小学生の近所の女の子がいて、俺の事を格好良いと言っていた。

名前はY香とする。

その子は結構可愛くて、よくオナネタにしていた。

そして俺も可愛がっていたんだが、中学生になってすぐに彼氏が出来て、会うこともなくなった。

それから2年経ったある日、あるお店に行くとY香ちゃんがバイトをしていた。

するとY香ちゃんが、「久しぶりだね。もうすぐバイト終わるから一緒に帰ろ?」と言って来たので一緒に帰りました。

久し振りで何を話したら良いかわからず、「学園生活は楽しい?」と聞くと、「楽しいけど色々あって大変だよ。特に最近の悩みは彼氏とのエッチなんだけど・・・」などと色々聞かされた。

童貞だった俺は、「そうなんだ」としか言えなかった。

すると空気を感じとったのか、「◯◯君って、もしかして童貞?」と言ってきた!

「違うよ」って言ったけど、Y香ちゃにはバレバレで、わざと腕に胸を当ててきて、「童貞、隠さなくてもいいよ」と笑われた。

顔を赤くして黙っていると、「抜いてあげようか?」と聞かれてビックリしたが、「うん」と答えた。

すると、「口とおまんこは彼氏の物だから手コキだけだよ!」と言われ、今日は夜中まで誰も帰って来ないらしく、Y香ちゃんの家に行った。

「ちょっと待ってて」

そう言われてしばらくY香ちゃんの部屋で待っていると、Y香ちゃんは学校の制服に着替えていた。

「こっちの方が興奮するでしょ?」

これはヤバかった!

