萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

ホテル

高慢な女の上司(14)

ふいに、彼女がふっと目をとじました。 閉じた目じりから涙があふれます。 そして、搾り出すように言いました。 「わかったわ、好きにして。 だからもう部屋にいれて」 僕の胸に安堵の波が広がりますが、彼女は気づかないようでした。 「本当に奴隷になるんだな」 僕は念

高慢な女の上司(12)

精神的に消化されているような感じでした。 次から次へと繰り出される責めに、泣きながらプライドが砕けていくリーダーの姿を楽しみにしている僕にとっては、 一瞬一瞬はプライドを砕いたような感じで満足に浸るのですが、彼女の立ち直りの早さはなんとも忌々しいことでした

高慢な女の上司(11)

おっぱいを揉んでやると「あふん」という感じで、まだまだ性感の余韻は残っているようです。 普段の颯爽としたリーダーからは想像できない、あまりの乱れっぷりに、我を忘れて、体をあわせてしまった 僕でしたが、少し冷静さをここでとりもどしていました。 まだまだリーダ

高慢な女の上司(6)

その元凶というか、その全ての原因とさえもいえるのは紛れもなく、今、呆けた顔で横たわっているこの女です。 僕たちの価値観をまったく認めないばかりでなく、自分の成績だけのために、 こなしきれないことが判りきっている仕事量さえを要求する女上司。 Mや私だけでなく

高慢な女の上司(3)

やっぱり、Mのいうとおり格好つけずに、やっておくんだったかな・・・ もしかしたら、やらなかったことを一生後悔するのかな。 終業時間が近づいてきていました。 もちろん普段なら、それから4時間以上は残業で残るところです、仕事も実際には溜まっていました。 それでも

誰も信じられない

・・・もう誰も信じられません。自分すらも・・・。 数年来の友人と夜通し飲み明かす約束で出かけたものの友人が急に具合が悪くて来れなくなり、私は家に帰りました。 すぐには家に入らず私は庭のベンチに腰かけました。 庭作りが好きな私達家族で丹精込めて作りあげた庭で

新聞部

先月の中頃の話です。私は中学の頃から援○交際をしていました。 出会いサイトで知り合った男と多い時で月2?3回はウリをしてたんです。 やめよう、やめようと思いつつも、ほんの少し我慢すれば大金が入ってくるのでやめられず、高校入学後も続けていました。 ある日のこ

10人で輪姦

ビデオを見せてもらった。感想を書けと言われたから書いてみた。 ビデオは途切れ途切れだから、思い出しながら書いた。 だから、ところどころ実際と違ってるかもしれないけど、気持ちとしてはこんな感じ。 来た人はみんなシャワーを浴びたはずなのに、部屋の中はむわーっと

ひどい上司

26歳の会社員です。私は,結婚していて夫がいます。 でも,いつも,男の人たちは,私が結婚していることを知っていて誘おうとします。 「人妻」というのは,一つのブランドなのですか?男の人たちは,若い子が好きだと思っていましたが,「人妻」というのは後腐れなく遊べ

年下の同僚を…

年下の同僚を…投稿者:アイコ投稿日:5月15日(日) 16時46分43秒ほぼ同時期に入社した5歳年下の男の子・K君は、初めての就職で、未経験なことばかりのため、私が指導役で、仕事を教えることに。 その彼はマジメなため「早く仕事を覚えたい」と、二人で残業になることもた

母校の乱交パーティ(2)

俺は腕を組みながら外へ出て歩き出した。 ちなみに、支払いは男が全て出すのがサークルのルールだった。 この日も先輩が一番多く出した。 「どこ行くの?」 「気持ち悪い」 ふらふらな女の子を連れて俺はホテルを真っ直ぐ目指した。 先輩はたいてい女の子を自分のマンシ

妻とおじさん

妻(ひとみ、51才)若い頃は、隣の県で働いていて、寮生活をしていました。 休みで帰る時は電車か、私が車で迎えに行っていました。 ある金曜日に、明日帰るからと、電話がありまして、 私もたまたま翌日、翌々日と連休でした。 私は、たまには電車で迎えに行き、話しでもし

怖いけど最高

出張で東京に行ったんだが、怖い思いをしたがすばらしいことが二つあったよ。 痴漢は俺は下手です、ですが昨日は最高だった。 まず六日前に大学生らしき女の子に痴漢したんですが「警察連れて行かれたいのか!」とものすごい怖い声で睨んできました。 正直もう東京ではしな

ほとんど毎日

東仙台に住んでいる18歳です。今年高校を卒業しました。 今年から東京にいくので、もう乗ることもないと思うので告白します。 通学していた東北本線で毎日、同じ人に痴漢されてました。 高2の夏から、今年の1月までほとんど毎日・・ 30歳ぐらいの人で、いつもは7

逝っちゃったの

今から遡る事、6年前。 まだ、初々しい社会人だった頃の事です。 小学生の頃から、痴漢にはしょっちゅうお会いしてたあたしなんですが。 今からお話する痴漢には、ホント毎日のように襲われてました。 電車の車両を変えても、乗る時間を変えても何故か、数日のうちに発

電車の楽しみ

私は埼京線で武蔵浦和から新宿まで通勤してるOLです 痴漢にはほぼ毎日逢いますが、最近では半分楽しみになっていました さすがに精液で洋服を汚されたり、あまりにも不潔そうな人とかは嫌ですが、そこそこ普通の人で、上手な人なら、最近は楽しめるようになってました 

痴女が彼女になった話

金曜日の21?22時ごろだったと思うんだが、 いつものように新宿から帰宅の電車に乗ったんだよ。 まぁ当然ながら電車はめちゃくちゃ混んでるわけで、 周りと密着型してたんだよ んで発車してしばらくしたら揺れるポイントがあるんだけど、 そこで揺れたあと、俺のズボンの股

手慣れた奴

チャットのオフ会での出来事です。 たくさんいるチャットの仲間同士の中でも、特別話が合う男性(以後A)がいたんです。 顔はオフの時まで知らなかったのですが、けっこうハンサムで何か色っぽい。 ちょっと嬉しくなってしまいました。まあ、みんなとそこそこに会話もはずみ

制服プレー

高校一年の冬(5年前)に童貞を捨てた時の体験である。 私にはクラスの中に好きな子(真美)がいて、誰もいない教室に忍び込み真美の机の中から生徒手帳を盗み、自宅のパソコンに生徒手帳の顔写真をスキャナーで取り込み、取り組んだ画像とインターネットで拾った無修正の

レイプ願望

家の近所に大きい公園があった。 「C県民の森」大半が雑木林。その中にアスレチック施設やバーベキュー場。とにかく大きい公園だった。 周辺の小学校の遠足の目的地になったりする、地元ではチョット有名な公園。 ただ、夜になると様相が変わり、大人には「近づかないよう
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード