萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

おしり

落とし物のお礼

何処に書いたらいいのかわからないので、ここに吐かせてください。 大してエロい話でもないのですが、他人においそれと話せないもので。 早朝、人も歩いていない時間にケータイを側溝に落としてしまった。 幸い水が全く無くてカラッカラだったけど、真っ暗だし困ってしま

電車の中でハンサムなオジサマに挿れられた

20歳くらいの時の話です。 通勤に電車を使っていたんですが、その日たまたま帰るのが早く、学生や仕事帰りの人たちのラッシュに当たってしまいました。 来た電車に乗るとぎゅうぎゅうで身動きが取れず、壁際に押され、逃げ出す事が出来ないでいると、お尻を撫でてくる手

俺の妻は親友の元彼女

俺は田舎から東京の3流の私立大学を卒業して、某工場に勤めていた時のことです。 俺の親友は同じ東京でも一流の私立大学を卒業して大手の商社に勤めていた。 その彼の名前はKとしておこう。 彼とはなぜか馬が合い、大学時代も、社会人になってもずっと付き合っている。

愛する妻は父の奴隷

私は30歳、妻26歳で新婚1年目の夫婦です。 最近知った信じられない事実をお話します。 それは自分の父と妻が出来ている事です。 いや、父の奴隷と言うべきかも知れません。 その事に気付いたのが、数ヶ月前、実家に里帰りした際の出来事です。 私達は実家から車で

祥子との爛れた夏[前編]

大学3年の夏休み。 今までで一番爛れた時期だった。 バイトの仲間で7~8人で良く遊んでいた。 その中に祥子がいた。 祥子はかなり偏差値の高い大学に通っていたんだけど、物凄く性に寛容な女、平たく言うと『ドスケベ』だった。 ただ完璧な女なんてそうそういるわけ

塾講師をする妻の性教育

私38歳自営業、妻33歳、結婚7年目子どもなしの夫婦です。 私は親が経営する居酒屋の手伝いをして一応「専務」という肩書きを貰っています。 仕事は夕方前に家を出て、家に戻るのは深夜になります。妻は元教師で、結婚してからは小学生相手に夕方から夜にかけて個人授

教え子とプロレスごっこ

始まりは結婚4年目の2年ほど前のことです。 妻・・・29歳(当時)、150センチ、C~Dカップ。 よく幼く見られますが精神年齢も低いです(笑) 元塾の先生でした。 私・・・33歳(当時)、自営業(カフェバー)。 ビジネス街に店を出しているのでサラリーマン

一晩中続いた亜理紗の責め

実体験ですが、小説風に書いてみました。 田中良平・・・私。 立川亜理紗・・・同僚。 もちろん仮名です。 多少の脚色はありますが、実体験を元にしています。 「田中さん、今日よろしいですか?」 同じ会社の設計課に勤務する立川亜理紗が声を掛けてきた。 「えっ?

家電店はナンパの穴場

家電店で働く派遣ヘルパーをやっていました。 通常だと毎週同じ店に派遣されてそこで働くものなんでしょうが、私の場合、売り上げの悪い店(毎回違う)に派遣されて、そこでのメーカー成績を伸ばして帰ってくるみたいな立場でしたので、その時は愛知県の片田舎にある某家電

後輩への餞別は妻のカラダ

最初で最後、地元に帰る後輩に妻を抱かせました。 後輩・W君、27歳。 妻・みずき、44歳。 W君は、よく家に遊びに来ていたので妻ともエッチな会話も出来る程、仲が良かったんです。 そんなW君が、地元に帰る事になり、会社とはまた別に、家で送迎会をしました。

委員会の先輩と放課後の図書室で

私の初体験は、高校1年の時です。 相手は委員会の先輩でした。 先輩は図書委員の委員長で、放課後は大抵図書室にいるので毎日のように通いました。 たまに声を掛けてもらえる事もありました。 期末試験の最終日、放課後いつものように図書室に行くと、ドアにカギが掛か

トイレで快感を覚えたA美

俺の実家は田舎の農村地帯で長閑なところだったけど、まだ下水とかは整備途中で浄化槽がやっと普及してきたところで、汲み取り式もまだかなり残っていた、そんなとこ。 でも家は親父が痔持ちで、当時まだ珍しかった『シャワートイレ』をいち早く設置。 遊びにきた連中は面

彼女が中出しをOKした理由

真っ暗闇の部屋の中で私と彼女の吐息だけが聞こえる。 いつも以上に拒む彼女とは裏腹に、私はその拒みに対しても興奮を覚える。 拒んでいる割には股間は温かく湿っている。 彼女の股間からグショグショとわざと音を立てるように触る。 いつも以上に敏感な彼女は私の股間

処女だった貴子

古い話ですが・・・。 まだ二十歳のころの話です。 友人の妹(高校生)に好かれて、いつしか友人に内緒で遊ぶようなりました。 妹の友達ともよく会うようなり、その中に貴子がいました。 貴子は、少し変わっており、さめた感じでした。 そんな貴子とメルアドを交換し、

下半身丸出しで全力疾走

私は23才の社会人です。 この前、家から500m位の所にあるコンビニに向かう途中に事件は起きました。 夜のあまり人気のない道だったんですが、後ろからいきなりスウェットとパンツを一緒に下ろされました。 突然の事にパニックになってしまったのですが、結局その男

俺ん家の隣に住んでいたバツイチ娘

俺の親父って一部上場の会社勤めてて羽振りの良かったもんだから、郊外にデカい家ぶっ建てて、俺もボンボン生活を楽しんでた。 ところがバブルがはじけて、リストラ喰らって、とうとうローンが払えなくなって、俺中2の時に下町の小さな建売(しかも賃貸)に移ることになっ

粗チンの彼氏より、デカチンの友達の彼氏かな?

彼氏とのエッチがマンネリ化していた時に、友達のマンションで友達カップル2人(KくんとYちゃんは同棲中、Yちゃんは私の友達)と飲みました。 いつも通り下らない話で0時くらいまで盛り上がりましたが、私は体調悪い上に結構飲んだので潰れてしまいました。 最初から

赴任先で見つけたドMスナック[後編]

「お尻、突き出したままにしといてね」 俺はそう言って、パンティーをするすると下ろしていく。 まんこが既に糸引いちゃってるのを見逃さなかった。 「ママ、糸引いてるよw」 「そんな、言わないでよぉ」 ママも自分からやられる設定になろうとしてるしw こんな役得

赴任先で見つけたドMスナック[中編]

え~と、ママと初めてやった話だったっけ。 ルミを帰して強制二人きりにされた晩のことだったんだけども、ルミも帰り際にニヤニヤして帰ったから、ママの考えバレバレなんだよな。 ママはケバイ感じで正直ルミよりはスタイルはいい。 まあ、なんてのルミはスタイル良くな

赴任先で見つけたドMスナック[前編]

就職したての頃に、赴任先の街で彼女もいなかったので勇気を出して1人でスナックに行ってみた。 40代のママと、若いけどデブの女の子でやってる店で、可愛くないのが幸いというのだろうか、何度か通ううちにリラックスして飲める場所になった。 帰宅途中に駅の側の定食
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード