萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

ギャル

僕をイジメてた女子と[前編]

こんにちは、僕は今25歳の男です。 これは学生時代にあった話です。 僕は小学校の時からイジメにあっていました。 最初の理由は鼻がでかいので『外人』と言われてからかわれました。 そしてさらに僕は身長が小さいので、“外人のくせにチビ”という理不尽な理由でイジ

俺の姉ちゃん・第2話「ギャル編」

俺の姉貴は結構なギャルだった。 今は普通のOLのふりをしてるが、まだギャル気分が抜けてないところがある。 中学、高校と超ミニでいつもパンツが見えていた。 両親も俺も、「パンツが見えてるよ」と注意はするのだが、全然おかまいなしだった。 そんな感じだったので

告白してきたちょいポチャOLに会社で中出し

都内で営業の仕事をしている28歳の男です。 僕の会社は結構デカくて、社員が1000人を超えています。 僕は自慢じゃ無いんですけどモテる方なんで、社内だけでも5人の女を喰いました。 でも、社員数が多いので、ちょっとしか噂にならなくて、非常に助かってます。

どこに出しても恥ずかしくない変態女

これは社会人1年目か2年目の事。 興味本位で始めてみた出会い系で、『K代』という女が引っかかった。 最初は割り切りでやったが、具合がよかったので、「次も頼むわ」と言うと、2回目には格安価格でハメる事ができた。 色んな体位でハメ倒してやったのがよかったのか

我慢できなくなってパシリに舐めさせた

高校2年生の時の話。 当時は田舎のギャルといった感じでやりたい放題してました。 毎日学校帰りに、仲の良い友達数人とファミレスで騒ぐ毎日。 多い時には十数人で騒いでたから、お店側はとても迷惑してたと思います。 その頃は自分から「私は明るいビッチ!」とか言っ

異常にフレンドリーな嫁の家族

嫁の実家は、結婚前からやたらオープンというかフレンドリーだった。 付き合って初めて家に遊びに行ったら、初対面の嫁母が親しさ全開の笑顔で・・・。 「嫁ちゃんの彼氏さん?待ってたのよ~。うちでご飯食べてらっしゃい」 嫁も「食べてってよ!」と言うし、断るのもア

ニューハーフにハマりそうでヤバい

ニューハーフへルスに行って来たけど悪くなかった。 ガチでかいチンコだった。 HPで吟味の上、電話予約を入れる。 多少高くても良いから性病検査してる店+カワイイ子がいる店を選ぶ。 店に到着。 場所は一般の人には分からないようにマンションの1室。 近くまで来

魔法の“フェラ手コキ”で愚息は夢気分

以前から通っている風俗エステ(回春マッサージ店)で、先日ようやくナンバーワン嬢に当たれたので、レポらしきものを書いてみる。 基本的に風俗に行ったことない人向けに書きますので、専門用語とかは極力無しで。 宣伝とかではないし、お気に入りの子を特定されたら困る

LV.99!人妻ヘルス嬢の“神フェラ”

俺は人妻が好きだ。 『好きなエロゲーは?』と聞かれれば、『妻しぼり』と答えるくらい人妻が好きだ。 NTRとか、どうしようもないくらい大好きだ。 かといって現実に不倫したりNTR度胸も顔面も持っていない。 そうなると必然的に、現実(=3次元)でそういうこと

情けない初体験

あれは高1の6月でした。 1つ上の彼女ができた俺は、初めて彼女とホテルに泊まりました。 この彼女ってのは中学が同じ先輩。 今だから笑い話になってるけど、かなりのヤンキー女でした。 『エリ(仮名)』との初接触は中2の時。 地元の小さな個人塾に通っていたんだ

M性感店で俺は宇宙を見た

有給休暇を取得して、ネットで目星をつけておいた店に出向いた。 受付のおっさんはとても親切で、表の業界でもやっていけるんじゃないかと思わせる接客態度。 だが、「早くて二時間待ち」と伝えられた。 パネルを見せてもらうが、今案内できるのは二人しかいない。 その

試着室に隠された秘密

小さな古着屋を経営する友人から、「知人の結婚式があるから、店番アルバイトしない?」と声を掛けられ、3連休の予定もなかった為、引き受ける事にしました。 簡単な衣服の畳み方とレジ入力を教わっただけで、一人で店番です。 まぁ小さな古着屋ですから、頻繁にお客さん

女友達に「いっぱいいじめて欲しいの」と頼まれて

はじめまして。 27歳の会社員ですが、大学生の頃の友達のエミとの事を書いてみようと思います。 相手は165cmほどの身長で、人目を引くような美女というよりもギャル系の服装でエロい雰囲気の女性です。 芸能人で言うと、柴崎コウさんに似てます。 同じサークルと

18歳のギャルママがエロ過ぎて中出し

今から4年前の話。 当時俺は、とあるガソリンスタンドの社員として働いていた。 バイトの面接でやってきたMは俗に言うギャルで、胸は小さいが足がとてもキレイだった。 無類のギャル好きで脚フェチの俺にはどストライクだった。 まあ結婚してて子持ちだって聞いてたか

女顔に生まれたばっかりに[後編]

さとみさんは、研修で忙しい毎日だったけど、どんどん綺麗になっていった。 中◯さんのアドバイスで、メイクしたり、髪型を変えたり、コンタクトにしたからだ。 何となく、中◯さんがさとみさんを変えていくようで少し複雑だったけど、「ねぇ、変じゃないかなぁ?なんか、

露出多めな元ギャルの教育係になった

俺の働いている会社にある女性が入社してきた。 彼女の名前はK。 芸能人でいうと今井華に似ている。 元ギャルという感じが強い。 胸のサイズはDカップでスタイルは普通にいい感じ。 5年交際している彼氏あり。 彼女は中途採用で、たまたま同い年ということもあり、

俺の最強カリと女子高生のピンクの蕾[後編]

俺はみすずちゃんとのエッチが忘れられなくて、センズリを覚えたての中学生みたいに毎日毎日自分で抜きまくっていた。 毎年恒例になっている、ダチと行くナンパ目的の祭りで、ホテルに連れ込んだ浴衣のギャル2人に悶々とした想いをぶつけ、デカカリチンポでメッタ突きして

完璧な妻・・・のはずだった[第4話(終)]

潮を吹くまで感じさせて、中出しをして、お掃除フェラまでさせる。 本当に最高の嫁だと思う。 でも、あの動画のことを考えると、言いようがないほどの嫉妬と興奮が私を包む。 お掃除フェラをする恵里菜を見て、こう言うことを仕込んだのはあのヤクザ達だと思うと、嫉妬と

完璧な妻・・・のはずだった[第3話]

とんでもなくひどい過去を持っていた恵里菜。 だけど、今の恵里菜は非の打ち所のない、完璧な嫁だ。 そして、完璧な母親でもある。 昔のことは関係ない。 そう言いたい自分もいるが、見てしまったあの動画は酷すぎた。 あんな狂った姿を見せられて、それを見なかったこ

完璧な妻・・・のはずだった[第2話]

一人になると、またさっきの良くない想像が沸き起こり、不安な気持ちになってしまった。 と、こんな事を数週間繰り返し、結局調べることにした。 探偵事務所に行くことになるなんて想像もしていなかったが、担当してくれた探偵さんは、まだ若くて30前だった。 だけど、
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード