萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

家庭教師

どうしても生でしたいときは私に言って

男前でがっちりした筋肉質の彼は、見かけによらずウブ。 実はそう思っていたのは私の勘違いで、彼はネコをかぶっていたの。 と言うより、年上の女にどう接していいかわからずに大人しく授業を受けていただけなんです。 でも、そんなこととは知らない私は、いつものように

処女の女子大生に頼まれて痴女の特訓した結果!

これは俺が大学4年生だった頃の話。 俺が住んでいる部屋の隣に、ありえないくらい可愛い女の子が引っ越してきた。 見た目は加藤あいをさらに整えた感じで、色白で胸も大きめ(後にDと判明)、人当たりもよく、今まで周りに愛されて育ったのがよくわかる素直な良い子。

教育ママだったのに息子の家庭教師の肉棒に溺れた私

自分で言うのもなんですけど、私って教育ママだったんです。 息子をどうしても私立の有名中学に入学させたくて。 今日も朝から塾で追い込み授業を受けて、息子は必死に毎日勉強しています。 塾の他に家庭教師も雇って家族一丸で頑張ってたんですけど・・・。 でも私は5

真面目で清楚なクラスメイトが極上デリヘル嬢だった

正月早々デリヘルを自宅に呼んだ。 大学もまだ始まらず、なんやかんやで実家にも帰らず、一人寂しく年越しもし、正月ぐらいはと奮発してみた。 ちなみに風俗は専ら宅ヘル派。 自分の住んでいる住居空間に、Hをさせてくれる為だけの女の子がいる状況を想像するだけでカウ

家庭教師の女子大生がしてくれたご褒美[後編]

いつ特別なご褒美があるのか期待していると、舐めてた先生が突然立ち上がった。 そして俺の前に跨ってきた。 先生はチンコを手で持ち、アソコに擦りつけてきた。 下着をずらしたんだと思う。 ネチョネチョした感覚が亀頭に伝わってきた。 それだけでも俺は凄い興奮しち

家庭教師の女子大生がしてくれたご褒美[前編]

中3の夏、親の強制で家庭教師がやってきた。 せめて普通の高校に入れたいと言われて、泣く泣く勉強する事になった。 やってきたのはお茶の水の女子大生。 メガネをかけていて、どちらかというと真面目そうなタイプ。 家庭教師が女だと誰でも期待しちゃったりすると思う

私ってレイプされやすい体質なのかも?

制服のブラウスのボタンは全て外され、両方のおっぱいはブラの上にモロ出しされ、後ろからやらしく揉まれています・・・。 一週間前、私は家庭教師の先生に強引に抱かれました。 指導を受けるために訪れたマンションで、この状況です。 「今日はまりちゃんに良いものを見

お兄ちゃんじゃないと感じない

あんまり面白くない話だと思うけど、書いてみます。 私と5歳上の兄とのことです。 私は中三の時に、家庭教師に襲われそうになったことがあります。 後ろから抱きつかれてブラとパンツの中に手を入れられて、「静かにして。誰かに見られたら恥ずかしいでしょ」って言われ

試験勉強で集まったバスケ部の4人と

私はバスケ部のマネージャーをやっていた。 5P相手の男4人は同じ高校1年のバスケ部。 この4人とはクラスは別だが、仲が良かった。 休みの日はカラオケ行ったり家に行ったこともあった。 ただ恋愛関係になることはなかった。 男の子達にも私にも、好きな人がいたし

高2の彼女と夜の公園で

去年の夏、僕(22歳、元彼女の家庭教師)が、高2(17歳)の子と付き合っていた時のことです。 その日は、彼女の学校帰りに新宿でデートをし、地元に帰ってきたのは23時頃でした。 いつもだったらすんなり家に帰すところなのですが、その日は彼女のリクエストで公園

課外授業でフェラを教えてあげた女子高生と

10年以上前になるからもう時効だろうと思うので投稿します。 大学3年の時、暇過ぎるので家庭教師のバイトを始めた。 バブル絶好調の時代だったから、頑張らなくても就職できた時代。 理系だった俺は研究所に就職するんだろうな~って感じで過ごしてた。 バブルの頃っ

娘のボーイフレンドを寝取ってしまった悪い母親です

私は39歳の専業主婦で、家族は単身赴任中の主人と高校2年の一人娘がいます。 娘のボーイフレンドとの肉体関係を告白します。 昨年12月初旬の土曜日の午後、娘(佳奈)が留守の日に彼女の男友達、裕也君が訪ねて来たのです。 裕也君は佳奈が自慢している通り、ハンサ

やめられない・・・幼少期から続く姉と私の近親性交

『近親同士のセックスが長期間になればなるほど、自立ができなくなり歪な家族関係となってしまい、互いに依存し合って抜け出しにくくなります』 YAH◯◯知◯袋には、そう書いてあるが、そうは言っても止められない。 私と姉とは幼い頃から仲がよかった。 子供の頃、近

親友だと信じてた子に彼氏を寝取られてた

<スペック> 私:19歳、155cm、48kg、黒髪ストレートロング。 元彼:21歳、178cm、ムキムキ、黒髪、KAT-TUNの中丸君に似てる。 親友:19歳、162cm、細い、ギャル、てんちむって子に似てる。 元彼とは高1から付き合ってた。 親友とは

某SNSサイトの俺の日記にコメントしてきた女

10~20代の人ならほとんどの人が入ってるであろう大手SNSサイトを通じて知り合った子との話です。 俺:23歳、大学院生、一人暮らし、バイトは家庭教師。 那美子:19歳、専門学生、153cm、むっちり体型(Cカップ位)、板野友美似のセクカワ系。 その日は

いつも飲んでくれたエッチなナース[第4話]

研修医というのは結構忙しい。 夏の終わる頃、俺は消化器科にローテーションが移っていた。 消化器科というのは胃や腸などの内臓疾患を専門に診療するセクションだ。 充実した毎日を送りながらも俺はYちゃんのことが気になっていた。 病棟も変わるとなかなか顔を会わせ

女性に免疫のない私が女の子の部屋に行くことになって

当時の私は大学院に在籍しており、相手は研究室に配属された大学4年の吉田さんでした。 私と吉田さんは共に1人暮らしをしていました。 吉田さんは、背は高めでスレンダーなタイプの人で、特別に綺麗とか可愛いというタイプではありませんでしたが、非常に性格が良くて人

家庭教師の女子大生にエロ本を見られて

中1の時に、家庭教師の大学生のおねえさんに手コキしてもらいました。 中1の秋から家庭教師に来てもらってました。 彼女(Sちゃん)は地元の短大の2年生で、顔はまあ普通って感じで、最初の2、3ヶ月は特にエッチなことも考えずまじめに勉強してました。 ある土曜日

大学生の従姉が家に下宿することになって

俺が中3のとき、大阪にいた従姉が俺の家に下宿することになった。 従姉は東京の大学に合格したものの、実家のほうが経済的にやばくなってアパートは借りれないとかで・・・。 たまたま俺の家が一回り上の姉が結婚して家を出ていたため、一部屋空いていた。 詳しい事情は

私のはじめては全部お兄ちゃん

お兄ちゃんとの関係は、私が小学生の頃から続いています。 と言っても、私が小学校6年生になった年、お兄ちゃんは東京の大学に行ってしまったので、私が昨年の春に大学に入るまで、お兄ちゃんが東京から帰省してくる時にしか会う事ができませんでした。 お兄ちゃんとは小
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード