萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

メガネ

痴漢誘発プレイ

当時、俺と彼女のお気に入りはこんなかんじ。 彼女にミニスカ履かせて、古本屋系の店で一人立ち読みさせる。適度に人がいたほうがいいんだけど、まったくいないのも困る。 ポツンと座り読みしてる若者がいたりすれば絶好のターゲットだ。 彼女一人でそのターゲットの近く

死ぬ前に一発

あれはある夏に入る前の時期の事でした。 幼いときから近眼で眼鏡をかけており、23で髪の毛は薄くなっている。 そんな自分が毎日いやでいや仕方がありませんでした。 (どうして自分だけがこうなのか?) (どうして自分だけは取り柄がなにもないのか?) 僕はそんな自分

ハリケンブルー痴漢(1)

その日も、ターミナル駅は混雑していた。 スーツ姿のサラリーマンに杖をついたお年寄り、 ヘッドフォンからシャカシャカと雑音を振り撒いている若者。 ちょうどラッシュの時間帯にぶつかったらしく、構内の通路は たくさんの人、人、人で溢れ、それぞれ忙しげに先を急いで

絶頂実験(1)

どこの街にもある小公園で、夏休みに催されるラジオ体操へ参加する少女達を物色するための早起きが続いていた。 まだ4年生の女の子が絶頂感に達するのにはどう導けばいいのか結論を得られていない俺はこのところ焦って、毎日のように少女狩りに出かけていたのだ。 寝不足

彼女同意のもとで…

オレの名前はユウスケ。 オレの彼女はナオという名前だ。 28歳で身長は156センチ、体型はスレンダーというわけでもなく、ぽっちゃりでもない。 ただ、スタイルは良い方だと思う。 くびれがあってエッチな体つきだと思う。 付き合いだして3年になるんだが、いまだにひっかか

女子マネ輪姦

去年入部した女子マネージャーを夏合宿で輪姦して, もう一年になるんか. 田舎から出てきた娘さんで,高校のころは生徒会の役員も やってたそうで,眼鏡が良く似合う,知的な美女だった. その女,なに考えてんのか,高校時代の制服を田舎から持ってきてることが判明.

高慢な女の上司(15)

僕は鏡を指差して言います。 「この方がずっと女らしくて、素的じゃないか、なんでいつもこうしていないんだ?」 正直な感想でした。 いつものキャリアな雰囲気とは違う、鏡に映る姿に、はじめて少しだけ良心がチクリと痛みました。 「うん、メガネをはずしてるとよく見えな

高慢な女の上司(14)

ふいに、彼女がふっと目をとじました。 閉じた目じりから涙があふれます。 そして、搾り出すように言いました。 「わかったわ、好きにして。 だからもう部屋にいれて」 僕の胸に安堵の波が広がりますが、彼女は気づかないようでした。 「本当に奴隷になるんだな」 僕は念

高慢な女の上司(13)

「まさか・・・って、ああ、もちろん、サービスの方に部屋の中まで運んでもらいますよ」 「よかったですね、ご開帳です。やっとその姿になった甲斐があるというもんですよ」 「驚くだろうなボーイさん、それとも喜ぶかな?、チェックアウトの頃にはホテル従業員全員の噂にな

高慢な女の上司(11)

おっぱいを揉んでやると「あふん」という感じで、まだまだ性感の余韻は残っているようです。 普段の颯爽としたリーダーからは想像できない、あまりの乱れっぷりに、我を忘れて、体をあわせてしまった 僕でしたが、少し冷静さをここでとりもどしていました。 まだまだリーダ

高慢な女の上司(8)

「見てもらいたいんだろ」 「・・・・見てほしいです」 口にしながらも屈辱感で肩が震えます。 「でも女性のスカートをまくってパンツ丸出しにするんだから、ちゃんと頼まれないとできないな、 お願いしますと頼まれれば別だけど」 A4の紙をヒラヒラもてあそびながら、屈

高慢な女の上司(7)

最後にふっと視線を外すようにしてSさんが言いました。 まだ怒りを含んだ吐き捨てるような口調でした。 「本当に最低ね」 「わかったわよ、どうしてほしいの」 「どうせそんな(ネットに流す)勇気なんてないと思うけど、今日はあんたのいうこときいてあげるよ」 思ったと

高慢な女の上司(6)

その元凶というか、その全ての原因とさえもいえるのは紛れもなく、今、呆けた顔で横たわっているこの女です。 僕たちの価値観をまったく認めないばかりでなく、自分の成績だけのために、 こなしきれないことが判りきっている仕事量さえを要求する女上司。 Mや私だけでなく

高慢な女の上司(5)

「今日、お前の女の全ては私の思うままにさせてもらうぞ」という僕なりの意志表示です。 残念ながら、僕の期待に反して指の腹に感じる彼女の女性器の息遣いには、まだ湿り気は感じられないようでした。 その女の部分は後の楽しみにすることにして、すぐに手を離し、今度は膝

高慢な女の上司(4)

口止めのために屈辱に心で泣きながら体を許すリーダーでなくては、僕の彼女に対する嫌悪感と征服感の糧にはなりません。 それなのに、彼女の積極的な舌使いは、口止めのついでに自らも快楽をむさぼろうというような楽しげな嗜好がみてとれるのです。 なんとも思っていない男

高慢な女の上司(3)

やっぱり、Mのいうとおり格好つけずに、やっておくんだったかな・・・ もしかしたら、やらなかったことを一生後悔するのかな。 終業時間が近づいてきていました。 もちろん普段なら、それから4時間以上は残業で残るところです、仕事も実際には溜まっていました。 それでも

高慢な女の上司(2)

どうやら他の社員にあまり会いたくないので応接室で待っていたようです。 こんな早朝に応接室を使うものはほかにはいません。 人気のない通路を通り、一番奥の応接室のドアを開けようとすると中から鍵がかかっています。 「おう、今あけるよ」なかからMの声がしてドアがあき

高慢な女の上司(1)

前の会社をやめた僕は、契約社員ではありますが、けっこう有名な通信機器関係の会社に転職することができて喜んでいました。 しかも紹介された直属の上司であるグループリーダーのSさんは、僕より5歳くらい上だと思いますが30代前半くらいで、はやりの細いメガネをかけたい

合宿で輪姦

もう5年前の話です。僕が大学4年、彼女のまみは違う大学(N女子大学)の2年生でした。 まみとは提携サークルで知り合いました。 まみはサークルに入った時には18才。誰から見ても若若しく、美しい女でした。 今で強いて言えば、吉岡美穂タイプ(違うといえば違うけど

妻とおじさん

妻(ひとみ、51才)若い頃は、隣の県で働いていて、寮生活をしていました。 休みで帰る時は電車か、私が車で迎えに行っていました。 ある金曜日に、明日帰るからと、電話がありまして、 私もたまたま翌日、翌々日と連休でした。 私は、たまには電車で迎えに行き、話しでもし
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード