萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

家・自宅

休日出勤して書庫整理していたOLをレイプ

俺が、内装をおこなっていた雑居ビルで一服していた時、そのビルの女性社員が2人で話しているのが聞こえてきた。 「エッツ 明日仕事なの?」「そう休みの日なのに、地下の書庫の書類整理やんなきゃいけないんだ。」「かわいそう 一人?」「当然 誰も手伝ってなんてくれ

娘の彼氏に… 5/5

村上君はベッドから出て服を着ると 「今日は予定とかあるの?」 と私に聞きました。 「いいえ・・なにもない・・」 「じゃぁここにいようかな・・・良いか?」 「かまわないけど・・村上君は大丈夫なの?」 「奈津子といたいんだよ」 私といたい、男の人からそんなことを言

娘の彼氏に… 4/5

村上君は私の話を聞いて、お母さんが嫌なら「奈津子」と名前で呼んでやると言いました。 20才も年下の男の子に呼び捨てにされることは屈辱ですが、お母さんよりは気が楽なのでそう呼んでもらうことにしました。 しかし、真奈美のことについては 「それは奈津子次第だな」 避

娘の彼氏に… 3/5

翌朝、私はついつい朝寝坊をしてしまったようで目が覚めるともう8時を回っていました。 前の日に事を考えると本当は布団に伏せっていたいような重苦しい気分でしたが、何とか這い上がっていつもどおりのリズムに戻ろうとしていると電話が鳴りました。 誰だろうと思う出ると

娘の彼氏に… 1/5

私の名前は奈津子、42才の主婦です。 きっかけや理由はどうであれ娘の恋人を奪ってしまったひどい母親です 10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。 娘の名前は真奈美、都内にある女子大の2年生で、村上君と言う

昔、族やってた 2/2

その後また恵美が呼び出しかかった。 俺は一回だけじゃ無いのか?って幹部に問いただした。 「それが本来のルールだ、嫌ならチーム抜けろ」って言われた。 俺は渋々恵美に伝えると「わかった」と淡々と、でも辛そうに答えた。 2度目の上納が終わり迎えに行くとまた豚が、俯

昔、族やってた 1/2

俺今は普通のオッサンなんだけどさ、昔は恥ずかしいけどいわゆるゾッキーだったのね。 いわゆる暴走族ね。 今は本当に普通のオッサンだよ。 交通ルールも守るし煙草も止めた。 こないだなんてチーズバーガー頼んだのに、チーズ入って無かったけどクレームもいれなかったしな

彼女同意のもとで…

オレの名前はユウスケ。 オレの彼女はナオという名前だ。 28歳で身長は156センチ、体型はスレンダーというわけでもなく、ぽっちゃりでもない。 ただ、スタイルは良い方だと思う。 くびれがあってエッチな体つきだと思う。 付き合いだして3年になるんだが、いまだにひっかか

襲われてたかも・・・

初投票で初告白です。 僕の住んでいるとこは、昔からの集落で先祖代々住んでいる家が多くあります。 なので、夏の暑い日は夜も網戸にして寝ている家ばかりです。 僕の家も、表から簡単に庭側へこれるんですが、夏場の夜は網戸にして寝ていました。 小さい頃から、寝付き(す

同僚の彼女を眠らせて

会社の同僚の女は、会社で美人で評判の女でスタイルも良く性格も明るい人気の子です。 その日は会社の旅行があり現地集合でした。 私は、同僚とその彼女と3人で車で現地に向かいました。 前からチャンスをうかがってた私は睡眠薬とSMグッズを持って旅行に向かいました。

狙っていた同級生を酔わせて挿入

高校の時の話。 ある週末の夜、暇してたら電話が来て、「急遽飲み会やる事になったから来いよ」との電話。 暇だったからもちろん参加。 みんな制服だから、お前も制服な~と言われたので着替えて出掛けた。 マツ(♂):親友、家提供。 ジョー(♂):知り合い以上、友達未満。

親友だと思っていた奴に彼女をレイプされた

もう今では全然気にならなくなったけど、何年か前までは思い出すたびに殺意が芽生えた件。 俺もすごい不用意だったし、馬鹿だった。 だからよからぬ事が起きた。 俺が20歳の頃、地元ですごい有名な先輩で山田(仮称)がいた。 山田は高校の頃、ボクシングでインターハイに

旅館の柔道部員・・

去年の夏、俺の彼女だった真理がチェリー坊どもに思う存分突ききられた話です。 真理は学生時代のサークルの後輩で、年は3つ下。 今年で24歳(やられた時は23歳)です。 俺が4年生の時に新人で入ってきたのですが、争奪戦の果てに俺が付き合う栄冠を勝ち取りました。

私をこんなにしたんだから責任とってよ! 6/6

後からは外出した。 美穂の車で俺が運転してドライブへと…「ねぇ一つ聞いていい?」「何だ?」「私のビデオとか写真はどうしたの?」「いきなり何を言うんだ?…」俺は少し苦笑しながら逆に聞いた。 美穂も笑いながら、「別に…まだ見ているのかなって思って」「たまに見る

私をこんなにしたんだから責任とってよ! 5/6

夕方近く美穂を家の近くまで送った。 そのままの姿で帰ろうとする美穂を着替えさせた。 「別にかまわないのに…あなたの女なんだから…あなたの好きな服で帰りたいのに…」美穂の気持ちはうれしいが、美穂の近所の目もあったからだ。 翌日からは毎日のように美穂から電話が

婿養子のストレス発散

俺の名前はマスオ。 嫁の実家に婿入りしたため、毎日肩身の狭い思いをし続けている。 不細工な上に変な髪型の嫁と、歩くと異音のする息子。 さらには妻の両親+小学生の弟・妹。 居心地の悪さはこの上ない。 妻とのセックスもマンネリ。 マグロのくせに貧乳。 フェラも下手

私をこんなにしたんだから責任とってよ! 4/6

約束の返事は当日待ち合わせの場所に来るか来ないかで返事するように伝えた。 当日俺は100%来ていないだろうと思いながらも…とりあえずは行ってみることにした。 親の車を借りて取あえずは友達と京都へ行ってくると家族に伝えて約束の時間より半時間遅れて待ち合わせの公

私をこんなにしたんだから責任とってよ! 3/6

2週間が過ぎたある日俺は美穂を呼び出した。 理由は2つあった、一つは旅行以来少し安心している美穂を再び俺の情婦であることを思い知らすため。 もう一つはまったく逆だがやはり俺は美穂を愛し始めていた…ただの性欲のハケ口のつもりだたっのだが…この相反する思いは複雑

私をこんなにしたんだから責任とってよ! 2/6

8月に入って俺はバイトが忙しくなったため、美穂を休ますことにした。 他に理由は10日間の外出は美穂の家族に不信を抱きかけたからでもあった。 会わない日でも美穂からの電話は毎日のようにかかってきた。 たぶん俺の機嫌取りだろう…美穂にしてみれば美穂の都合で俺に会え

私をこんなにしたんだから責任とってよ! 1/6

去年の夏、高校の先輩がある人妻をレイプした話を聞いた。 なんでも会社の同僚の奥さんで22歳らしい…先輩はその同僚とちょっとしたトラブルがあり、その腹いせだったようだ。 二人ががりで真昼間その人の家へ行き、メチャクチャに犯し写真を撮ったようだった。 写真を見せ
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード