二弾がドビュっ、ドビュっとおばさんの首から胸へかかりました。

僕は気持ちよくて放心状態で立っていました。

「こんなにすごいなんて、さすがね」

ニコニコしながら、僕の手をおばさんの胸に当てました。

とても柔らかいふっくらとした胸でした。

「ね、前のほうも洗って」

おばさんは精液のついた首筋から胸を洗うように言いました。

僕は慌ててタオルでおばさんの体を拭き始めました。

「そうそう、もっと下まで拭いて」

おばさんは僕の手を胸からおへそ、そしておへその下の黒い茂みに導きました。

「見たい?」

おばさんは僕の耳元で囁きました。

僕はぽーっと体中が赤く熱くなるのを感じました。

おばさんは両手を後ろについてM字型の両足を広げました。

僕の目の前に黒い茂みの間のたわしのようなアソコが現れました。

僕の息子は一気に硬くなりました。

妹とは幼稚園までお風呂一緒に入っていましたから見ていましたが、妹の直線的なピンクのそれと違って、たわしの間の赤貝が古い刺身のような色をしていました。

おばさんは、赤貝を自分の指で広げました。

中からつやつやした丸いピンク豆が現れ、そのすぐ下に小さな穴らしきものがあり、そのすぐ下にピンクの襞で覆われたオマンコがあり、そのすぐ下にお尻の穴が見えました。

おばさんはオマンコを広げました。

妹のは穴が開いてるだけでしたが、おばさんのはピンクの襞がごちゃごちゃしていて中が見えませんでした。

おばさんのオマンコを見ていると、僕の息子はますますいきり立ってビンビンに硬くなってきました。

「入れていいよ」

おばさんは、オマンコを僕の方へずずっと寄せてきました。

向かい合って座る形でオマンコへ僕のチンポを近付けていきました。

僕のチンポをおばさんのオマンコに入れようとしましたが、小さいのと角度が悪くてなかなか入りません。

「じゃあ、そこに横になって」

おばさんの言う通り僕は風呂マットに横になりました。

おばさんは僕の上に跨がるようにして乗っかりました。

するっと僕の可愛いチンポがおばさんの中に嵌まりました。

「ああ・・・」

僕はおばさんの中がこんなに温かいものとは知りませんでした。

おばさんが腰を大きく動かすとすぐに抜けるので、おばさんは腰をぐりぐり回し始めました。

しばらくすると、とてもまた気持ちよくなってきました。

「ああ、出るー」

「いいのよ、そのまま出して」

「ああっ」

僕の体を再び電撃的な快感が襲いました。

ドピュッ、ドピュッ。

僕のチンポはおばさんの中で何度も何度も痙攣し果てました。

僕は快感の波に揺られて横になったままでした。

しばらくそのままにしていたおばさんは、僕にキスしてから、僕の体全体に優しくキスしてくれました。

やがて僕の小さくなったチンポをまた優しく舐め始めました。

くすぐったい気持ちがだんだんと気持ちよい快感に変わっていきました。

おばさんがお尻を僕の顔に向けました。

オマンコが目の前に来ました。

「舐めて、けんちゃん」

僕は恐る恐る黒い毛に囲まれたオマンコに口を当て、舌で舐めました。

「もっと奥まで舐めて」

僕はオマンコの中へ舌を差し入れるようにしてピチャピチャ舐めました。

僕の舌に栗の花のような匂いのする液が絡みつきました。

僕の精液でした。

おばさんのオマンコから愛液とともに滲み出てきたのです。

僕は夢中でおばさんのオマンコを舐めました。

僕のチンポがまたムクムクしてきました。

おばさんが今度はマットに横になりました。

そして両足を広げて、僕の両肩にかけました。

「今度は入るわよ」

僕はおばさんのオマンコに狙いを定めて、ギンギンにいきり立ったチンポを宛てがいました。

もう僕のチンポは皮を被ってはいませんでした。

いきり立ったチンポがおばさんの中にめりこんでいきます。

またおばさんの温かいオマンコの中に入ったのです。

今度は僕がピストン運動をしました。

かなり長くもったと思います。

擦りむけるような感じがするくらいまでピストン運動をしました。

やがて三度の快感がやってきました。

ドピュッドピュッとチンポが痙攣しました。

が、さすがに空打ちでした。

でもとても気持ちよかったです。

こうやれば妹ともできるなと思いました。

そうこうしているうちに家族が帰ってくる時間になったので身支度を整えました。

「絶対に誰にも内緒よ」

「は、はい」

おばさんとはその後、エッチの仕方や愛撫の仕方など色々教わりました。

ただ、全部中出しでしたので僕の赤ちゃんを妊娠しました。

僕はおばさんに謝りましたが、おばさんは、「これで結婚できるから」と笑って許してくれました。

1年後、おばさんは彼氏と結婚し、赤ちゃんを産みました。

赤ちゃんを産んだ後、また、おばさんと僕は関係を持ち、本当のことを話してくれました。

彼氏が結婚してくれないので、できちゃった結婚を狙ったそうですが、彼氏は種なしの可能性があり、彼氏と血液型が一緒の上、子供の頃の姿が似ていた僕の精液で赤ちゃんを作ってできちゃった結婚に持ち込んだそうです。

でも、おばさんは僕のことも大好きだよ、この赤ちゃんは私とけんちゃんの大切な子供だよと言ってくれました。

僕は自分がおとうさんになった自覚はありませんが、とても嬉しかったです。

それからまたすぐにおばさんは妊娠し、赤ちゃんを産みました。

その後、おばさんは子供を家に預け、彼氏とどっかに行っちゃいました。

なので僕は妹と近所の綺麗なお姉ちゃんとセックスしています。

二人とも処女でしたが、僕がしっかりとセックスを教えてあげました。

学校から帰ると三人で子供の世話をしています。

最初は、この子達が僕とおばさんの間に生まれた子供だと知って驚いていましたが、今はいっぱい可愛がってくれています。

おばさんは二、三ヶ月に一度、子供の様子を見るために帰ってきます。

子供の様子を見た後は僕と中出しセックスをいっぱいして、またどこかへ行っちゃいます。