ゆっくりとニットをたくし上げる。

彼女の色白のお腹が見えてきた。

ムッチリしててエロいなぁ・・・、更に上に??

もしかして、と思ってたんだけど、ここまでとは。

彼女、ノーブラ・・・。

下も穿いてなかったし。

倫理観もクソもない。

あー、日本の将来は・・・でも俺の今は明るいぞ!

「これって・・・?」

「エッチでしょ?私ねぇ、この姿で電車乗ったんだよぉ。分かりっこないんだけど・・・、これってスケベっていうのかなぁ~」

おっぱいの話。

色白で、大きなおっぱい。

形は、AVで言うと誰かな?

何か見てるだけでエロいんだ。

「舐めていい?」

「うん、いいよ。いっぱい、好きなだけ、いっぱい・・・」

言い終わる前に、俺は彼女の乳首に吸い付いた。

卑猥な音がトイレに響く。

あぁ~美味しい。

「んっ~・・・ん~」

(俺の、童貞の俺で感じてる?)

そう思うとますます興奮してくる。

乳首をちょっと甘噛みしてみた。

「あ~・・・、それ、それ、いいよぉ~・・・」

グミってお菓子、個人的に大好きで、よく食べてるんだけど、あれに似た感触。

今度は思いっきり卑猥に、オヤジが麺類啜るように舐めてみた。

ベロベロ、ひゅ~~、ブジュブジュ。

「すごいよぉ~、すごくいいよぉ・・・、うぅ・・・んっ・・・」

今まで見たビデオの知識を総動員させて、舌を乳首から下乳を舐めあげるように這わせてみた。

下乳から乳首までを螺旋状にゆっくりと、乳輪で止めてまた下乳へ。

「はぁ~ん・・・、どうして・・・、一番感じるところ、ダメっ・・・」

「感じるところってどこなんですか?乳首?どうすればいいんですか?」

「うっ・・・、どーてーのくせに焦らさないで!」

怒られてしまって、ますます図に乗り始めた俺。

指で乳首をパチンと軽く弾いてみました。

瞬間、彼女、ビクッとして後ろに仰け反ったように見えた。

(えっ?まさか・・・)

「私、ちょっと興奮しすぎたみたい」

顔を真っ赤にして、ものすごく女性らしい、しおらしい表情。

可愛いなぁ。

彼女の目を見つめて今度は俺からキス。

彼女のやり方を真似て、舌を舌に絡めて吸ってみた。

ヌメヌメして、動く様はマジでエロ過ぎる。

「ねぇ・・・、欲しくなっちゃった・・・、また大きくなってるし」

うんうん、そうだよね、今日の目標は開通式。

彼女がお尻をこっちに向けて立ち上がった。

そして濡れたパンストを、えいっと一気に下ろした。

白くて綺麗な丸尻が。

俺はまた我を忘れて、思いっきり舐めまくった。

これが、これが、お尻、スベスベしてるんですね。

そしてお尻の割れ目に舌を入れてなぞっていく。

正直、どこがどこだかよく分からない。

裏で見たのと同じなんだけど、俺も正気でいたとは思えないくらい興奮してたんで、ただただ割れ目に舌を這わしてただけ。

「もう少し下だよぉ。だめぇ・・・そこは違う穴なのぉ!」

そうだった。

この体勢だとお尻の穴が上に来るんだった。

「もういいから、早くぅ・・・」

はい、分かりました!

えっっと・・・、ゴムゴムと・・・。

脱がされたジーンズに入れてたっけ?

えっと・・・。

「何してるのよ!早くしてよぉ!」

「えっ、あのぉ、ゴムを探してるんだけど、ちょっと待ってね」

「ばかぁ・・・、いいのぉ、大丈夫なんだから、だから誘ったのにぃ・・・」

えぇ~?エー!!

マジですか、これって生ってこと?

嘘でしょ。

制御できないから絶対暴発するよ。

「△△君、初めてなんでしょ。ゴム付けちゃホントの卒業じゃないよ。付けたいの?」

「いえ、とんでもない!でも、暴発したら・・・」

「そういうことは一人前になってから心配しなさい!いい?」

ちょっと、いや、だいぶ違うと思うんだけど・・・。

まっ、まぁいいや。

では、このままということで。

「いい?焦らないでね。ゆっくりで大丈夫だよ」

「あの・・・◯◯さん、もう少し腰を低い位置にしてくれませんか?ちょっと届かない・・・」

「もうっ!ホントにバカなんだから・・・」

彼女は脚を広げて腰の位置を下にしてくれました。

ん、ん・・・とぉ・・・、ここだったと思う。

よし、ここだな。

「そう、焦らないでねぇ」

えっと・・・、よし!

「ん・・・、はぁ~ぁ、そう、そのままグッっときてぇ・・・」

えいっ!

「はぁ~、はっ、入ったよぉ、△△君の、入ったよぉ。嬉しいぃ?気持ちいいぃ??う~ん・・・」

あったかいよぉ~~この感触、凄い!!!!

おまんこって、こんなに気持ちいいのか・・・。

オナホール、テンガとかいっぱい買って、冬の寒い日、冷たいホールでしこったことがいかに馬鹿らしく、そして寂しいのか。

ローション無くなって、石鹸でやったらヒリヒリしちゃって・・・。

リアルはこんなに素晴らしい!

「入れるだけじゃダメでしょ・・・、ゆっくり前後に動かして・・・。ぎこちなくていいから、ゆっくり・・・そう、そうょ・・・。△△君の大きいよぉ、そう、あぁ~・・・、んっ・・・ん・・・」

俺は前後に動かしてみた。

入れると引くとではこうも違うんだ。

もう俺は完全に壊れてる。

ブレーキの壊れたダンプカー。

快感を求めて、耐久力も考えずに腰を前後に速く動かし始めた。

「はぁ、はぁ、うっ・・・んっ!」

「はっ・・・あっ、ヤバッ・・・。イキそうっ・・・あっ、あっ、ダメだ・・・」

ビュビュルッッ!!

それでも制御不能の俺は腰を動かし続けた。

止まんないよ・・・。

「あぁ~、出てるよぉ、△△君の、いっぱい・・・、すごいよぉ・・・う~んっ・・・」

ようやく腰を止めて彼女の背中にもたれかかった。

「ゆっくり抜いてみて・・・」

彼女の声も弱々しい。

俺は下を向きながら、彼女の中から出てくる俺自身を見てた。

ヌラヌラ光ってる。

スゥ~っと抜くと、ちょっとした後、ドロッっとした固形分の液体が出てきた。

「良かったよ・・・初めてなのに・・・」

彼女は俺を抱き締めて頭を撫でてくれた。

おっきなおっぱいに埋められてる状態。

柔らかくて暖かくて、これだけでまた股間がビクッとしつつあった。

「私ねぇ、初めて見た時からすぐに分かってたんだぁ・・・」

「そうなの?どうして??」

「ナイショ!ねぇ、私のこと好き?」

「うん、うん、大好きです」

「ふふっ・・・、じゃぁ今度は・・・、ホテル行こっ!」

結局トイレが俺の現場となった。

途中、一人しか入ってこなかったのは奇跡なんだろうなぁ。

俺たちはそのままホテルに向かった。