萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

女将・仲居

39歳の高齢処女は、地方大学の准教授

ネットナンパを始めて15年、最初は入れ食い状態で人妻を次々とナンパできた。 あんまり簡単なので処女を狙い始めた。 これは時間がかかるのだが、でもかえって確率がよく、数はわからないが結構な数をいただいた。 高齢処女の一人が39歳、マリコさん。 独身、某地方

三十路間近なのに浮いた話のない妹[後編]

暫くは二人きりになるチャンスが無くて日にちだけが過ぎて行った。 恵子の中で出してしまったことを少し後悔し始めていた。 すると一週間くらい経った日の朝、恵子は親の目を盗んでオレのところにやってくると、そっと耳打ちした。 「今朝、生理きたよ」 ちょっと残念な

息子に貫かれ、娘とキスさせられて・・・

五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹しく暮らしていました。 私の年齢は46歳で、息子の雄太が19歳、娘の美紀は16歳の高校一年生です。 私は医療事務の資

W不倫にハマって痴女になってきた人妻の那奈

2年前くらいからあるパートさんと仲良くなりました。 ちなみに俺は30代前半の普通のサラリーマン。 そのパートさんとは部署が違うのでしょっちゅう会うわけでもなく、休み時間にたまに近くなったりすると話す程度でした。 最初は30代後半かな?なんて思うほど、見て

仕事で鬱になった妻を連れて行った湯治場で

保険関係の仕事をしていた妻が、1年前に主任に出世して変わりました。 上司は営業成績の低迷を妻に押し付け、口答えすればパワハラ。 そのうちにセクハラも受ける様になり、やがて出来る筈も無い数字を求められ、妻も嫌々部下達に成績向上を求めたところ、部下達(仲間)

温泉宿の若い仲居さんと[後編]

一度膨れ上がった性感と、見られてはいけない現場を見られそうになった動揺、そして、再び狭い場所で女の子と二人きりになれたヘンな期待感。 それら全てがミックスされて出た言葉は、「一緒に遊びませんか?」でした。 奈々恵さんは笑顔で、「だめじゃないですか、皆さん

温泉宿の若い仲居さんと[前編]

あれは一昨年の会社主催の忘年会旅行での出来事です。 私の会社は、いわゆる金属加工品販売の中小企業で、毎年12月に泊まりで忘年会をします。 場所は会社から比較的近い鬼怒川温泉です。 旅行の参加者は総勢18名、内、男性社員16名、女性社員は2名で、二人ともオ

毎週泊まってた旅館の若女将に誘われて

31歳サラリーマンです。 ここ1年は彼女と別れて独り身なので、最近は家から車で1時間の所にある小さな町の鉱泉旅館に、毎週金土と2泊するようになりました。 温泉では無くて鉱泉です、暖めれば温泉と同じです。 それなのに鉱泉って聞いただけでランクが下がると思っ

温泉宿でいなくなった妻を探していたら[前編]

去年の秋、妻に浮気された。 自分たち夫婦は、結婚7年、子供一人、お互い仕事を持ち、浮気もなく円満な夫婦だった。 ・・・あの温泉に行くまでは。 10月末、自分の32の誕生日前に、夫婦二人で一泊の旅行に出かける事になった。 妻の実家の義母の提案だ。 このとこ

若い男に飢えてる旅館の仲居さん

10代の終わりに勤めていた会社の社員旅行での出来事を書きます。 社員旅行とは言っても10数人の小さな会社。 15人乗りのマイクロを借りて交代で運転し、伊豆のとある温泉街へ1泊旅行。 途中バスの中では酒盛り、観光巡りをし夕方宿に着いた。 国内じゃ有名な某系

養女になった悪友の娘・若葉[後編]

GWは休みが取れず、可哀想な思いをさせたが、夏休みは1度だけ、海に連れて行った。 若葉「受験生だから・・・」 最初はそう断ってたが、目は嬉しそうだった。 冬休みはさすがに、受験直前って事で・・・。 正月に、「生まれて初めて」と言う振袖を着せてやり、一緒に

居酒屋の女将と馴染客の熟女2人を性欲の続く限り

俺を含め2人の連れは大学でそれぞれ関東にばらけましたが、冬休みで地元に戻り、元旦に3人で会うことに。 夜、実家の近くの小さな居酒屋に入りました。 初めて入ったのですが、俺達3人は居酒屋の女将さんを見てビックリ!!! と言うのも、友人Kのお母さんがやってる

現在進行形の夫婦交換会

これは現在進行形の話になります。 私36歳、妻35歳、子供8歳(男)、友人33歳、友人妻31歳、子供8歳(男)。 6年前、私達夫婦は郊外に家を購入しました。 翌年、お隣さん(井川さん夫妻)が家を建てたんです。 近所挨拶に来た時から感じの良い夫婦だと思って

女将の母ちゃんと、手こきされていた職人

私がまだ小学3年生ぐらいの時、家に帰ると母親の姿がなかった。 居ない事に特に何も思わず、ランドセルを置くと友達と遊ぶべく家を出ようとした。 仕事場の脇を通り抜けようとした時に、何となく人の気配に気づき、足を止め、そっちの方を見てみた。 物陰に見え隠れする

慰安旅行先の大浴場で

就職してから2~3年目の会社での慰安旅行での出来事。 ちょうど修学旅行の小学生の児童達もこの旅館に泊まりに来てた。 某超有名温泉郷だったが、この旅館は大浴場と小浴場が一つずつ。 もちろん客は大浴場に入りたいが、混浴にするわけにもいかず、日替わりで男湯・女

いつもモテてるお兄ちゃんがフラれて

私は都内の高校に通ってる佳奈子と言います。 先月やっと16歳になりました。 でも処女ではないんです。 初体験は13歳の時でした。 相手は・・・5歳上の実の兄。 恥ずかしいというか何というか・・・とにかくこの事は誰にも言えなくて。 フィクションと思われても

還暦の男と女の清純な一夜

還暦を迎えた男と女もまだセックスは可能だった。 互いに浮気したことのない同級生の男と女、羞恥でおどおどしながらも、漸くにして結ばれた一夜だった。 それは還暦同窓会の帰り道だった。 激しく降り続く豪雪が車の運転を危険にさらし、それが彼女と一夜を過ごす結果と

俺みたいな男の事『ATM』って言うんだって

俺 A:29歳 彼女B:28歳 彼女の家に結婚の挨拶に行き、OKしてもらった直後に彼女祖母が有名な占い師とやらに相談して『二人にとって一番いい入籍の日』を調べてきた。 そしたらそれが来週だという。 「まあ慌しいけど、おばあちゃんがそう言うならまず籍だけ入

和子との別れ、最後の一夜

和子と別れる時がきた。 五年間続いた同じ職場の和子との間柄が人に噂されるようになって、それは当然、和子の主人にも知れる危険性を帯びてきていた。 もう時間の問題だった。 そのため、そんな関係に白黒つける決断に迫られていた。 そんなことを心に秘めて和子と最後

欲求不満が溜まっている義母

私の家では毎年夏に一泊の旅行が恒例行事となっている。 私(32歳)と、妻(30歳)、娘(3歳)、妻の母親(53歳)の四人で行っているのですが、妻の父親は8年前に亡くなっている。 妻の母親ですが、身長は155cm程度ですが凄くグラマーで胸とお尻が大きい。
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード