萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

人妻

兄嫁を友人達と輪姦

兄の嫁さんの麻美さんは、物凄く色っぽい。 色っぽいといっても、杉本彩のように自らフェロモンを醸し出すタイプでは なく、自然と感じる色っぽさ。 本人はどれだけ自分がフェロモンを発しているか全く分かっておらず、系で いうと、安めぐみのような感じの癒し系だが、細

輪姦される母(2)

「よし、次は俺」 二人目が、母さんに挿入した。 母さんはイッたばかりで息も荒かったが、男達はそんな事お構い無しだ。 母さんにとってはここからが本当の悪夢なのだから。 二人目の男は膣内に出した。 「おいおい、中出しあんまりすんなよな。まだ他にも残ってんだからよ

輪姦される母(1)

僕は母を輪姦した。いや、性格には輪姦させた。 別に母に不満があったわけではない。 ただ、母を輪姦したらどうなるだろうと思い、 「僕の母を輪姦してみませんか?輪姦したい人募集」 という広告をネットの掲示板に出した。 するとどうだ、早速食いついてきた奴がいた。一

強制示談

俺は26歳会社員。 その日、明日休みということで、レンタルビデオでエロDVDを5枚借りて、帰って オナニーする予定でした。 夜の11時くらいの出来事でした。 信号待ちで車を止めていると、ゴンッという音と共に強い衝撃を受けました。 思わず「うおっ!!」と一人で叫んで

親友の義姉

僕には運命共同体と言える親友がいる。ただ、友情には色々な関係がると 思うが、僕等の場合は少し公にする事ができない「真友達」だ。 「真友達」と出会ったのは、僕がバイトをしていたスーパーだった。 バイト仲間で、当時そんなに親しくなかったカズが、日用雑貨の商品棚

暴走族に

41歳の人妻です。 今年の夏に15人の暴走族に獣の様に犯されました! 昼間、高校生の娘と道路歩いていたとき一台の車が近ずいてきました。 茶髪の若者が3人声かけて来たので、無視して娘と早歩きしてその場から逃 げようとした時、2人の男が車から降りてきて私たち2

輪姦された妻

私は、建設会社で工事の請負の仕事をしていますがこの不況で、なかなか採 算がとれません。 そんな時ある工事会社の役員が、いい仕事があるよと3人で家にきました。 私の妻は自分の手料理で3人を一生懸命もてなしました。 妻が他になにか、おつまみつくりましょうかと言

浮気の罰ね

私は専業主婦をしててある時期少し退屈していました。 それに主人は仕事が忙しく、出張も多くて・・・ そんなとき、夜一人で歩いてると男の子に声をかけられ、 以前友達と飲んでた時にも男の子に声をかけられ、 久しぶりに楽しい時間を過ごしたことを思い出しOKしました。

娘の同級生達に

専業主婦をしてる41歳です。 主人は商社に勤務してて、出張やら何やらでなかなかウチにいないので 普段は娘(中学3年)とほとんど二人暮らしのようなもんです。 そんな私が娘の同級生に犯されたんです。 しかも4人で、娘の彼氏も一緒でした。 あれはある夏の一日です。

上司の妻輪姦

上司の奥さん優花(ol時代はヤリマンで有名だった)を同僚の町田と輪姦しました。 優花はゴルフ好きで、車で送迎した男とは帰りに必ずラヴホに行ってヤレたそうで、 実は同僚の町田は上司との結婚前に何度かゴルフ帰りにヤッた事を聞いて知っていた。 また、上司の田辺係長は

ビデオに撮られた母

当時、高校二年だった私は、親友だと信じていた同級生に裏切られ、巧妙な策謀に操られるようにして母を無理やり犯してしまいました。 それは七年前の出来事でした。 ある日を境に、傍目から見ても異様なほど父と母の仲が悪くなりました。 それから一ヵ月後、両親は離婚しま

ハイエナの住む街

私は、33歳になる独身サラリーマン。 今まで、女性にも恵まれずチェリーボーイ。 駅前のベンチで、本を読みながら行き交う女性を物色しながら暇を潰している。 まぁ世言う、気持ち悪い中年男性と言う感じです。 数年前の出来事を書きます。 平日の昼間、私は仕事も休みで駅

彼女同意のもとで…

オレの名前はユウスケ。 オレの彼女はナオという名前だ。 28歳で身長は156センチ、体型はスレンダーというわけでもなく、ぽっちゃりでもない。 ただ、スタイルは良い方だと思う。 くびれがあってエッチな体つきだと思う。 付き合いだして3年になるんだが、いまだにひっかか

人妻と少年達(7)

僕は少しづつ腰を奥様の股間に近づいていく 徐々に・・・僕のペニスが・・・上品で優しい奥様の中に・・・ そして・・・ついに・・・僕と奥様の下半身が・・・一つになった これが女性の内部なんだ この暖かさ この締め付けられるような感覚 口の中とは違った奥様の中の温も

人妻と少年達(6)

「早くこっち来いよーーー 淳!」 断れない。また、顔の痛みが思い出された ベランダから恐る恐る出行く そこには、夢にまで見た奥様が 今 獣の姿をして横たわっている 決して、夢でさえ見ることのできなかった奥様の裸体 それが現実に俺の目の前で全裸の姿で震えている

人妻と少年達(5)

「くそッ、入いらねーーー」 吐き捨てるように言う先輩 先輩が何度か腰を突き出すが浸入できない 「ムカツクーー」 反り立ったまま入れないで居る先輩のペニス 「あれ、取れよ」 化粧用の鏡の棚にあるビンを顎で指す先輩 放り投げられるビン 薬用ローションとラベルに印刷さ

人妻と少年達(4)

プライドも・・・ すべてが純白のパンティーとともに・・・ そして・・・奥さまの・・・すべてが露わになった。 御主人以外に見せたことなどないであろう黒々した部分 ベランダから奥さまのヘアーをじっと見つめる俺 早まってきている鼓動が同じリズムで、俺のペニスの脈を

人妻と少年達(3)

頭の・・・もっと上で固定された。 Tシャツの中の膨らみがせり上がり 奥様が左右に身体を揺するたび 艶かしくTシャツの中で弾んでいる。 「いいかげんにしなさい」 「こ、こんなことして・・・」 手首を上で、掴んでいる先輩を見上げる奥様。 初めて見る 奥さまの 非難

人妻と少年達(2)

「いい加減にしなさいよ あなたたち」 奥様の顔から優しげな表情は消え、きつく少年達を睨みつける奥様。 憧れの美しい女性の怒った顔・・・。 美しい・・・。 力の弱い僕には、憧れの奥さまに危害が及ばないように 見守ることしかできなかった。 こんな怖い先輩達に囲まれ

人妻と少年達(1)

近所でも可愛らしく真面目で通っている裕実。 私にとってはごく普通の妻である。 妻は月に一度ボランティア活動に励んでいる。ボランティア活動といっても、不登校の少年宅を訪ね 保護者に近況を聞くといった、お茶のみの延長のような活動であるのだが・・・。 6月にはい
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード