萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

ストッキング

義姉の下着を拝借して

兄が義姉と結婚して年。茨城の田舎で実家の敷地内に新居を新築して両親とは別に住んでいます。兄や義姉からも明も部屋やるから住まないかと言われて同居しています。 義姉は兄よりつ年上です。 僕とはつ年上。 兄は都内まで通う商社マン。義姉はカ〇〇ウ化粧品の社員でマネ

歓迎会の後…、

私は彼の熱い精を胎内に浴びていました。私は彼の匂いに酔っていると彼も私の臭い匂いに酔っていました。 同じ趣味を持ち週末は激しく交わっていました。 そんなある日、私は課長からがあり彰君に内緒で会いました。 数日前からガータレスの薄手の黒いストッキングを履いて

歓迎会の後…、

『あっん、いやぁん、だめぇああっ、イッちゃう、あっん、いやぁん、厭らしい』私は痙攣しながら彼の蒸れた汗臭い強い匂いにイッてしまいました。 彰君は『こんなに厭らしいなんて…、補佐のオマンコ、に撮らせて下さいよ、今度、したくなったら見ながらしますから…、』 私

車の中

子供が寝る前に明日の学校でいるって言うから、店が閉まる夜の時に間に合 うように何とか買い物を済ませました。 店の電気も消えて、駐車場も真っ暗でした。 ドアを開けたとき、後ろから押されて何がおきたのかわかりませんでした。 押し込まれて後ろの座席に 誰かが車を発

就活中に

大学卒業して初めての就職活動で毎日スーツ着て面接を受ける日々、履きなれないせいか、パンプスは蒸れるしストッキングの足裏は臭くなるしスーツは動きにくいし嫌になるような毎日でした、さらに追い撃ちをかけるような出来事がこの前、面接前で少し緊張してオシッコに行き

脚にかけられた

脚のモデルしています 今日はお気に入りのミニスカートにベージュパンストで外出したんですが、ちょっとミニ過ぎたかなスカートからパンストの切り替え部分が見え隠れ(*_*) ずっと男性の視線を感じてました そしたら地下鉄からずっと一人の男が私の後ろをつかず離れずついて

私の下着を身に着ける義父…

38歳、主婦です。 寝室にある 私の下着が入った引き出しの中の下着の感じがなんとなく変と感じ始めたのは去年暮れあたりからでした。 ブラジャーやスリップ、パンストのたたみ方や置き方が微妙に違う気がして…。 家には 男は旦那と中学生の息子、旦那側の父、母と私の五人

甘かった…最悪

料理長からミーティングやるから残るようにと 月初めに言われました。毎月あるわけではないんですが… いつものように全てのホールの仕事を片付け ロッカールームに行こうとした時… 今思えばおかしいとは思ったんです。。 新人のアルバイトの子と私の1つ上の先輩ふたりが

飲み過ぎちゃて公園で

少し酔いをさましてから、タクシーに乗ろうと思い公園のベンチで休んでたら男に話し掛けられ、酔ってたからか話してたら、マッサージの勉強してるからちょっとしますかみたいになっちゃて最初は肩を揉み②されてから、ちょっと場所を移動しました(陰になる方) ふくらはぎを

後日談・・・

この前の新幹線の中ですが、退職するときに真相を教えられました。 主任さんが隣も含めて席分の指定席押さえてて、アイマスクされた後に 私の隣に、他人のフリして座ってたそうです。 当然、下着は持って帰ったとのことでした。 何故わかったかというと、あの日から半年くら

ヒロシマから・・・

寒いですね あの時もこんな感じの季節でした。 試験会場から広島駅は路面電車で移動しました。 新幹線に乗る前に、駅の中の売店でお土産を買いました。 主任さんも別行動ですが、何か買っている様子です。 主任さんが買った切符をそれぞれ持ちました。席は二人掛けで、隣じ

面接の試験官で

まず会場に着くなり、下着を全部脱がされ、上はブラウスとベスト、下はス カートとパンストだけにされました。生まれて始めての感触ですが、ちょっ と変でした。 脱いだモノと、バッグから昨日の下着とパンストも取り上げられ、試験官の 机の下に置かれました。 試験が始ま

私が20の時

私は高校を卒業して専門学校に通い20の時に地元の会社に勤めました。 社員は25人くらいいましたが、日中は事務職の私を入れて人です。 それはたまたま他の職員がいなく、私と社長だけの日があった時です。 みんな直帰の日で私は仕事をしながらたまに社長と雑談をしていまし

真っ昼間の会社で中出ししたがる会社の上司

私の彼氏は33歳で会社の上司です。 会社では厳しい主任さんなんですが、ベッドではただのエロ親爺です(苦笑) 彼氏ってば中出しが大好き・・・。 というか、「中に出してこそセックス!!」という人でして、「費用は持つからピルを飲め!」と言われまして・・・、セッ

痴漢されて火照る私と痴漢されている妻に興奮する夫

私が住んでいる所は地方の田舎町です。 その小さな町で秋に行われる祭りがあります。 神社の境内では、年に一度の豊作を感謝し神にお祈りし、神楽と言う踊りが披露されるんです。 境内から延びる道には出店も多く出店し、多くの人で賑わいます。 今年も私は、夫と7歳に

愛するストッキングと毎日セックス

俺は来年で30歳になるんだけど、この歳になってもまだ童貞で、素人はもちろん風俗の経験もないんです。 しかし、一方で性欲は人並みに・・・もしかしら人並み以上にあると思います。 小学校5年生でオナニーを覚えてから今までにオナニーを欠かした日はほとんどありませ

泥酔女とラブホに行ったらエッチが良すぎて3発も!

終電で帰った夜のこと。 ホームの自販機で水を買って改札に向かう途中のベンチに、ぐったりとした女の子。 なんだか怪しいおっさんがしきりに、「大丈夫?どこまで帰るの?」みたいな事を言ってるので、「あの・・・連れが何か?」とカマかけてみたら、「いや、その、あ、

エッチなニ人羽織

46歳の主婦です。 今年の春の事でした。 パート先の仲間とその友達10名で飲み会を行うことになりました。 会場の店に行くと、座敷が予約されていて、男性5名、女性5名で飲み会が始まりました。 お酒も入り、少しエッチな話題も入り始めた頃、誰が言い出したか覚え

痴漢少年サルの生態観察録[前編]

僕は都内の会社に勤めるサラリーマンです。 僕が出会ったある小学生の少年について書きたいと思います。 その少年に初めて会ったのは、僕がいつも帰る電車のホームでした。 おそらく塾の帰りのでしょうか。 勉強用のかばんを持ってホームのベンチに腰掛け、プラプラと足

先輩OLの伝線したストッキング

私は大卒5年目のサラリーマンです。 昔から足フェチで、ストッキングやハイヒールなど足に関する事で興奮していました。 そんな私の日課は2歳年上29歳の麻衣さんの足を眺めて記憶に留め、夜、家で足フェチDVDを見ながら麻衣さんを想像してオナニーする事でした。
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード