私の初体験は素敵な思い出です。

高校時代に人生初の彼氏が出来て、その彼と初エッチをしました。

彼の事は高校1年の時から好きで片思いしてしました。

その人の名前は『将人(仮名)』と言いました。

私の名前は『綾(仮名)』とします。

その人とは高3まで一緒のクラスで、かなり仲良くしていました。

私は告白しようにもなかなかできず、月日が流れ。

それでもなんとか高3の夏休み前になんとか告白できて、OKをもらえました。

そして夏休み中でした。

将人が私の家に来て、ゲームをしたり喋ったりと普通にして遊んでいました。

将人は子供の扱いが上手いのか、弟とも喜んで遊んでいました。

午後3時ごろでした。

弟が塾に行き、2人きりになりました。

正直2人きりになると恥ずかしさで頭が真っ白になりました。

私がベッドに座っていると、急に将人がキスをしてきました。

私「え・・・え?」

私は驚いて何も言えませんでした。

すると将人はキスしながら私をベッドに押し倒し、舌を絡ませてきました。

私は抵抗しませんでした。

好きな人との初体験で処女喪失するのは嬉しい事です。

将人はそのまま両手で私の胸を揉んできました。

下を見ると将人のアソコはビンビンでした。

正直嬉しかったです。

将人「エッチしてもいいか?」

私「あっ、う・・・うん」

すると将人は私の服を上にずらし、ブラを出しました。

ブラの上から私のおっぱいを優しく揉み、だんだんと中に手を入れてきました。

実は私は胸が弱く、乳首を触られるだけでも喘ぎ声が出ちゃうほどです。

私「あぁん・・・ひゃはぁ」

将人「気持ちいい?」

私「うぅ、気持ちいいよぉ」

将人は私のブラをまたずらし、胸を出しました。

すると将人は私が一番弱い乳首を舐めてきました。

私「ひゃぁああっ!」

私は夢中で将人のアソコを触り続けました。

すると将人が自分でズボンを脱ぎ始めました。

すると大きく勃ったペニスが現れました。

将人は私のスカートを捲り、パンツを脱がせて来ました。

将人は私のアソコに指を入れ、動かしました。

私「ダメ・・・そこは、あっんっ」

将人はそのまま少し続けて、私のアソコから液が出てきたところを見計らってやめました。

そして私のアソコにペニスを近づけてきました。

私「え・・・!中はダメだよぉ、やめっ・・・あっんあぁっ」

将人は何も言わずに中に直接入れました。

将人は経験があったのか、かなり速めのスピードで腰を振りました。

私は初めてだったのでかなり痛かったです。

私「ダメだよぉっ、あんあっんあぁ」

私が何を言っても将人は腰の振りを止めようとしませんでした。

将人は私を四つん這いにして、後ろから仕掛けてきました。

私「ああっんあっ、ダメだよぉ、やめぇ・・・あっんん」

私はずっと喘ぎっぱなしでした。

将人がベッドに横になり、私を抱えて上に乗らせました。

私「はぁあっあ」

でも、どう動いていいのかわからなくって、これはあまり長続きしませんでした。

すると将人は私をベッドに横にしてM字開脚にしました。

その状態でトップスピードで腰を振りました。

将人「うぅぅ、あ!イク!」

中に出されると思った瞬間、将人はペニスを抜いて、私の胸に出しました。

将人「うぅぅ・・・ごめん・・・なんか狂ってた」

私「いいって、気にしないで」

将人は、狂って犯してしまったと言いました。

実際に謝ってくれたし、それに好きな人とセックスできたのが嬉しかった。

痛かったけど、片思いしてた男性と恋人になり、その人と初体験が出来た素敵な思い出です。