萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

こたつ

本屋で万引き見つかって

私が、小3の時に 当時 月刊誌でリボンとかなかよし 何て雑誌があって私 は本より付録が欲しくて万引きしてしまいました。 三回ほど盗んだ時に本屋の見つかり事務所に連れ行かれて、住所や電話番号 を聞かれ親を呼ぶと言われ一生懸命誤りました 事務所は店の奥に六畳ほど

冬のこたつで…

今年の月の始めの卒業式の日だった。 卒業式が終わって男人、おんな人で俺の家で飲むことになった。 みんな制服のまま俺の家に帰って最初は時くらいまで鍋をした。 飲み始めたのは10時くらいからだ。 みんな時間を気にしながらも卒業の日って事で親にも言っていた。 しかし1

祖父が

初めてこんな掲示板があるのを知りました。 小さい時にいろいろされたのは私だけじゃないと思うと、少し安心します。 私の相手は、青森に住む祖父でした。私は千葉に住んでました 小の夏休みに、初めて人で新幹線と在来線を乗り継いで遊びに言った時です。 祖父に風呂に一緒

弟の友達の父親に

私が中一の頃です 私には五つ下の弟がいまして日曜日ともなると弟の友達が良く家に遊びに来ていました その子の両親は離婚しており父子家庭だそうです ある冬の日曜日の出来事です その日は友達の父親と言う人が迎えに来ました。 ちょうどその日は両親が留守で家のこたつで

続き…

マンコの入口に精子を出すと男の人はコタツから出ました。 母親と小声で何かを話して 干してある私のパンツを母親が渡してました(>_<) 洗濯物の私のパンツを持った男の人は母親の車に乗り二人で出掛けて行きました。 時間は深夜時です。 私はパンツを履きトイレにいってマン

続き…洋子。

舐め続け…飲み続けて年近くなった時に初めて身体を触られました。 何時ものように目隠ししてペロペロ舐め、精液を飲んだ後、私はコタツでウトウトしてしまい。 横にきたオジサンに身体を触られました。 服の上からだったので警戒心は無かったけど…スカートの中に手が入っ

私の場合4

地獄の時間は、長く続きました。 お尻も経験しました。 毎日三時間以上もピストン運動されると 腫れて、出血があります。 お尻に何かクリームを塗られて、 私が抵抗するので、三人に押さえられて 挿入されました。 お尻は感じませんが、後でお腹がくだって 大変です 私の部

彼女には内緒だヨ

付き合ってた彼女が一人暮らしを始めたので、よく入り浸っていた。 友達の多い女で、彼女が帰るのを待っていると、色んな女の子が入れ替わり訪れた。 彼女が年上だったから当然友達も年上が多く、出入りする女の子達に『◯◯クン』と呼ばれて、こちらもその人達は『◯◯さ

魅力的なお尻と、残念なちっぱい

サークル活動で割り当てられたある一室で、俺は所属したサークルの同期の女(みゆり・18歳)と一緒にいた。 人の少ないサークルなので、カーペットが敷かれ、足の低いテーブルが置かれた手狭な部屋に今いるのは俺とそいつの二人だけだった。 秋の空気で部室も涼しい。

養女になった悪友の娘・若葉[前編]

「あのさ・・・お前に相談があるんだけど・・・」 職場の同期で、悪友とも言える早野からの電話を受けた。 俺「どうしたんだ?金ならねぇぞ」 早野「ばかっ!金なんかじゃねぇよ。木下(俺)じゃなきゃ、相談出来ねぇんだ・・・」 俺「あー・・・分かったよ。じゃ18時

勝手に手コキしておいて寝たふりする女友達

この前、大学の友達5人でコタツで鍋パーティーをやった。 今回は女の子2人に、男3人。 「コタツ狭めぇ~よ!」と言いつつ、5人で飲んで食べて楽しく過ごした。 毎回の事なんだけど俺は酒に弱いから、コタツになんて入ってたら寝てしまう。 その時もそうだった。 い

コタツの中で・・・妹に

あれは中学生の冬頃。 妹が座敷にあるコタツで寝ていた。 その頃、女の体に興味津々だった俺は、妹を女としか見てなかった。 まだ、あそこの毛も生えていない無垢な子だったのに。 手始めに、起きてるかどうか頬を突っつく。 ぷにぷにして心地いい。 そしておもむろに

前後不覚の泥酔状態

俺と彼女と友だち(女)とその彼で呑んでた。 俺と彼女は下戸。 俺はなんとか起きてたが彼女はダウン。 友だちがこたつにもぐりこんでゴソゴソしてた。 中見てみると彼女のズボンずらして遊んでた。 それでもぐっすり寝てた。 次に友だちは彼女に俺の下半身を触らせよ

今でも後悔しています

僕は今大学2年です。 僕が妹としたのは高校2年の時、妹が確か小学3年の時です。 とんでもないことをしてしまったと今でも後悔しています。 僕の家は3人家族、母は僕が中学に入学してすぐに脳溢血で亡くなりました。 父は長距離トラックの運転手で浮気もしていたらし

早苗義姉さんと蔵の中で

江戸川乱歩が集めた蔵書の数々が納められている「幻影城」という蔵をご存じの人もいるかと思います。 僕の実家にも死んだ父が集めた歴史書や古書の類が納められた蔵があり、兄の結婚を契機に蔵を改築し、僕が過ごす部屋をしつらえてもらいました。 食事と入浴以外はその蔵
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード