私の母は去年再婚して義父がいるのですが、その義父と私の実の姉がデキています。

母のいない日には夫婦の寝室からギシギシパンパンという音と「あん、あんっ」って声がします・・・。

明らかに夜の営みの音ですが、義父の相手をしているのは母ではありません。

義父と激しくSEXしまくっているのは姉なんです!

姉はいつの間にか義父を寝取っていて、コンドームも無しで犯し捲られてヒィヒィ悦んでるんです!!

実の姉が男に股を開いて発情してる牝の声を聞くのは気色悪いですが、姉は義父にたっぷり抱いてもらって気持ち良くて仕方がないのでしょう。

義父に跨がって自分から腰を使いまくっては、家中に響くぐらい大きな喘ぎ声でヨガリ狂ってます!

義理の父親と喜んで寝る姉の淫乱ぶりには呆れちゃいますが、あんな気持ちよさそうなエロい声で喘いでいる姉が羨ましいです。

私は義父と姉が裸で肉体を貪り合う交尾姿を覗いてオナニーしてます。

今日も母が出掛けたのをいい事に、これ見よがしに義父と姉はSEXヤリまくってました。

朝から「あぁ~ン!」という声が聞こえたので覗いてみたら、義父が裸の姉のおっぱいに吸い付いてました。

姉は乳首を吸われながらマンコ弄られて、「あ!あ!あんッ!」てスケベな声を上げて浅ましく腰を動かして感じてました。

そのうち姉は義父のビンビンちんぽをむしゃぶりながらまんこ触ってました。

ベッドの上で四つん這いになった姉に、義父が後ろからしがみつきセックスの始まり。

ちんぽを根本までハメられた瞬間に姉が張り上げた、「はぁ~~ッ!!」といういやらしい牝の悦びの声と、ちんぽの快感に震える恍惚の表情が忘れられません。

姉のスケベまんこを犯す為に義父がパンパン腰を打ち付けるたび、姉の尻がプルプルと波打って揺れるのが卑猥です。

四つん這い交尾でたっぷりマンコを犯され、喘ぎ乱れながらセックスの肉の快楽に溺れる姉の姿は盛りのついたケダモノそのものです。

胎内を義父のちんぽに突き上げられるたび、姉の表情はどんどんハレンチなエロ顔になり、淫欲に染まっていきます。

だらだらとヨダレを垂らし、ペニスで一突きされるごとに姉のオンナのカラダは火照っていき、悦びの声が激しくなってきます。

汗ばんだおっぱいをグニグニ乱暴に揉みしだかれながら、後ろから義父に密着されての激しい四つん這い交尾。

強姦みたいなケダモノセックスに姉の理性は飛び、ペニスをしっかり咥え込み、オスの遺伝子を求めるだけの発情メスに堕ちて、家中に感極まった哀れな子種乞いの喘ぎを響かせます。

「あーン!・・・あ、あ、あ、!・・・イィ~!ちんぽぉ!ちんぽイィ~!・・・。あんッ!あぁン!あ!ッ!・・・セイエキぃ!・・・精液欲しいのぉ~!・・・精液ッ!精液出してぇ?・・・。あ!・・・ちんぽぉ!・・・ちんぽ、ちんぽぉぉ~!・・・イキたいのぉ!ちんぽでイカせてぇ!!・・・。あ~ッ!あんッ!あんッ!・・・お願い!イカせてぇッ!・・・ザーメン注いでイカせてぇッ~!」

自ら進んで義父とのSEXに溺れ、貪欲に子種を欲しがる痴態は性的虐待とは程遠いです。

姉は心の底から義父に抱かれて寝乱れる和姦セックスを楽しんでいるんです。

一匹の牝として牡の遺伝子を受けるため、はしたなく股を開いて自分の肉体を性欲発散の玩具として弄ばれる快楽に痺れているのです。

男の硬いペニスに貫かれる女の性的幸福にあんないやらしい喘ぎ声を出しているのです。

きっと姉は、牝の本能とオンナの悦び、そして母から義父を寝取ったの優越感が入り混じった肉の快楽が病み付きになり、義父のちんぽの虜になっているのでしょう。

でなければあんな凄まじい喘ぎ声は出せません。

姉は義父とのセックスが好きで好きでたまらない牝犬なんです。

義父のちんぽをこよなく愛する変態セックス愛好家なんです、あの恥知らずの好色女は。

男なら誰彼構わず発情して股を開くスケベ椅子なんですよ、私の姉は。

ちんぽと見れば見境無しに欲しがる便器女なんです、きっと。

互いを求めて、エロ汁を垂らしながら激しく擦れ合うちんぽとまんこの淫らすぎる音と、精液狂いの姉が発する生セックス狂いの半狂乱のヨガリ声が部屋に響き渡って、エロ過ぎるピンクの空気を生み出します。

性の快感を味わい尽くし、限界まで高まったペニスが牝の肉体の奥深くで脈打ちながら爆発し、濃い遺伝子汁を、姉の牝の本性が欲して止まないスケベエキスを、姉の子宮に眠るエロ卵子めがけてたっぷりと射精します。

セックスの味を覚えた変態子宮に、念願の熱くて新鮮な搾りたて精液を浴びせかけられた姉、いえ、少し前まで姉だった肉人形は恍惚の表情でイキ果てます。

2人の股間の結合部から漂うセックスのキツい匂いに当てられて、私のお腹の奥が疼いてきます・・・。

子宮に匂いが染み付くぐらいたっぷりの射精を受けたにも関わらず、姉の肉の穴ぼこは射精管に残る最後の一滴まで精液を搾り取ろうと濡れた肉壁をうねらせ、しっとり粘りついてちんぽを犯します。

今日も姉は義父の種汁を求め、ベッドで腰を揺すって寝乱れてます。

日付が変わる前から肉棒を求める、姉の甘ったるいメスのアヘ声が寝室から漏れてきてます。

覗いてみると、当然のように全裸で互いの肉体を求め合う、淫欲に溺れたオスとメスが猥褻セックスに溺れるハメ姿が見えます。

姉の若い肉体に欲情し、硬く膨れ上がった義父の勃起ペニスが姉を孕ませるべく、棒汁でベトベトに濡れた肉マンコにしっかりハメ込まれています。

対面座位でベチョベチョと唾液交換キスしながら、でっかい乳牛おっぱい揉まれてエロケツ撫で回されて、チンポをイカすしか能がない精液搾り用マンコ。

亀頭から直接カウパー液をクリトリスに塗りたくられて、「アンアン」とヨガリ声出して何度もイキまくってる変態淫乱セックスマニア。

交尾好きのナマ射精専用ちんぽ便器は私の姉です。

あの2人、毎日発情したチンポとマンコを引っ付けてセックスに耽ってます。

最近はセックスすることを、『体操』とか『運動』とかって隠語を使ってます。

義父が、「そろそろ体操するか?」と言うと、姉はハァハァ荒い息でついて行きます。

そしてすぐ、アヒアヒと姉の喘ぎ声が聞こえてきます。

義理の父娘が素っ裸になって体中を舐め合いながら、性器をグチョグチョ擦り付け合って気持ち良くなる性処理体操。

チンポとマンコを満たし合うための肉欲発散運動です。

布団の上で哀れな男と女が夢中で慰め合い、もつれ、激しい快楽を求めて互いの肉体を貪り合い絡み合うドスケベ組体操です。

激しい音を立ててズコバコと腰をぶつけ合って『運動』し、カラダを重ねたり仰け反ったりさせ、全身の筋肉を使って性器まで収縮させて『体操』しています。

おまけに子作りまで兼ねている変態行為。

それが義父と姉の運動であり、体操です。

まぁ、単なる生セックスなんですが・・・。

さっきまで義父と姉はハメまくってました。

チンポとマンコでSEX体操を楽しんで、姉の快楽狂いのチンポマニア子宮に義父の子種をドボドボ注ぎ込むマンコ調教運動で、夜明けまで遺伝子汁を精液タンクに射精しまくって変態子作り。

姉が排卵したヤリマン卵子に、義父が姉のメス肉に溺れて放った汚らしいDNA入りチンポエキスをドピュドピュ浴びせかけて犯し抜きます。

熱いチンポ汁に子宮の中まで強姦セックスされるたびに、デカいエロ声を張り上げて、涎を垂らしてハレンチ絶頂しまくる姉。

姉は義父のちんぽに都合のいいように、精液ナマ発射セックスの味をオンナの穴に完全に覚え込まされ、生チンポ隷属を誓った天然オナホールに成り下がっていた。

オンナの性を売り物にして、男に裸マンコで媚びるだけのイカ臭い牡チンポ専用ザーメン吸引奴隷として、強制快感変態受精の悦びを噛み締めます。

姉の変態淫乱ザーメン欲しがりマゾマンコが義父の女好きスケベチンポズボズボ出し入れで犯しまくられて、真っ白い本気汁ベトベト垂らしながらちんぽにピッタリ吸い付き、エロ粘膜の卑猥な触れ合いの快感に夢中になってイキます。

マンコはチンポのおもちゃにしてもらうためのモノ。

子宮はちんぽから出るイカ臭い精液をぶちまけるための便器。

女は男に射精させるためのセンズリ道具。

ハメられるしか脳がない、SEXのためだけに存在する、SEXしなきゃ価値のない汚らしい生き物。

義父のチンポを何度も喜ばせ、精液の処理に使われるだけの暴力セックスに感じて喘ぎまくる姉のスケベ顔はそう語ってました。

きっと姉は痴漢でも強姦でも悦んで受け入れ、自分から腰を振り散らかして男のチンポを満足させるでしょう。

姉は自分の肉体を求めて男が欲情し、肉の穴で性の快感を与えて悦ばせていることがたまらないんです。

射精に役立つ快感肉便所の変態ドスケベ交尾狂女、それが私の姉です。

毎晩、義父専属の変態ホテトル嬢と化した姉が裸マンコと裸チンポでダイレクトに淫乱子作りして、義父と肉欲交尾に励んでいます。

子宮の内側に眠る変態卵子めがけ、何度も直に種汁をドピュドピュとぶちまけられ、姉はエロ声を張り上げて女の下品な本能を満足させています・・・。

毎日毎日、飽きもせず交尾、交尾、また交尾・・・。

そんな二匹のケダモノSEXを見物する私の覗き魔マンコは変態快楽への欲求で限界です。

廊下で乳首を硬くしこらせ、クリチンポを勃起させ、ハァハァしながら交尾希望汁をネバネバ分泌させ、股間を恥ずかしいほど濡らして興奮しています。

(オナニーしたい・・・オナニーしたい・・・オナニーしたい・・・変態オナニーしたい。近親セックスをオカズにしてオナニーしたいっ!)

私の頭がオナニー快楽で洗脳されて淫欲でいっぱいになったら、股間に熱を持たせてフラフラと自分の部屋に逃げ帰ります。

ベッドの上でそそくさと、私の交尾用マンコをガードしているエロ布パンティをズリ下ろして発情オナニーの準備をします。

義父と姉の変態相姦痴態に当てられたスケベオマンコは男を欲しがり、セックスを切望して交尾希望汁を垂れ流し、部屋中にキツい牝の匂いを充満させます。

いよいよ指を疑似チンポに見立てて卑猥なひとりSEXを始めます。

マンコの穴を指チンポでズポズポ擦りつけて変態マンズリ。

鏡には、肉欲に溺れ、だらしないアヘ顔でみっともなく腰を浮かせ、乳首を勃起させながら必死にマンコの気持ちいいとこを擦りまくって発情オナニーに没頭する、私の性欲発散ストレッチ姿が映ります。

(姉は裸で男とセックス、私は惨めに裸でオナニー・・・。姉は楽しく男とヤッてる、私はひとりで寂しくマンズリこいてる・・・)

そう思うと体の内側がスケベな気持ちでいっぱいになり、昏い肉欲に犯されて呆気なく何度もイキ果てます。

何度イッても子宮の昂ぶりを抑えきれません。

私の部屋まで、姉が大好きなちんぽをハメてもらって嬉し泣きするセックス声が届いてきます。

「・・・あッ!あ、あ、あ・・・あーンッ・・・あんッ!・・・あぁーッ!!」

その声に合わせて激しくマンズリしては、義父に犯されてるような気になってオナり狂います。

本物のチンポが欲しくて欲しくて、男とセックスしたくてしたくて、たまりません。

もし、この場に男がいたなら、私は自分から股を開き、「ハメて~!あなたのチンポハメまくって~!お願いだから、私を犯して~っ!」と男に媚びたエロ声出しながら、オンナの本性丸出しでみっともなくハメ懇願していることでしょう。

姉のチンポ泣きのエロ喘ぎを聞きながら、さっき義父にハメられてた姉のレイプ姿を思い出して、私はロンリーセックスを続けます。