萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

女将・仲居

壊された家族の絆

年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生 活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか つつましく暮らしていました。 私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十 六才の高校一年生です。

母娘陵辱

五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生 活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹 しく暮らしていました。 私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十 六才の高校一年生です。 私

巨根セックス(1)

私は、関西で小学校教諭をしている32才です。 名前は香織(仮)としておきます。 今年の夏は一つ年下の同僚の美奈(仮)と二人で海に行こうという話になり、彼氏がいない女二人、車で日本海を目指したのです。 場所は夕日ヶ浦温泉。 ホテルは海岸から歩いてすぐの所に予

人妻・ゆかり(3)

確かに、焦らされて反応してしまっているのは、否定できなかった。 ゆかりは、自分がこんな単純な反応をしていることに驚く。 確かに余りされたことは無い行為だが、それにしても。 下腹部の中に熱い塊があるような感覚がある。 そして、それがゆっくりと溶けていき、液体

取材旅行先の話

俺は、昨年まで小さな編集プロダクションでアシスタントの仕事をしていた んですが、その時、ある地方の高級温泉宿を3泊4日で7軒取材するという強行 スケジュールの仕事が来ました。 時間的に早く、なおかつ経費を安く済ませるため、友人からキャンピングカ ーを借りて取材

取材旅行先の話

取材旅行先の話削除依頼投稿者:かずお 2007/03/13 10:18:14(bLgXG0wy)投稿削除俺は、昨年まで小さな編集プロダクションでアシスタントの仕事をしていたんですが、その時、ある地方の高級温泉宿を3泊4日で7軒取材するという強行スケジュールの仕事が来ました。 時間的に早く

女将と兄弟子

小さな料亭で 見習いをしてます。 仕事も終わり 度店を出たのですが、つ女将に報告するのを忘れてて 店に戻りました。 いつもなら まだ帳簿確認してる時間です。 店から 奥の自宅へ行き、女将さんに 声を掛け様と 居間の襖に手を掛けました すると 中から「ウン‥ウン‥」

後輩と

とある県で仲居をしてます。 温泉旅館でお料理を出したりする仕事です。 普段は宴会場の勤務なのですが、夏休みなどは家族連れや個人のお客様が多い ので宴会場ではないレストランの助っ人に行く事になります。 夏休みだけじゃなく、年末年始や長い休みはだいたいレストラン

センター試験の痴漢

中学年のとき、古い小さな温泉旅館で、  泊まり込みで、掃除とかの手伝いをした。 女将さんが親戚の知合いだった。 夕食の時、女二人づれの客がおれをじっと見ていた。 「女将さん、このおにいちゃん、一晩おいくら」といった。 女将は「いけませんよ」と笑った。 ほかの

夜のゴルフ場で銀座のママと・・・

運動神経のない僕が仕事の都合でゴルフをすることになり、芝の有名なレッスンプロについて2ヶ月ばかり、午前中はレッスンしました。 そこは東京でも有名なゴルフ練習場で250ヤードはあり、銀座や赤坂の高級クラブのママも一緒にレッスンを受けていました。 初めての人

中学の時に好きだった元同級生と一度きりの中出し不倫

小料理屋の大将の息子と結婚して、今は女将になった真弓が連絡してきた。 「ねえ、明日お店が休みだから、夕方から一杯付き合ってくれないかな?」 真弓も満足させることもない旦那の浮気に気付き、不満と浮気された怒りが爆発して、中学時代の友人だった私に白羽の矢が立

おてんばだった同級生と一夜限りの濃厚セックス

中学生の時に、同級生のMちゃんという少女がいた。 当時Mちゃんはとってもおてんばだった。 中3の水泳の授業の時のこと。 俺の水着を脱がして、みんなの前にちんぽを晒し、「毛が濃い。でも小さく縮んでいる」と冷静にチンポを分析するMちゃん。 Mちゃんは後で先生

俺のツボを知り尽くしている妹と温泉旅行[前編]

妹のYが20歳になって、とうとう成人となった。 5年前のことだけど。 俺としてはすごくインパクトがあったし、忘れられない。 この成人式&成人記念旅行が俺とYが離れられなくなったというか、心底愛し合うようになったきっかけだから。 お互いの気持ちを確認した日

私の目の前で2人の男に犯された女将さん

私の体験ではありません。 でも私が目撃したレイプ場面で、誰にも言えないことでしたので投稿します。 昨年の秋のことです。 私はある温泉街の小さな旅館でバイトをしていました。 お客さまのほとんどがお帰りになって、私は風邪気味もあって布団部屋で寝ていました。

淫乱でド痴女な妻の姉と不倫温泉旅行[前編]

超愛し合ってからの恋愛結婚したのに、実際に妻との夫婦生活が始まると、(ミスった!この結婚は間違いだった)と気づいた。 付き合い当初は手を握った時もファーストキスも恥じらいながらのものだった。 しかし、どれだけ経っても成熟したセックスにはならなかった。 部

血の繋がらない姉が立てたエッチな計画[後編]

食事も終わって、仲居さんが布団を敷きに来た。 まだ二人でお酒を飲んでた。 俺も姉ちゃんも酔っ払ってた。 仲居さんが出て行って、しばらくして、姉ちゃんが俺の手を取って浴衣の中に入れておっぱいを触らせてくれた。 「トモ君、姉ちゃんのおっぱい好きなだけ触ってい

バイト先の居酒屋の綺麗な女将に誘惑されて

汚ない田舎の居酒屋。 今だったら許されない程に皆飲んで車で帰ってた。 その当時は学生で、田舎学校のため寮生活も退屈になり、地元バイトでその居酒屋でバイトしてた。 学校の友達も飲みに来てくれたし、店主も「少し売り上げがあがる」って喜んでた。 店の女将さんは

スケバンにされたペニス虐めが気持ち良すぎて

昭和50年代の終わり、私が中3の頃にイジメにあった時のことです。 クラスの千尋という女の子から告られたのですが、全く興味が無い子だったし高校受験も控えていたので、心苦しいが受け入れられないとお断りしたのがきっかけでした。 そのことを知ったいわゆるスケ番が

W不倫してる元カレと“危険日お泊り温泉旅行”

ニュータウンに住む40歳になる専業主婦です。 夫との性活は既に冷め切っています。 夫と付き合い始め、無理やり中出しされ、妊娠し堕胎した責任を取らせて結婚しました。 そして二人の子供に恵まれ、普通の暮らしをしていました。 夫との性活が遠のき、不審に思ってい

浮気相手を何人も連れ込んだ馴染みの旅館

今年五十路を迎える俺には、結婚して22年になる45歳の愛妻がいる。 今でも週に3回は可愛い愛妻を抱くが、時には愛人も抱く。 俺は、浮気をしていないと妻を愛せない性分なのだ。 初めて浮気をしたのは20年前、妻が最初の子を妊娠した時だった。 浮気相手は妻の母
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード