俺の彼女の友達は面白い。

遊びで、ちょっとローターをその子のパンツの上から当ててみたら、ずーっとしゃべりっぱなしでイッてしまったそうだ。

あまりに面白くて、それ見てた俺の彼女は笑いっぱなしだったらしい。

そこで、その友達を家に呼んで試しにやってみた。

ホントにずっとしゃべってた。

パンツの上からローターを当てて、イクまでの時間およそ3分ちょっと。

隠しマイクでしゃべっている声を全部録音して、忠実に書き出してみた。

よくこれだけ言葉が出てくるもんだと思った。

ちなみに“ジー”はローターの音です。

ジー。

「ちょっとぉ」

「え~」

「いやあ・・・」

「ホントにぃ」

「これ、ちょっ」

「気持ちいいんですけど」

ジー。

「マジ?」

「いやあん」

「え~、どうしよう」

「ああ~ん」

「気持ちいい」

「ダメぇ」

ジー。

「はははは」

「いやーっ」

「もう・・・」

ジー。

「暑くなってきちゃった」

「はぁ~ん」

「どうしたらいいの?」

「やめてよぉ」

「これ、ちょっ」

「え~」

ジー。

「ダメ」

「変になっちゃうよ」

「うふふふ」

「も~」

「いやあ」

ジー。

「気持ちいいってぇ」

「何か・・・」

「いや~」

「ちょっと」

「まじでまじで」

「パンツ濡れてきちゃうよぉ」

ジー。

「ホント、これ」

「どうしよう」

「ダメダメ」

「痺れてきたよぉ」

ジー。

「あ~」

「ちょっ」

「いい」

「そこぉ」

ジー。

「ヴぁああ」

「ダメぇぇ」

「いやあぁ」

「も~、どうしよ」

「ホントやばい」

「気持ちいいからぁ」

「はあ~」

ジー。

「ホントにやばくなってきた」

「ふぅふぅ」

「ちょっと、暑~い」

「何~、もう」

「ダメ」

「はあはあ」

「ちょっ、これぇ」

ジー。

「いやあああ」

「ホント、マジで」

「いやあ」

「汗かいてきちゃった」

ジー。

「もう、イッちゃいそう」

「ああ~ん」

「どうしたらいいの」

「はあ」

「ちょっとちょっと」

「汁が出そう」

ジー。

「いやあ何か」

「やば~い」

「汁が出るぅ」

ジー。

「イキそ~」

「いや、ホントに」

「やばいってぇ」

「マジ、イクよぉ」

ジー。

「あっあっ」

「うふふう」

「だめえ」

「どうしよお、マジで」

ジー。

「気持ちいい」

「ああ、イク、イクよお」

「いや、ダメ、ホントにイッちゃう」

「ちょっと待ってよぉ」

「ダメだってぇ」

「はあ、ダメ」

「ホントにそこまで来てるんだってぇ」

ジー。

「ああ~ん」

「イク、イクぅ」

「あっあっ」

「もう、ちょ」

「ううう」

「イクイク」

ジー。

「はあはあはあ」

「イクうぅぅぅ~っ」

「あはあぁぁああぁ」

「ヴぁあぁ」

ジー。

「ああん」

「・・・」

ジー。

「・・・」

ジッ(ローターを止めた音)。

「・・・」

「みんな何笑ってんのよ」(怒)

おしまい。