萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

ビッチ・淫乱

3人の男達にオモチャにされた妻への愛と欲望

妻のクリトリスを摘んで扱いてやると、一心に耽っていたフェラチオの手が緩まり、口が開いて吐息が漏れる。 窓から街路灯の明かりが差し込み、白く柔らかな女体の輪郭が不倫妻の淫らさを見せつけるように妖しくよろめく。 「あなた・・・ごめんなさい。私、寂しさにつけ込

不倫相手に知らない男性とエッチする快感を仕込まれて

彼と知り合ったのは10年程前になります。 同じ職場で、当時はお互いに結婚していました。 最初はお酒好きで意気投合して2人で頻繁に飲みに出掛け、やがて遊園地や映画へ行くようになりました。 次第に仕事が終わった後、エッチをするようになり、最初はノーマルでした

押しに弱い爆乳彼女は、最高級の尻軽ビッチだった

付き合い当初から尻軽女で、ビッチ臭がしてたんだけど、恋人同士になってからも浮気しまくりのリアル精液便器で、複数の奴から孕ませられてもOKな生中出しSEXしまくりとか、ガチ鬱になるw それどこから輪姦されてるところをハメ撮りされたりと、ちょっと頭に異常があ

大家さんが開けた寝室の覗き穴

会社の命令で、私(43歳)は地方の営業所へ転勤が命じられました。 家のローンもあるし・・・初めはそう思ったんですが、短期間(1年半程)という事で了承したんです。 短期間ですので、単身赴任と考えていたんですが、高1の息子が、「母ちゃんも一緒に行ったら」と言

中2の時、大好きな叔父さんに初めてを捧げました

私の初体験は中学2年でした。 相手は、近所に住む単身赴任の40歳の叔父でした。 叔父は父の妹の旦那さんで、40歳には見えないカッコイイ人です。 年に何回か会うととても可愛がってくれて、私の大好きな人でした。 叔父が単身赴任で私の住む街にやってきたのは、私

義父に頼まれて義母を抱いた

この3月で結婚13周年を迎えた、勇二(39歳)、会社員です。 次男坊の私は現在、妻の幸子(35歳)と小学生の子供2人、義母の純子(59歳)、義父の忠志(62歳)の6人で暮らしています。 妻は小柄で童顔、華奢な身体でとても可愛いので、今でも週3~4回は営み

ロリータAVに出演していた妻との別れ、そして再会

由真と出会ったのは俺が25歳の時。 高校生と間違えたら21歳の新入社員だった。 セーラー服なんか着せたら中学生並になるのではないかと言うほどのロリータで、その部署のアイドルだった。 現場が多い俺は、こんなに可愛い子がいたのに半年間全然気が付かなかった。

淫乱エロビッチOL・さおり

俺は某メーカーに勤めている。 そこで出会った女が、まじでエロかった。 高田さおり(仮名)の話。 そいつは同期で、地味だけど性格も良くて、みんなに一目置かれてた。 特別美人じゃないけど、170cm近いモデルみたいな身長で、胸は小さいけどスタイル抜群で、同期

使い込まれた熟女の花弁を愛し続けて

俺はいわゆる熟女好きだ。 初体験が40歳の人妻だったし、大学時代も62歳の飲み屋の女将としたこともあったし、一番若くても28歳のOLだった。 俺の肉棒は全長15cmでそんなにでかいわけじゃないが、おばさまやお姉さん達が口を揃えて言うことには、反り方が大き

11年に渡る不倫の末に気づいた連れ合いへの愛情

初めて浮気したのは俺が35歳、幸恵が32歳で、お互い結婚7年だった。 前年まで同じ職場で、何となく意識したまま俺が先に異動した。 異動して、幸恵を好きな気持ちに気付いた。 幸恵は太っているとまではいかないが、ややムチムチして幼顔で可愛かった。 華奢で清楚

年上女房の連れ子は巨乳で処女の女子高生[前編]

絶対に他人には言えない秘密を暴露します。 4年前、俺は年上の女と結婚しました。 出会いは会社近くの定食屋。 バイトのくせにその店の看板娘みたいな人で、同僚たちも絶賛してた人でした。 年齢を聞くまで25歳ぐらいだと思ってたんだけど、実は34歳で俺より6つも

自慢の姉がヤリマンだとわかった日のこと

これは私が中学生の時の話。 家庭の事情で私は都内のマンションに姉と二人暮らしをしていた。 姉の外見は身長145cmでDカップあり、顔はデビュー当時の中森明菜に似ていて優しくて、私にとって自慢の姉だった。 二人暮らしを始めた年の夏の日、姉がマンションに男を

ヤリマンだった友達の姉とお風呂あがりに

僕の名前はS。 高校を卒業して専門学校に通ってます。 高校時代に起きたエッチな出来事を少しだけ話そうと思います。 高校時代、僕は卓球部だった。 あまり強くはなかったけど、ほどほどに頑張っていたと思う。 卓球部にはT(仮名)という中学の頃から仲が良かった友

親子ほど年の離れた女子大生と過ごした4年間

単身赴任・・・。 愛しい女房子供を故郷に残し、鉄筋コンクリート造5階建てのワンルームマンションに越してきた。 一度故郷に戻り、送別会の後、離任の挨拶をして、赴任先へ来て孤独を味わう事2日、ピンポーン・・・とチャイムが鳴った。 「あの・・・隣に越してきた者

バツイチ美人司書の両穴を思い出の和風宿で堪能

図書室の美人司書は35歳の裕美という女だった。 裕美は、9歳の娘を実家に預けて働くバツイチ4年目だった。 俺は裕美のかつての職場の上司で、バツイチになった裕美に今の職場の口を利いてやった。 この日は、恋女房に先立たれた私に、男日照りの裕美が体を自由にさせ

投稿DVDで全国に破廉恥な縄化粧姿を晒された妻

「ああ・・・こんな姿・・・あの人に見られたら・・・」 肉感的な女体に縄化粧を施した絵里が、振動する物体を両乳首とクリトリスにぶら下げて、片足を大きく上げた姿勢で鴨居に吊るされていた。 クリに吊るされた糸に愛液が滴り、振動で飛沫になっていた。 「ああ~~~

私、臭いオチンチンが大好きな淫乱変態マゾ女です!

私は匂いフェチなんです。 異性(男)の匂いが好きで堪りません! 首筋や脇の下、お尻や足の匂い。 (ココは女性も同じように臭い) 特に私が好きなのは、オス臭を感じるオチンチンの匂いが大好きです! 何日も洗ってない臭いオチンチンの匂いを嗅いだけで、絶頂を迎え

テレクラで知り合った男に妻を抱かせた

私は54歳、妻の真知子は41歳で、いわゆる年の差夫婦です。 子供は小3と小4の二人です。 妻は私以外の男を知らず、清楚で大人しい性格でしたが、昨年、思い切って私の願望(妻をもっと淫乱な女にしたい)を打ち明けたところ理解してくれ、セックスに玩具(バイブ)を

他人のM奴隷と初めてのアナルセックス

取引先の年上の男性に、「今度、私のM女をご紹介しますよ」と言われた時には冗談だと思っていた。 ある日、打ち合わせの後の食事に行くと、上品で美しい女性が同席しており、奥さんかと思ったら、「私のM奴隷の麻衣です」と紹介された。 食事の後、ホテルの一室に三人だ

援交しまくってた私が選んだのは地方公務員の夫

結婚8年目の私の夫は38歳、地方公務員です。 私は30歳で専業主婦をさせてもらっています。 子供は2人います。 嫌われるのを覚悟で正直に書き込みます。 自慢するようですが、私は昔からかなりモテまして、最近はよく比嘉愛未さんに似てると言われてます。 私は、
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード