萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

女将・仲居

バイト先の居酒屋の綺麗な女将に誘惑されて

汚ない田舎の居酒屋。 今だったら許されない程に皆飲んで車で帰ってた。 その当時は学生で、田舎学校のため寮生活も退屈になり、地元バイトでその居酒屋でバイトしてた。 学校の友達も飲みに来てくれたし、店主も「少し売り上げがあがる」って喜んでた。 店の女将さんは

スケバンにされたペニス虐めが気持ち良すぎて

昭和50年代の終わり、私が中3の頃にイジメにあった時のことです。 クラスの千尋という女の子から告られたのですが、全く興味が無い子だったし高校受験も控えていたので、心苦しいが受け入れられないとお断りしたのがきっかけでした。 そのことを知ったいわゆるスケ番が

W不倫してる元カレと“危険日お泊り温泉旅行”

ニュータウンに住む40歳になる専業主婦です。 夫との性活は既に冷め切っています。 夫と付き合い始め、無理やり中出しされ、妊娠し堕胎した責任を取らせて結婚しました。 そして二人の子供に恵まれ、普通の暮らしをしていました。 夫との性活が遠のき、不審に思ってい

浮気相手を何人も連れ込んだ馴染みの旅館

今年五十路を迎える俺には、結婚して22年になる45歳の愛妻がいる。 今でも週に3回は可愛い愛妻を抱くが、時には愛人も抱く。 俺は、浮気をしていないと妻を愛せない性分なのだ。 初めて浮気をしたのは20年前、妻が最初の子を妊娠した時だった。 浮気相手は妻の母

使い込まれた熟女の花弁を愛し続けて

俺はいわゆる熟女好きだ。 初体験が40歳の人妻だったし、大学時代も62歳の飲み屋の女将としたこともあったし、一番若くても28歳のOLだった。 俺の肉棒は全長15cmでそんなにでかいわけじゃないが、おばさまやお姉さん達が口を揃えて言うことには、反り方が大き

若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉[第4話(終)]

息子と行ったスキーで、秘境みたいな温泉宿に泊まり、恐ろしく淫靡な体験をした。 まだ38歳の若女将と本気の子作りセックスをした後、逃げるように露天風呂に行くと、白ギャル黒ギャルの景子ちゃんと明奈ちゃんとのめくるめく体験が待っていた。 そして、私は2人に腕を

若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉[第3話]

「じゃあ、マッサージ続けますね?」 若女将はそう言うと、すっと立ち上がり、着ていた作務衣を脱ぎ始めた。 そして紫のセクシーなブラジャーも脱ぎ全裸になると、「たるんでて恥ずかしいです・・・」と言った。 確かに38歳という年齢なので、明奈ちゃんと比べると垂れ

若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉[第2話]

「おっぱいねーちゃん、痩せないとダメだよね」 息子が真面目な顔で言う。 息子にとっておっぱいは、ボードのトリックをするのに邪魔なモノ程度の価値みたいだ。 母親がどちらかというと貧乳の部類なので、余計に巨乳には違和感を感じるのかもしれない。 逆に私は妻が貧

若女将と黒ギャル白ギャルがいる混浴温泉[第1話]

毎年冬が来ると、息子と2人で毎週のようにスキーに行く。 そして、温泉旅館にもよく泊まる。 小学4年生の息子は、今のところ私とそんな風にスキーに行くのを楽しみにしてくれている。 そのうち一緒に行ってくれなくなるんだろうなと思うと寂しいが、今はなるべく沢山一

スケベ専務に犯された元ヤンのコンパニオン

会社の親睦旅行。 初日、二日目と名所旧跡や記念館とかを巡ってきた。 初日の旅館では専務が酔ってコンパニオンや仲居さんを触ったり追いかけたりして、コンパニオンには逃げられ、旅館からは注意され大変だった。 二日目の旅館は少し格式が高そうな雰囲気もあり、専務も

裏風俗でレイプコースと逆レイプコースを堪能

裏風俗っていうか謎の風俗に行ってきました。 そのお店は広告の類は出してません。 個人の紹介以外では客を増やさない所みたいです。 私は大学の悪友に誘われ、ついて行く事にしました。 郊外のお屋敷みたいな所に到着して、玄関に入ると女将さんがお出迎えしてくれて、

五十路のセレブ熟女と意気投合して

久しぶりに高校時代の同級生の淳と、近所の個人経営の居酒屋に行った時の話です。 店はこじんまりとしていて、15人程度で満杯になる広さ。 50代ぐらいのおばちゃんが一人で切り盛りしていて、いつも中年のおじさん達の憩いの溜まり場のようになっていた。 だけど、こ

39歳の高齢処女は、地方大学の准教授

ネットナンパを始めて15年、最初は入れ食い状態で人妻を次々とナンパできた。 あんまり簡単なので処女を狙い始めた。 これは時間がかかるのだが、でもかえって確率がよく、数はわからないが結構な数をいただいた。 高齢処女の一人が39歳、マリコさん。 独身、某地方

三十路間近なのに浮いた話のない妹[後編]

暫くは二人きりになるチャンスが無くて日にちだけが過ぎて行った。 恵子の中で出してしまったことを少し後悔し始めていた。 すると一週間くらい経った日の朝、恵子は親の目を盗んでオレのところにやってくると、そっと耳打ちした。 「今朝、生理きたよ」 ちょっと残念な

息子に貫かれ、娘とキスさせられて・・・

五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹しく暮らしていました。 私の年齢は46歳で、息子の雄太が19歳、娘の美紀は16歳の高校一年生です。 私は医療事務の資

W不倫にハマって痴女になってきた人妻の那奈

2年前くらいからあるパートさんと仲良くなりました。 ちなみに俺は30代前半の普通のサラリーマン。 そのパートさんとは部署が違うのでしょっちゅう会うわけでもなく、休み時間にたまに近くなったりすると話す程度でした。 最初は30代後半かな?なんて思うほど、見て

仕事で鬱になった妻を連れて行った湯治場で

保険関係の仕事をしていた妻が、1年前に主任に出世して変わりました。 上司は営業成績の低迷を妻に押し付け、口答えすればパワハラ。 そのうちにセクハラも受ける様になり、やがて出来る筈も無い数字を求められ、妻も嫌々部下達に成績向上を求めたところ、部下達(仲間)

温泉宿の若い仲居さんと[後編]

一度膨れ上がった性感と、見られてはいけない現場を見られそうになった動揺、そして、再び狭い場所で女の子と二人きりになれたヘンな期待感。 それら全てがミックスされて出た言葉は、「一緒に遊びませんか?」でした。 奈々恵さんは笑顔で、「だめじゃないですか、皆さん

温泉宿の若い仲居さんと[前編]

あれは一昨年の会社主催の忘年会旅行での出来事です。 私の会社は、いわゆる金属加工品販売の中小企業で、毎年12月に泊まりで忘年会をします。 場所は会社から比較的近い鬼怒川温泉です。 旅行の参加者は総勢18名、内、男性社員16名、女性社員は2名で、二人ともオ

毎週泊まってた旅館の若女将に誘われて

31歳サラリーマンです。 ここ1年は彼女と別れて独り身なので、最近は家から車で1時間の所にある小さな町の鉱泉旅館に、毎週金土と2泊するようになりました。 温泉では無くて鉱泉です、暖めれば温泉と同じです。 それなのに鉱泉って聞いただけでランクが下がると思っ
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード