萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

介護

たすけて

毎日毎日、義父に犯されています、それも母の目の前で…。母は、10年前私をつれ て再婚しました。最初はとても幸せでした、二年前までは。二年前母は事故で首か ら下が動かなくなってしまいました、自宅療養になり私が介護をすることになりま した。介護はとても重労働のた

特別介護業務を経験して

私の勤務していた介護派遣会社が経営者の不祥事で倒産したのは、この春先のこと でした。 景気の低迷が続く昨今、すぐに良い就職先が見つかる訳もありませんし、在職中の 伝手をたどって、 人里離れたとある田舎の長期滞在型知的障害者介護施設へ介護士として再就職する こ

特別介護業務を経験して(その2)

私が快楽、且つ過酷な新業務に取組むこととなった経過は前述の通りです。 同僚であり先輩である主任によると、施設入所者以後、患者と表現は 施設内でのトラブル男性患者との性交渉の想定を表向きの理由に、日頃 避妊ピルを処方されており、私達が中出しをしても何ら支障が

近況報告

去年の夏に独立し、介護サービスの会社を立ち上げた。 幸いにして需要もあり軌道に乗りはじめたため、思い切って介護士達の制服を作ることにした。 と、言っても要はパンツスタイルの看護婦さんと同じ。 もちろん色は白で上着はショート丈、パンツはスリムタイプのため、パ

これで良いのかな?

私はある老人介護団体と契約している整体師です、普段はごく普通に仕事を していましたがあるお婆ちゃんに会ってから変わってしまいました。 そのお婆ちゃんは元々農家でお爺ちゃんが亡くなってからは一人暮らしで山 の中に住んでいて、歳小柄でポチャッとしています。 事の

おじいちゃんはH(その後)

以前投稿させて貰いました美千代です。 介護ヘルパーの仕事で世話をしているおじいちゃんに、最初は懇願され 乳首を吸わせたのが始まりでした。その後私もおじいちゃんから 優しく乳首を吸われていくにつれ、女性として快感が昂じて 一度限りを約束に、おじいちゃんに体を預

訪問介護

37歳のバツイチです。訪問介護の仕事を10年くらいしています。 一人暮らしのお年寄りのお宅を一人で回っていると、セクハラしてくるおじいさんもたまにいたりします。エッチィ雑誌買ってきてとか、お尻撫でてきたり、ヒドイ時は胸揉まれたり。 最初の一年くらいは嫌でたまり

おっぱいだけのセクハラ・・・。

毎日、同じセクションの男性名、違うセクションの男性名からセクハラを受けてます。 最初は同じセクションの名だけだったのですが、噂が立ち触られるようになりました 夏に行われた歓迎会の次会は男性のみになってしまい、酔いつぶれてる私をふざけて触ってきました パンツ

妹の手コキオナホールオナニーにハマって・・・[前編]

「あ!あ!ああああ!ダメ!ダメ!ダッメーーーーー!イクッ!・・・イクゥゥーーーー!」 由美香の膣が凄まじいうねりに合わせて締まった。 俺も我慢できない! そのまま長大ストロークをぶちかまして、一気に由美香の膣内に大量の精子を送り込んだ。 「兄ちゃーーーー

訪問介護先で、老人と若い男たちに無理やり・・・。

訪問介護の仕事をしていたのですが、あるお宅へ伺った時にエッチなレイプ体験をしました。 介護に向かった先はかなり大きなお屋敷で、和室でおじいさんの身体を拭いてあげたりしていると、いきなり隣の部屋の障子がスーッと開いたのです。 ふと顔を上げると若い男性が何人

酔った勢いで押し倒したアラフォー女は、まさかの処女

長年連れ添った妻と別れて間もない38歳の時。 会社から自宅のマンションに帰宅すると、一台の引っ越し業者のトラックが停車してあった。 様子を窺うと、新しい住居人と思われる中年女性の姿があった。 茶髪にピンクのカーディガンに白いパンツという格好の、清らかで品

義父に知らされた義母の真実

2年前、私は妻と結婚した。 妻とは10歳も年が離れていたが(私33歳、妻23歳)、しっかり者の妻の提案で、妻の実家に一緒に住むことになったんです。 世に言うマスオさんですね。 妻の実家には両親(義父47歳、義母41歳)が住んでおり、大学生の弟はアパートで

童貞の後輩に彼女を貸したら俺の時より激イキ

ちょっと昔の話なんだけど、大学の後輩が、父親が倒れたとかで急に実家に帰ることになったんだ。 一人っ子なので、大学中退して介護しながら家業を継ぐんだと。 実家はとんでもない田舎で、当時で帰省に片道6時間かかるような所。 そいつとはアパートもすぐ近くで、すご

入院中にきれいなナースさんの手コキとフェラで

数年前の話だけど、めまいと吐き気が酷くて病院行ったわけ。 そしたら『真珠腫』とかいうのが発見されて、速攻で入院検査ですぐ手術になった。 全身麻酔って起きた時、体スゲーだるいわけよ。 歩くどころか手を上げるのも一苦労みたいなさ、もう介護状態になって。 それ

のど飴舐めてツバ垂らして風邪の看病

この前飲み会した時、私は風邪引いてたんだけど、無理して行ったら案の定フラフラで、8歳上のゴウ君が介護してくれてたんだ。 その日はなんとか自力で帰ったんだけど、今日ゴウ君からメール入って、『さぁ(私)の風邪うつった。動けない。助けて』言われた。 速攻、薬局

20年後に再会した同級生と

最近の話。 だいたい30くらいの歳になれば男も女も昔とは姿かたちが変わってしまうので、どこかで出会ってもお互いにわからないのが普通だ。 けど1年前のあの日は何か違った。 <チーちゃんとの最初の出会い> 小学校4年生の夏、僕と同じくらいの背格好の女の子が転

どうやら彼氏は本気で赤ちゃんプレイに興味があるみたい

彼氏と付き合い始めて約1年になる。 半年くらい経ってから同棲を始めた。 一緒に住むようになって初めて分かったんだけど・・・。 彼氏は変態だった。 テレビを見ていた時に『お笑い芸人が赤ちゃんパブに行く』っていう話題で盛り上がった時だ。 彼氏が目を輝かせて「

俺は妹の人生初ちんこ[中編]

翌日、仕事を終えて帰宅すると、妹はリビングでグデーっとテレビを観ていました。 不思議と、お互いに昨日の気まずさとか無いようでした。 少なくとも、俺にはありませんでした。 「言ってた介護実習、どうだった?大変だった?」 妹はTVから目を離さずに・・・。 「

俺は妹の人生初ちんこ[前編]

珍しく憂鬱そうな顔をした妹が、リビングでぼーっと天井を見ていた。 妹は19歳、介護系の専門学校に今年から通い始めている。 どちらかいえば考えるより行動が先の妹が、考え込んでいるなんてかなり奇妙だ。 「どうかした?」 後ろから、ちょっと声を掛けてみる。 「

出会いサイトのサクラだと思っていたのに・・・

いい話しは何処に転がってるか分からない。 私が現在付き合ってる奥様との馴れ初めをご紹介しよう。 私は、59歳。 今巷でうわさの団塊世代。しかし元気で健康、何時までも女を追い求めて・・・。 今年の1月に朝早く目が醒めて、コーヒーでも飲みながら出会いサイトの
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード