萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

ふんどし

パンティを食い込ませたお尻を窓から出して

中学1年生の時のことです。 当時、私の父は教師をしており、同じ木造の宿舎に住んでいました。 宿舎と言っても、木造平屋の古いものでした。 同じような宿舎がいくつも建ち並んでいました。 中間テストが近づき、夜遅くまで自室で勉強していたのですが、勉強にも疲れ、

単純で浅はかで淫乱だった母 其の十

私は素っ裸の母を後ろ手に縛るといつもの様に胸にも縄を掛けました。 そんな母をうつ伏せに寝かせると、右足首を取りお尻まで引き上げ後ろ手縛りに繋げて絞りました。 そうしてから今度は母の体を左足が上にくるように横向きにして、左足首に縄を打ち天井の滑車に掛け引き

単純で浅はかで淫乱だった母 其の八

一流ホテルの寿司屋のカウンターで寿司を摘みながら二人で楽しくお酒を飲むと、夫とでは決して味あえないであろうセレブな奥様に成った様な高揚した気分を、久しぶりに佐藤が母に味あわせてくれるのでした。 浅はかで単純で淫乱な母は、先ほどの夫との幸せな一時の事など綺

単純で浅はかで淫乱だった母 其の二

母がいかに父を忘れて、佐藤の意のままになって行ったかを、少し長くなりますがお話いたします。 始めは、昭和40年の頃ですからもう41年位前になります。 父「義男」39歳。 母「幸子」33歳。 私「順次」10歳(小4)。 佐藤さんは「寛治」と言い、当時、たぶ
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード