中学生の時に、同級生のMちゃんという少女がいた。

当時Mちゃんはとってもおてんばだった。

中3の水泳の授業の時のこと。

俺の水着を脱がして、みんなの前にちんぽを晒し、「毛が濃い。でも小さく縮んでいる」と冷静にチンポを分析するMちゃん。

Mちゃんは後で先生から、「そんなにおてんばだとお嫁にいけないぞ」と、すごく怒られていた。

それから10年後、東京の大手町で偶然再会。

食事の約束をして、2軒目に行って昔の話に。

Mちゃんはすっかり上品で知的な大人の女性に成長していた。

「Mちゃん、中学の頃はおてんばだったのに、今ではすっかりおしとやかになったね」

「それは、Kクン(俺)のおかげよ。みんなの前であんなことしちゃったんだから」

「それって、なに?」

「覚えてないの?私がKクンの水着を」

「ああ。覚えてるよ」

「あれから女らしくなろうと反省して。でも、おしとやかになったと言われると嬉しい」

彼女を家まで送っていくと、「上がってお茶でも飲んでいかない?」と。

彼女の部屋に入る。

独身OLの部屋といった感じだ。

彼女は美味しい紅茶を淹れてくれた。

「あの時は本当にごめんなさい。内申書の評価が下がっても仕方ないことなのに、Kクン、『僕もふざけていたし、Mは本気じゃなかった』ってかばってくれたじゃない」

「うーん。僕もお返ししてたかもしれないな」

「お返しされても仕方ないもんね。10年分だと利息もだいぶついてるから上下脱がす権利があるよ」

「本当に?10年分お返ししてもらうけどいい?」

彼女は頷いた。

彼女はシャワーを浴びに浴室へ。

そしてバスタオルを巻いて出てくる。

俺もシャワーを浴びに行く。

浴室で俺のちんぽは完全に勃起していた。

何を隠そう、Mちゃんのことは中学に入学した時から気になっていた。

初めてオナニーしたのも彼女だったし、俺の初恋といえるだろう。

バスタオルを巻いて浴室を出ると、Mちゃんは白い上品なブラとパンティだけになっていた。

彼女のブラを脱がした。

形のいいお椀型のおっぱいでピンクの乳首が立っていた。

俺は片方の乳首を吸いながら、片方のおっぱいをなでた。

「小さいでしょ?」

「手のひらに収まって、このくらいが一番だよ。形もいいし」

彼女は喘ぎ声を出した。

片手をパンティにやった。

思ったより濡れている。

パンティの上からクリトリスを撫でてやった。

「いい。そこ」

「濡れてるよ。おまんこ」

彼女は恥ずかしそうに喘いだ。

いよいよ10年分のお返しをしてもらう時が来た。

俺はゆっくりとパンティを脱がした。

脱がす時に愛液が垂れて、部屋の中に彼女の匂いが立ち込めた。

きれいにヘアが処理されているのが彼女らしかった。

俺は彼女の足を開いた。

「いや。恥ずかしい。見ないで」

「きれいだよ。濡れているけどきれいなおまんこだ」

彼女、男経験は少ないのかもしれない。

俺は片手でおっぱいを愛撫して乳首を吸いながら、もう片方の手でクリを撫でた。

彼女の喘ぎ声がだんだん大きくなり、お互いの息遣いが荒くなる。

それにしても彼女はよく濡れる。

シーツに染みが付くんじゃないかと思うくらいだ。

「もうだめ。イクッ、ああーん」

彼女が予想外の絶叫でイッた。

俺のちんぽも先走り汁が出て我慢できない。

落ち着いた彼女にちんぽを握らせた。

彼女は、「10年ぶりの再会ね」と笑った。

「10年間で成長したかな?」

俺がそう聞くと、「こんなに大きく成長するとは思わなかった」と言って俺のちんぽを口に含んだ。

正直、彼女のフェラチオは口に含んで上下するだけの大人しいフェラだ。

でも仁王立ちになっている俺のちんぽを一心不乱にしゃぶっている彼女を見下ろすと、(この女を征服したんだ)という満足感が湧いてきた。

ソフトな彼女のフェラだが、俺には刺激的だった。

このままではイッてしまう。

「イキそうだ」

彼女はフェラをやめた。

すると意外にも彼女は引き出しを開けて、コンドームの箱を出した。

やはり彼女も25歳の女。

それなりに経験がある。

俺は彼女から箱を受け取るとコンドームをつけた。

本当は生でしたかったが、彼女はしっかりと意思表示をした。

俺は彼女を寝かせると足を広げさせ、クンニにかかった。

「可愛いおまんこだね。ぐしょぐしょだよ」

「ああ。いい」

彼女はまた大きな喘ぎ声をあげてよがり始めた。

やはりクリを舐めてやると喘ぎ声が大きくなる。

「もう我慢できない。来て、早く」

俺はちんぽの先端を彼女の膣穴に当てて、ゆっくりと挿入した。

彼女の中は十分に濡れていて温かい。

俺は根元まで入ったのを確認して、腰を振り始めた。

彼女の喘ぎ声が一段と高くなる。

そしてベッドが軋む音も聞こえるようになった。

「ああ、いい。もっと」

彼女の喘ぎ声が部屋中に響き渡る。

部屋中に彼女の女の匂いが充満し、俺の息遣いも荒くなる。

「ああーん、イクイク、もうだめ」

俺も我慢の限界が来そうだ。

「いいよ。いいよ。Mのおまんこ最高だ。イクよ」

「ああ。だめ、イッちゃう」

Mちゃんの喘ぎ声が最高潮に達し、ベッドはギシギシと音を立てた。

「イク、イク、M、M、M!」

俺はMちゃんの名前を叫びながらコンドームの中に思い切り射精した。

その晩、俺と彼女は3回セックスをした。

次の日、彼女の部屋を出る時、彼女が言った。

「私、来月、田舎に帰るの」

「何で?」

「お見合いするの」

彼女は俺の田舎でも老舗の温泉旅館の跡取り娘だった。

女将になるべくお見合いをするのだそうだ。

俺と彼女のセックスはその晩限りだった。

3年後、結婚を決めた俺は、婚約者(今の嫁)に自分の故郷を見せるべく、彼女の実家の旅館に泊まった。

旅館の女将はMちゃんのお母さんだったが、Mちゃんも着物で出迎えてくれた。

その晩、俺は嫁を激しく求めた。

次の朝、嫁が言った。

「あんなに激しいのは初めて。きっと故郷へ帰ったからね」