そして早速ズボンを脱がされた。

「キャア~、彼氏のより小さ~い」

ショックだったし、おまけに初めての事だからチンコは立たなかった。

そしてY香ちゃんに、「あ~!!これってもしかして仮性包皮茎ってやつ、初めて見た~」と笑われた。

恥ずかしくて泣きそうになった。

そんな俺に構わず、Y香は余った皮を伸ばして遊んできた。

「キャア~面白い」

しかし、恥ずかしくも立ってしまった。

すると、「立ってる時は皮が剥けるんでしゅね~」と馬鹿にしたように言ってきた。

「これで立つとか、もしかして◯◯君はM男なのかな?」

恥ずかしくて何も言えなかった。

そしてY香ちゃんはいよい本格的に責めてきた。

彼女は彼氏に仕込まれたらしく、かなり上手い。

てか俺は初めてなので何でも気持ちいだけ。

Y香ちゃんはチンポに唾液を沢山垂らしてきた。

「滑り、よくしなきゃね!今のはアップね、ここからが本番だよ」

ここから悪夢の始まりだった。

彼女はわざとにカリと亀頭ばかり責めてくるのだ。

「こうするとイケなくて辛いんでしょう?」

「ア、アンアン」

俺は女の子の様に喘いてましまった。

するとY香ちゃんのS魂に火をつけてしまったらしく、さらに激しいものになった。

「尿道口って気持ちいいんでしょ?」

責めてきた。

またアンアン喘いでしまった。

しばらく責め続けられると、気持ちいいよりもここは気持ち悪いと思えてきた。

「アンアン」は、「ぎゃあきゃあ」と悲鳴の様になった。

「面白い~、◯◯君、女の子みた~い」

するとY香ちゃんは何か思い出したらしく。

「そう言えば、後輩の女の子に教えてもらった技があるの。フォーク手コキだよ」

俺は思わず、「わ~!」と叫んだ。

人差し指と親指の間にカリを挟んで激しくしごいてきたのだ。

「ふんふん、あ~」

「気持ちいい?」

「う~、気持ちいいです」

そして俺は完全なMになり、思わず「Y香さま」と言ってしまった。

「え?『Y香さま』とかウケる~。私4つも年下なんだよ!」

無意識に言った事だがもう手遅れで・・・。

「じゃあ、私的に『様』は嫌な感じするから『先輩』って言ってね!実際、私は性のことで先輩なんだし!」

「はい!先輩!」

「ウケる~、じゃあ次の教えてもらった事やりま~す。ナックル手コキだよ~」

Y香ちゃんは唾液を足して、手の平で亀頭を包んでグリグリと激しく亀頭を責めてきた。

全く新しい快感で、気持ちいいのかどうかも判らなかった。

どちらかと言えば不快だった。

「これって刺激が強いでしょ?」

「ぎゃあ~あうあう」

完全な悲鳴をあげてしまった。

頭がおかしくなって意識が飛びそうになる。

「すっごく効果あるんだね」

今までにない俺の声の大きさにY香ちゃんは驚いてた。

そして2時間くらいは経過した。

2時間ずっと、今までのテクニックを繰り返して焦らされ続けた。

チンコも体力も限界だ。

もう動く力もなく、チンコも感じなくなってきたので俺は聞いてみた。

「Y香先輩?いつになったらイカせてくれるんですか?もう我慢出来ません」

まだまともに竿に一回も触れてすらもらっていない。

するとY香ちゃんは、「Y香先輩は疲れた!!」と言って30分くらい放置された。

泣きそうになった。

そして30分後、少し縮んだチンコを、「チンコプター!!」と言いながら振り回してきた。

悲しいかな、また立ってきて、グリグリと亀頭責め開始である。

「しばらく放置したからまた感じるでしょ?」

確かに、また敏感に戻っていた。

するとY香ちゃんは足で責めてきたのである。

「あ~う~、Y香先輩気持ちいいです」

喘いでいたら、いきなりY香先輩は言ってきた。

「何で足でしてるか分かる?」

「わからないです」と答えたらY香ちゃんはこう言った。

「気にしてると思ってずっと言えなかったんだけど、◯◯君、背が小さいね」

俺は顔が真っ赤になった。

一緒に帰ってる時から俺は気にしていたが触れなかった事である。

Y香ちゃんが俺の背を抜いていたのだ。

(俺163センチ、Y香ちゃんは168センチあるそうだ)

「足でやってるのは◯◯君より背が大きいから。脚の長さを自慢してるの」

悔しいが何も言い返せなかった。

現に俺の脚よりも少し長いのだ。

すると今度は電気アンマをしてきた。

もはや完全に年上のプライドはなかった。

チングリ返しされ、ケツを唾液でいっぱいにされ、棒を入れられ、年下の女の子にSMチックに調教され、たぶん前立腺を探していたらしいが、結局は見つからずに俺が痛みで泣いて終わった。

「年下に泣かされて悔しくない?」

急にY香ちゃんは口調までSになっていた。

そしてやっとの思いで抜いてもらった頃には、開始してからすでに7時間くらいは過ぎていた。

そして、「風呂で洗ってあげる」と言って、チンコを丁寧に洗ってくれた。

「Y香先輩は制服脱がないの?」

聞くと、「さっきから制服脱がないのは、彼氏以外に下着と裸を見せたくないから」と言われた。

彼女は制服を濡らさない様に優しく洗い終わると、俺のチンコを拭きながら言った。

「彼氏はSだから、こんなことさせてくれないんだ。一回くらい責めてみるのが夢だったから今日は楽しかったよ」

そう言って最後は風呂場で、焦らし無しの一本で抜かれて終わった。

そして帰り際に女の子のアドレスを教えられた。

誰かと聞くと、Y香ちゃんに色々教えてくれた後輩らしい。

「その子、浮気されて彼氏と別れたばかりなの。それと、その子は私にSな事を教えてくれた子だから。30分放置した時に◯◯君のことを話したら紹介して欲しいんだって。◯◯君、顔は格好良いのに女の子に出会う機会がないんでしょ?だから童貞なんだよ」

そして数日間メールをしてその子と会うと、格好良いと言われて付き合う事になった。

その子はとても一途でいい子だ。

そしてその子はY香ちゃんと同じくバスケ部のエースで、171センチと俺よりも背が大きい。

見た目は細いのに、何もしていない俺よりも力が強く、腕相撲でまだ一度も勝てていない。

童貞も彼女で卒業した。

「4つ下の女の子に童貞奪わて悲しくない?力も背も負けてるのよ!」

言われまくった(涙)。

初挿入までは沢山の試練があって、ローションとガーゼで亀頭を責められたのは気絶した。

今では彼女に対する服従として、セックの時は必ず顔面騎乗されています。

でも彼女、セックスの時以外は普通で優しい子です。