萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

夜這い

就寝中に姉に・・・

健康がとりえだった僕が体調を崩すようになったのは中学生になった頃でし た。 朝起きると身体がだるい日が続き、体力もだんだんなくなっていきました。 顔色が悪い僕に親も心配し悪い病気にかかってるんじゃないかと心配してい ました。 しかし原因は別のとこにありました

義兄に

私は20歳の学生です。家庭は母47歳、姉24歳、そして、姉の旦那で養子にな った義理の兄27歳の四人暮らしです。私は6月のある日、その義兄に無理やり 関係を供与され犯されてしまいました。丁度、休日で母と姉は買い物に出か け、義兄と二人きりでした。私は自分の部屋でベッ

派遣業で・・

私はパチンコのコーヒーの女性を派遣している 会社にいる。 そのような職場なので若くていまどきの女が多くて 職業柄やりまんみたいな女が多い。 そして、社宅があり県外からきた女はその社宅に入る。 人ほど社宅に入る女がいて 私はその管理を任されている。 もちろん、鍵

やめられん

眠れないので、私の体験談を…。 私はホテルで働いています。所属は宿泊部、その名の通り事務所の仮眠室で泊まって宿泊しているお客さんの対応や館内の見廻りなどが仕事です。 そんなに規模の大きなホテルではないので、よほどの繁忙期以外は一人で泊まっています。カップル

大家さんに

30才の専業主婦です。今は山陰の蜆が有名な地在住です。 12年前、東京は池袋のミッション系の大学へ入った頃の 出来事です。高校時代からチアをやってるので、当然大学でも 入部したのでした。神宮での大戦はいつも負けていたので 、悔し涙に暮れていたのも、今では良い思い

女装した変態に

私の初めての精飲は小学校年生でした。 その頃に住んでいたのはかなりの田舎で、当時は夜這いや近親での肉体関係も盛んに起こっていて、村の中で同じ名字があれば近親で結婚していたりしてました。 性に関しては閉鎖的なところがあり、性知識は皆無でした。 隣り村に女装し

娘の彼氏はニュージーランド人

今、妻(43歳)と娘(19歳)はハワイに旅行中。 彼女達は本当に友達のように仲が良い。 まだ暑かった昨年9月の土曜、妻と娘が私に「明日、娘の彼氏を紹介したい」と言ってきた。 彼氏はニュージーランド人のアーロン(22歳)。 彼は娘と同じ大学の留学生。 3ヶ

夜這いしてくる可愛いくてエロイ由美[後編]

目覚ましが鳴って起きました。 昨夜の事をすっかり忘れていたオレは、目覚ましを止めてビックリしてしまいました。 隣に由美がいる事をすっかり忘れていたんです。 「うわっ!・・・」 ガバッと跳ね起きると、オレの下半身は丸出し状態。 チンコにはティッシュの欠片が

夜這いしてくる可愛いくてエロイ由美[前編]

オレ、派遣会社で働く27歳です。 主な仕事は派遣社員のお世話です。 ザックリ簡単に言っちゃえば『お世話』ですが、色んな仕事をしてます。 休日も返上なんて当たり前だし、給料も特にイイわけでもない。 それでも辞めない理由が1つあります。 女に不自由する事が無

私の妻は元バスガイド

今年29歳になる妻は、20歳の時にバスガイドとして就職したことがあるそうです。 結構、大手だったみたい・・・といっても、親戚のコネで年度途中に欠員補充のような感じで潜り込んだみたいですが。 バスガイドは、かなり離職率が高いようで3、4年で大部分の人は辞め

プライドが高い妻の寝姿を盗撮する悦び

自分で云うのも変だが、結構スレンダーな美人妻・・・。 そんな妻を愛している。 ところが夫にとって一つ不満は、嫁さんは淡白でセックスがあまり好きではないらしいし、教育関係の公務員という職業柄か、プライドが高く、男が喜ぶようなことはほとんどしてくれないという

本当に最低な父との体験

誰にも言えない・・・恥ずかしくて相談もできません。 こんな事を母親に知られたら両親は離婚してしまうかも!! 私は父が好きだけど、ハッキリ言って離婚した方が良いと思います。 母が可哀想なんです。 実は私・・・中学三年ぐらいから父に夜這いされてます。 本当は

孫の夜這い

夜中に私のベッドに入ってきた高校生の孫。 「あら?どうしたの?」 遠慮ないように入ってきた孫は・・・ 「おばあちゃん、おまんこしたい!」 熟睡から起されて、しっかりとした意識がない上に、孫の言葉は何を言ってるのか驚く思考もないほどで、孫の腕に挟まれた様な

夜這いされた母

 私が中学二年頃から、親父の上司になった工藤という人が、仕事を終えると頻繁に家に来るようになった。最初は家が親父の会社に側にあるから寄ってるのかと思っていたのですが・・・ 母は、最初こそ機嫌良く接待していましたが、毎週のようにやって来る工藤に、段々苛々す

夜這いされた母

 私が中学二年頃から、親父の上司になった工藤という人が、仕事を終えると頻繁に家に来るようになった。最初は家が親父の会社に側にあるから寄ってるのかと思っていたのですが・・・ 母は、最初こそ機嫌良く接待していましたが、毎週のようにやって来る工藤に、段々苛々す
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード