萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

スーツ

車内でいきなりオナニーし始めたド痴女な女上司

女上司と一緒に行った打ち合わせの帰り道。 車で山越え中のどうしようもないタイミングで、女上司の尿意が限界に。 仕方がないので舗装していない林道に車を突っ込み、奥で用を足させる。 ソッチ系の趣味はないので車で待っていると、女上司の悲鳴が聞こえた。 駆けつけ

友達の巨乳ママがしてくれた授乳手コキ[後編]

ひとみさんとの関係は、今でも続いています。 ですが、関係を続けていくにあたり、ひとみさんから僕に出された条件が3つありました。 1.ひとみさんの母乳が出る間だけ。 2.SEXは絶対ダメで、射精する時は手コキだけ。 3.ひとみさんの前では、僕はひとみさんの

淫乱エロビッチOL・さおり

俺は某メーカーに勤めている。 そこで出会った女が、まじでエロかった。 高田さおり(仮名)の話。 そいつは同期で、地味だけど性格も良くて、みんなに一目置かれてた。 特別美人じゃないけど、170cm近いモデルみたいな身長で、胸は小さいけどスタイル抜群で、同期

伝線して捨てられていた娘のパンスト

私は40代の男性です。 物心ついた頃から女性の脚に興味を持ち、特に中学生の頃から女性が穿くパンティーストッキングにとても惹かれるようになりました。 いわゆる“パンストフェチ”と言われる人種です。 中学2年の頃から、姉のパンストをこっそり穿いたり、姉が伝線

早漏の僕にキツいお仕置きをする恐妻

僕は25歳、慎二といいます。 半年前に1年間のお付き合いを経て、妻あゆみと結婚しました。 妻は、37歳と一回り年上で、僕が営業で困っている時に、同じ会社の方を紹介してくれたりして、すごくお世話になっていました。 そして、付き合い始めて半年が経った頃に、あ

記憶にない添付画像

皆さんこんにちは、博多の久美子です。 出張先での出来事でした。 社の接待の席に参加したのですが、その夜は酔って自分を見失ってしまいました。 今日はその失態を書き込みたいと思います。 先方との契約を済ませて緊張の糸が切れたのか、連日の疲労のせいかは判りませ

妻が研修で家を留守にした時、女課長に変態調教にされた

私は35歳になる会社員(哲也)で、係長をしています。 半年前に同じ社内の26歳になる香織と結婚しました。 香織はまだ若いので、そのまま会社に残り仕事を続けています。 私の部署の課長は39歳になる女性で、久美子といいます。 うちの会社で唯一の女性での課長職

スマホの閲覧履歴で妻が露出好きと知って

1年程前、ガラケーからスマホに切り替えました。 娘がスマホだった事もあり、何かと「パパとの連絡、メールだから面倒・・・今はLINEで簡単なのに」と言われる始末。 確かにLINEを覚えるとEメールは面倒に感じます。 そんな中、娘が私立中学に進学する事に決ま

マリッジブルーの先輩OLに尻射、ゴックン、生中出し!

同じ会社にいる智子先輩が婚約中だった時の話です。 智子先輩は仕事は厳しく、でもプライベートでは気さくで男っぽいところもあり、性格もざっくばらんとして好きでした。 いわゆるマリッジブルーに智子先輩はなっていました。 先輩「結婚の準備は大変だし、彼も私もマリ

酔ったキツめの女上司を家に送ったら急に甘えてきた

俺は中途採用だから、会社の女上司といえども11歳も年下。 やはりこの会社に10年務めるだけあって、確かに仕事はできる。 でもこの女上司、すこぶる嫌われており、俺も嫌いだった。 とにかくいちいち細かいし、言い方もきつい。 さらにバツ2の子持ち。 結婚は2度

無理目と思ってた美人女子大生がドMのエロ女だった

場所は都内某所の学習塾。 そこで講師として働き始めて3年目の春、悠子(仮)がアルバイトとして入ってきた。 悠子は当時、大学2年生。 系列の別の校舎で働いていたんだけど、彼女の引っ越しの都合で、こちらに移籍してきた。 麹町界隈の有名女子大生で、アルバイトと

ウブな若妻を寝取って処女フェラをいただいた[後編]

我慢の限界だった。 俺は彼女のベッドに近づいた。 「じゃあ話はやめて、もう寝よう」 「こっちに来ちゃあ、ますます眠れなくなるでしょ」と愛子さんが笑う。 「こうした方が、眠れるんだよ」 俺はブランケットを捲って彼女の隣に滑りこんだ。 柔らかな肉体が俺の体に

寝取られても流され続ける俺の人生[後編]

結局、美穂は俺のいない時に彼氏を連れてきて杏子さんに紹介したようだ。 たぶん、俺のいない時というのは美穂の意向だろう。 杏子さんは俺だけ阻害するような事はしない人だが、そこは娘の意見を尊重したんだろう。 俺もそっちのが気が楽だ。 そうこうしているうちに一

夜勤中の私をメロメロにしたネガネ男のキステク

某ビジネスホテルチェーンの一応正社員でした。 とはいえ総合職ではないので給料はたいしたことない。 でもボーナスも出るし、悪くなかったと思います。 4月の研修を終えて配属されたのは、とある地方都市でした。 ホテルというのは基本的に3交代制で、早番・遅番・夜

満員電車でお尻の穴に指2本は勘弁して

この日は、新人さんとか異動してきた人とかの歓迎会がありまして、いつもより遅い電車に乗っていました。 フツーの曜日なら、こんな時間帯はそんなに混まないんですが、週末とあってか朝ラッシュ並みのギュウギュウさ。 そしたら! 期待通りに会えました。 混んだ電車恒

衝撃的な妻の願い[前編]

結婚して18年、本当にあっと言う間だった。 嫁の亜衣とは、まだ18歳で短大に入学したばかりの彼女を妊娠させてしまったことで結婚に至った。 当時26歳だった私は、その時すでに父が興した会社の社長だった。 父と母を事故で亡くしたことによりそうなったのだが、そ

アソコが二段階変形する高校生のゴンちゃん

電車は今日も混んでた。 人がびっしり詰まって、臭いと熱気がものすごい。 駅の階段から駆け込み乗車したので、あたしが今乗ってるの弱冷房車だし。 次の駅で普通の冷房車両に乗り換えようかと思ってたけど、その駅に着いたら更に人がドカドカ乗りこんできて、あたしはむ

宴会のコンパニオンをしていた時の恥ずかしい思い出

3年前、宴会のコンパニオンをしていました。 宴会の団体客のお酒の相手です。 服装はちょっとぴったり目のスーツでした。 15人ほどの団体様で、コンパニオンは5人で行くことになっていました。 でもその日は、女の子が集まらなかったらしく、ランジェリー部門の女の

思い焦がれた同期一の美女の貧乳

その女、由紀に出会ったのは某アパレル企業の入社式だった。 同期100人程が一堂に会した室内で、由紀が立ちあがって自己紹介した時、隣に座る貞森から「おぉ~」という歓声が聞こえた。 貞森は慌てて自分の口を押さえて真っ赤になっていたが、気持ちは俺も同じだった。

厳しい女上司が必死でしゃぶってくれてる姿に興奮

新人の頃に同じ支店の女性主任としたことがある。 入社7年目に同期トップで主任になった仕事のできる人で、俺の教育係だった。 顔が小さくてすらっとしてて、昔の小泉今日子みたいな感じ。 うちの会社は東京近郊に二つ社員寮があったが、俺と主任の小山さんは同じ寮。
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード