萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

キャバクラ・風俗店

中3の娘にお風呂で性教育をしている同僚

俺の同僚で、中2と小6の娘と一緒にお風呂に入ってると言うヤツがいる。 俺はロリではないが、羨ましいと思いながら発育状況を聞いてみると、「上の娘は毛が生えて胸も大きくなったよ。下は幼児体形だな」とあっさり答えた。 「娘は嫌がらないのか?奥さんは何も言わんの

現役風俗嬢が教える、極上素股テクニック

風俗嬢ならマスターしておきたい! お客さんが喜ぶバック素股のコツ。 風俗のプレイでお客さんが喜ぶプレイは、大きく分けて二種類あります。 ハードで本番に近いプレイ、男性にとって気持ち良いプレイです。 このどちらにも当てはまるプレイに『素股』があります。 素

ソープ嬢と外でセックスしたらめっちゃ精子が飛んだ

10年ほど前、友人に連れられてソープランドに行ったことがある。 お酒が入っていたのと、当直明けで寝ていなかったのが重なっていたのかもしれないが、普段ならソープの誘いなど断るとこだけど、その日は友人について行くことにした。 ソープは初めての体験だったので、

出張ホストと協力して、ホテルのバーで妻を羞恥責め

ささやかな体験ですが、お付き合い頂けたら嬉しいです。 妻は43歳、私は46歳。 結婚して、まだ2年ほどしか経っていません。 私はバツイチですが、妻はキャリアウーマンで婚期が遅れたパターンです。 40代が迫り、結婚を焦っていた時期に知り合ったのが私にとって

同じ学科の好きなコがデリヘル嬢だと聞いて[後編]

詳細は省くが、この失敗をあと6回繰り返した。 毎回期待に胸を膨らませ指名するのだが、来る女はどれも千佳ではなかった。 もちろん、毎回プレイは断った。 何回か危なかったが、もはや俺も意地になっていた。 俺の安い給料では回数を重ねるのに時間がかかってしまった

行きつけの居酒屋で出会った最高の熟女

先週の火曜日、会社に帰らず直帰したので、珍しく早く最寄りの駅に着いた。 行きつけの居酒屋に行ったら、T子さんと久しぶりに会った。 細かい事はよくは知らないが、T子さんは人妻で、「子供が自立した」って言ってたから年齢は50半ば位だ。 しかし、とても魅力的な

童貞の後輩に彼女を貸したら俺の時より激イキ

ちょっと昔の話なんだけど、大学の後輩が、父親が倒れたとかで急に実家に帰ることになったんだ。 一人っ子なので、大学中退して介護しながら家業を継ぐんだと。 実家はとんでもない田舎で、当時で帰省に片道6時間かかるような所。 そいつとはアパートもすぐ近くで、すご

同僚の人妻OLに「抱いて・・・」と頼まれて

私は妻と子供が1人いる29歳で、彼女は同じ29歳で子供は2人です。 私は結婚して4年目、彼女は結婚9年目だそうです。 出会いは1年前、私が働いている会社に彼女が派遣社員として入ってきた事でした。 席も近く年が同じという事もあって、すぐに仲良くなりました。

小学校から高校まで、6年間愛し続けた妹の性器

2歳年下の妹の体に興味を持ったのは、俺が小学校6年生の時だった。 最初は単なる興味本位だった。 しかし、眠っている妹の性器に初めて触れた時、想像を遥かに超えるその柔らかさに一瞬で心を奪われてしまった。 その日から、俺は妹にはっきりと性欲を抱くようになった

主人より遥かに太い息子のモノが私の未知の領域へ

私は57歳の主婦です。 特に美人でもないですが、色白の肌が自慢です。 白髪交じりのショートカットの普通のおばさんです。 元々大人しくて話下手で、主婦仲間でもいつも聞き役で、自分から話し掛けることはありません。 体も小さくて145センチしかなく細身です。

ミャンマーの安宿で肌を重ねたニュージーランド女性

ミャンマーを旅行した時の話。 ミャンマーのゲストハウスに到着したが、空いているシングルルームがハリーポッターで最初にハリーが住んでいる部屋みたいな場所だったので、従業員に「どうにかならないか」と相談していた。 すると同じような悩みを持った女性がいたようで

何度も中出しさせてくれた20歳のピンサロ嬢[後編]

Yちゃんに中出ししてからというもの、俺はその店に通いまくりました。 週1、2回ぐらいのペースで、行けば必ずヤッてました。 もちろん生で。 悪ノリして、即尺やお清めまでしてもらったりこともあります。 まあ7、8Kで二十歳の子と生でヤれるのは、どう考えてもお

何度も中出しさせてくれた20歳のピンサロ嬢[前編]

5年前、24歳の時です。 場所は東京郊外の乗り換え駅。 スロットで大勝したので久しぶりに行くかって感じでピンサロに。 そこは何回か行ったことはあったが、このときは半年ぶりぐらいでしたね。 「いらしゃいませ。ご指名は?」 「別にないです」 「ではこちらへ」

お隣夫婦と土日限定のパートナー交換[第4話]

お隣の夫婦との“土日だけの嫁交換”を実行して、俺と嫁との夫婦関係は今まで以上に良好なものになっていた。 デートも頻繁にするようになったし、嫁の好みの雑貨屋さんにもついて行くようになったし、嫁も俺の筋トレに理解を示すようになってきて、スポーツショップも一緒

「出たらナースコール押してね。綺麗にしたげるから」

入院してりゃ色んなことがある。 今俺が入院してるのは、整形と内科がごっちゃになった混合病棟。 その病棟の4人部屋に入院している。 窓際の北側ベッドが俺(36歳)。 隣が16歳くらいの少年。 向かいは2人とも70超えたじいさん(認知症あり)。 じいさん2人

入店2日目の新人ソープ嬢に中出し

出張先での出来事。 夕食を済ませホテル近くのソープへ。 指名なしで待つこと10分。 エレベーターへ案内されると、「いらっしゃいませ。美香です」と正座でお出迎え。 ショートヘアで佐藤◯子似の超スレンダー美人。 部屋に入り風呂のお湯が溜まるまで一服。 美香「

水泳教室の女子大生コーチとシャワールームで

僕は中1の時に、スイミングスクールのシャワールームで初体験しました。 そのスイミングスクールの水着は水色の競泳用ビキニでした。 成長期で体が大きくなる頃だったので、競泳用ビキニはお尻に食い込むくらいピチピチでした。 半ケツっていうやつです。 童顔ながら顔

人妻のデカ尻をイボイボのコンドームで突き上げた

42歳の人妻と出会い系で約束。 待ち合わせでラブホ直行。 俺(172cm)より背が高い。 笑顔で迎えてくれ、腕を組むとDカップは嘘でないことが肘で解った。 小声で会話しながらラブホまで歩く。 俺「出会い系初めて?」 人妻「そう。ドキドキしてるの・・・来て

偶然望遠鏡で人妻のオナニーを覗いたら童貞喪失できた

僕は公団に住んでいる16歳の高校生です。 両親は共稼ぎで、父親は公務員、母親は普通の会社に勤めています。 僕は大学で天文学を勉強したいと思っていて、高校に入学した際にお祝いに天体望遠鏡を買ってもらいました。 学校から帰ると、いつも夜になるのが待ち遠しく、

包茎手術後に俺を苦痛と快感に導いた手コキモドキ

その当時俺はひどい包茎(真正)に悩まされており、悩んだあげく、ある日覚悟を決めて病院で治療を受けることになった。 地元の病院でする手もあったのだが、なにぶん治療をする“部分”が部分なだけに、地元は避けて都市のクリニックでお世話になることにした。 病院はと
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード