萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

セーター

切ない口止め

高校の時。 教育実習で来た先生との思い出。 その先生は決して美人ではないけど、地味可愛い(?)色白の人で、何より巨乳だった。 当然、男子生徒の間ではその話でもちきり。 単純な俺も、すぐにほのかな恋心を抱いた。 ある休日、地元を自転車で走っているとき、町に

女1対男3で王様ゲーム

17歳、高校生の時、定時制の高校に行っていて、終わった後に飲食店で朝方までアルバイト、という、昼夜が逆転した生活をしていました。 (深夜のアルバイトなので、18歳と誤魔化してました) バイト先の人はみんな仲良しで、系列店が近くにあり、そちらのスタッフとも

罰で輪姦されたT美

俺が高坊だったころ、チームの先輩達に誘われて、溜まり場の廃ビルの地下1Fにある元事務所らしき部屋に行った。 そこには、付き合いのある別のチーム(女)のメンバーがいた。 なにが始まるのか先輩に聞いたが、面白いことが始まるとだけしか教えてくれなかった。 その

みよちゃんママのおっぱい

幼い頃の僕は両親がいなく、寂しいものでした。 隣に越してきた親子に当時4歳のみよちゃんがいて、僕の友達として遊んだことを思い出す。 思い出すのはこの事ではなく、みよちゃんのママのことを最近よく思い出す。 僕は今20歳となり、社会人として勤めている。 当時

同級生のトモ・後編「最後の思い出」

オレは成人後に地元で就職した。 人づてに聞いたところ、トモは東京で1人暮らしをしているらしかった。 思い切ってトモの実家に電話して彼女のことを聞くと「年末に帰省する」とのことだった。 彼女の親に東京での連絡先を聞いて連絡してみた。 電話口のトモとはあの頃

妻の不倫とPTA会長となった俺の不倫[第3話]

新聞も無事に完成し、今日は運動会。 直子さんは『親子しっぽ取りゲーム』に出場した。 これは、母親たちのお尻部分に付けられた鉢巻きのしっぽを子供たちが取り合うというゲームである。 そこでハプニングが起こた。 ある子供が直子さんのしっぽを取ろうとした弾みでフ

甥のアパートに行くのが日課

子供を幼稚園に送った後、私は甥のアパートへ向かう。 浪人生の甥、守は都内の予備校に通うため上京して一人暮らし。 姉に頼まれて食生活などの世話を見てやっている。 私が嫁ぐまでは実家に一緒に暮らしていて、年齢もあまり変わらないから弟のようで可愛い。 こうして

実家へ帰ってしまった妻の代わりに

僕は27歳で、母は51歳。 僕は結婚してますが、妻との折り合いがつかず、ついに妻は実家へ帰ってしまいました。 それから3ヶ月、妻のことが気にはなるが連絡も取っておらず、でも男なんで性欲はどうにか解消しないといけないので、週に3回くらいマスターベーションを

僕の母子相姦のきっかけ

僕も母と近親相姦の関係を続けている者です。 もう3年になりますが、初めて母とSEXを経験したときから、その快楽の虜になってしまい、狂ったように母の体を弄んできました。 最近、偶然このサイトを見つけて、多くの母子相姦の事例を読み進んでいくうちに、僕らと同じ

二度と俺に逆らえないように

49歳になる妻の母親を、俺の言いなりになる女に仕立て上げました。 自分は妻と結婚して、妻方の実家で義母と一緒に3人で暮らすようになってから、“一度は義母を犯してみたい”という、よからぬ欲望を持っていました。 それがこの間、ちょっとしたことがきっかけで、義

僕は聞きわけがいい息子

27歳の独身会社員です。 仕事の関係上、和歌山で一人暮らしをしていましたが、父が亡くなって5年にもなるので、一人でいる母さんを引き取ることになって、最近、その母さんと近親相姦の関係になってしまって・・・。 初めは罪悪感もありましたが、二度三度と毎日のよう

マゾな私の乳首虐めオナニー

はじめまして。 乳首虐めが止まらない32歳のOLです。 ずっと乳首虐めをしているので、私のマゾ乳首はいつもいやらしく勃起したまま・・・。 ブラはカップのしっかり入った物でないとセーターの上からでも乳首が勃起しているのがわかっちゃいます。 予定の無い日曜日

兄と僕とで母を共有して・・・

僕の家庭は、父を亡くして、僕と兄と母の3人です。 僕は19歳、兄は21歳、母は47歳です。 僕はある日、母の下着でオナニーしているところを見つかってしまい、その時は、ひどく叱られましたが、それをきっかけに母は「兄に内緒なら」という条件をつけて、僕のオナニ

金銭感覚がルーズな人妻の姉貴

去年の話ですが、僕はひとつ上の姉と約一年間、エッチな関係を続けていました。 当時、姉が結婚して二年目の頃で25歳でした。 旦那は出張が多いらしく、専業主婦で実家の近くのマンションに住んでいる姉は、結婚後も頻繁に実家へ帰って来ていました。 そんなある日、姉

どうしてくれよう・・・前編「来週も女房が浮気します」

女房が浮気しやがった。 携帯もほとんど使っていないようだったし、2才になった息子の世話で忙しくて、そんな暇など何処にもないと思っていたのに。 それは俺専用のノートPCが壊れてしまった事から始まった。 久し振りに家のPCを触ったら、何とそこには男とのラブメ

京都・告別式の前夜の出来事

僕の親戚のご主人が、58歳でくも膜下出血で突然亡くなったのです。 普段はあまり交流も少ないのですが、親戚だし僕の父親の亡くなった時に出席してくれたので、今回は出掛けることにしました。 金曜の仕事を終えて5時の新幹線で、京都に入りました。 お通夜は6時から

歓送迎会で同じ課のOLを口説いて

昨日、早々と転勤者の送別会が同じ課の男女8人(男5人・女3人)で、赤坂の焼肉屋で開かれた。 一次会はまぁ普通にお開きになったんだが、二次会のカラオケに女2人と、俺と、もう1人の4人で行ったんだ。 その一緒に行った女2人にちゃんぽんでガンガン酒を飲ませた頃

真の女の喜びを与えてくれてありがとう

後悔してません! 私は20歳で主人(30歳)と結婚し、子供(15歳と13歳)にも手が掛からなくなった5年位前よりパートで働き始めました。 そこに新入社員の彼(21歳)が、私の職場に配属されました。 スポーツマンで礼儀正しく、ハキハキとした態度に好感を持ち

私と堕落しませんか?

某宗教の修行中、俺が勤める所に散策に来てた女性と隠れて付き合ったことがある。 当時、相手は23歳。 洋服の販売員をしていて色白で目が大きくにっこりした笑顔とストレートのロングヘアが上品だった。 ・・・が、しかし、昼は貞淑、夜は売春婦てなくらいスイッチが入

営業先の女性事務員とドライブに出掛けて

俺は大学を卒業して、ある町の支店に配属になりました。 見ず知らずの町での営業で全く成果があがりませんでした。 飛び込みで入ったある小さな工務店には一人女性の事務員さんがいました。 俺の顔を見るなり、「なにか営業に来たの?」とニコリとほほ笑みながら対応して
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード