萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

凌辱・陵辱

可愛い新人マネージャーの中に大量の白濁液を放出した

高校時代、僕は野球部に在籍していた。 中学から万年補欠で、選手を諦めていたので、2年からマネージャーをすることにした。 仲間と汗を流して感謝もされ、やりがいがあった。 2年の半ばまで、僕は下働きやスコアラーに励んだ。 そろそろ退いて受験勉強に専念しようと

寮母の母が作業員の男たちに犯されていた

両親が小さい頃に離婚して、僕は母に引き取られてからずっと二人で、母子家庭として暮らしていました。 母はパートをしながら必死に働いて僕を育ててくれていましたが、今度高校受験を迎える僕を塾に行かせる為に、住み込みで働けて家賃のかからない現場作業員の寮の寮母と

私の人生を狂わせた絶倫の弟[中編]

弟の所為でこうなってしまった私の性癖について、もう少し綴らせてもらいたいと思います。 弟は私を都合の良い性の捌け口として使っているだけかと思っていましたが、後になってから、実は私に負けたくないという昔から一貫した負けん気の強さが、執拗に私を責めさせたので

妻と義弟が見ている前で義妹に種付け[中編]

私達4人は月1回集まって、私と奈央の義兄妹の姦通を楽しんでいました。 妻は夫である私を寝取られ、義弟は妻である義妹を寝取られて興奮して、すっかり寝取られ姉弟になりました。 ロリ顔の義妹の奈央もまた、従順に貞操を守ってきた女陰を義兄男根にまるで調教されるよ

金髪ツインテールのツルペタ彼女[後編]

翌週は外にデートもせずにホテルの部屋でやりまくった。 金髪のツインテールを両手で掴んで後ろから突くとまだ痛いのだろうが、リアは感じる女へと変化していった。 翌週も、その翌週も、生理以外のときは夢中で愛し合った。 この頃には騎乗位からフェラまで問題なくこな

3人の男達にオモチャにされた妻への愛と欲望

妻のクリトリスを摘んで扱いてやると、一心に耽っていたフェラチオの手が緩まり、口が開いて吐息が漏れる。 窓から街路灯の明かりが差し込み、白く柔らかな女体の輪郭が不倫妻の淫らさを見せつけるように妖しくよろめく。 「あなた・・・ごめんなさい。私、寂しさにつけ込

相思相愛ド変態夫婦の痴態

俺はバツ2で44歳のオヤジだ。 妻の真由子はバツイチで32歳、結婚して6年になる。 色んな意味で相性がいい真由子とは、一生添い遂げられそうだ。 最初の妻とはアナルセックスが元で別れた。 元妻にアナルセックスを求めたらドン引きされ、「変態」と罵られたので、

初めて会ったその日に中出しさせてくれたメル友

メル友と会ってきました。 だいぶ前から、「会ったら流れでしちゃうかもよ~」なんて予告しておいた。 相手はたぶん30代。 聞けば今までもサイトで会ったことがあるらしく、まるで抵抗はなかったと言う。 彼女のスペックは155cm、45kgくらい、顔は安めぐみみ

順子と俺の忘れられない心の傷[後編]

秘部で愛液にまみれた携帯が、順子がわずかに身を捩ることで左右に揺れている。 佐藤はしゃがみ込むとそれを愉しむように抜き出した。 ねちょ~とした糸を引き、取り出した携帯を皆の前に突き出し奇声を上げる5人は完全にハイになっている。 俺は情けなかった。 凌辱さ

屈強な2人の職人に犯されて1匹のメスと化した妻

今、私の家は、外壁の張替え工事で職人が入っています。 妻は、9時から3時までのパート。 つまり午後3時以降は職人と顔を合わすわけです。 その日、私は仕事が早く終わったので、職人に壁の張替えを注文しようと早めに帰ってきました。 4時頃だったでしょうか。 ト

教え子たちに犯された女教師の妻

私の妻の裕子は、鶴田真由に似た明るく聡明な女性であった。 ◯◯大学で古文を研究し、その経験を活かすため私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。 結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、私たちは人も羨む仲睦まじい夫婦として暮らしてきた

満員電車の中、友達の目の前で友カノに痴漢

ある日、TとTの彼女とTDLに遊びに行くことになった。 朝の電車は超満員で、Tは奥に、俺と彼女はドア付近に一緒になった。 そして電車は発車したのだが、発射した時の拍子で彼女が自分に寄りかかってきた。 その時、俺のペニスが彼女のお尻に埋まる形になったのだ。

エッチな撮影会でアナルまで陵辱された

以前、一度だけ雑誌企画の撮影会というものに参加したことがあります。 当時交際していた男性の強い要望で、断りきれませんでした。 私自身まったく興味がなかったとは言いませんが、やはり不安の方が大きかった。 できればやめておきたいと思っていました。 ただ企画の

聡明美人OLの陵辱ヌードショー

職場の部下のSから携帯に電話がかかってきました。 『課長、もしよかったらですけど、Mさんの鑑賞会を明日やるんで参加しませんか?』 Mさんとは同じ職場で、40歳くらいの既婚女性。 後輩でボンクラのSなどとは違って、仕事もバリバリこなす慶応出のまあまあ美人。

酔い潰れた私の胸を痴漢は揉み続けた

朝のラッシュ時の痴漢ではなく、終電での事です。 大学のサークルの飲み会で飲み過ぎた私は、フラフラになって何とか駅のホームまでは辿り着いたんですが、ベンチに座ったら眠り込んでしまったんです。 次に気がついた時は、誰かに肩を揺らされてました。 「ねーちゃん、

幼いタイ人姉妹と私の奇妙な生活[前編]

いつものように公衆電話ボックスに入ると、ピンクチラシが目に留まった。 ここのところ携帯電話ばかりで、公衆電話もピンクチラシもとんとご無沙汰であった。 性欲を煽る様な写真と文章は相変わらずだな、と笑いながら受話器を上げ、そのうちの1枚を手に取り、書かれてい

ドMな私の願望を叶えてくれた一夜限りの男

もう2年前のことになったので、言っちゃいます。 そのころ結構H好きで、今風の扱いやすい若い男のコとかと軽く遊んではいたけど、あんな体験はもう一生ないと思います。 便利だけど物足りないHで流してた感じだったので、ある日ネットで知り合ったHフレとプレイするこ

生意気なキャバ嬢に金を貸したら・・・。

先輩に誘われてよく行ってたキャバクラがあったんすよ。 仕事も絡んでるから断るに断れず、毎回イヤイヤながら付き合ってました。 田舎だから1タイム5~6千円てなもん。 俺は指名とかする気なんてさらさら無く毎回フリー。 でも毎月のように行ってると顔馴染みのキャ

ナイスバディのOLと車を激しく揺らしてカーセックス

違う課の女性なんだが、妙に意気があって携帯アドとかを教えて貰って、仕事が終わった後もメールし合う様になった。 何がきっかけかは忘れたけど、下ネタメールをしたら意外と乗ってきて、『やりたいなぁ~』的メールなどもする様になっていった。 ある日、彼女から、『今

洋菓子店での陵辱と恥辱

大学の頃、バイト先でレイプされました。 男二人に、私を嫌っていた女1人も居ました。 洋菓子のチェーン店で、調理場の真ん中には材料の小麦粉生地をこねる為の畳より大きな作業台があります。 ラストまで入ったある晩、帰り支度をしていると、下着姿のままで更衣室から
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード