萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

敏感

何でもOKだった同僚でセフレのM

もう時効だと思うのでカキコさせてもらいます。 正確には職場といえるかどうか。 出張先での出来事。 うちの会社は出張が多いのですが、男女ペアになることはめったにない。 会社も気を使うのだと思います。 しかし、その時はスケジュールの都合で、俺とMの2人で出張

おまえに中イキを教えたのは俺だ

今から二年ほど前の話。 その頃の私は、旦那とうまくいかず、だが、経済的理由もありなかなか、離婚に踏み切れないでいました。 もう、修正のきかない関係とわかっていたのに・・・。 パートもわざわざ日曜に入れたりして旦那とも顔をあわせないようにしていた。 毎日、

風呂上りは裸で過ごすのが我が家のしきたり

当時の俺は15歳で、兄貴が26歳の時に年上の27歳の人と結婚し同居となった。 男3人だけだったむさ苦しい男所帯に、兄貴の嫁さん(加奈子さん)は専業主婦となり、家事の殆どをするようになった。 美人で胸が大きくスタイルの良い加奈子さんですが、いつしか俺の性の

元カノのセックスを覗いてしまい鬱状態・・・

彼女と別れたのですが、彼女の荷物が部屋に残っていました。 一週間経っても取りにくる気配もなく、仕方なく彼女のアパートに持っていく事にしました。 会うつもりはなかったので、ドアノブにでも引っ掛けておくつもりでした。 残ってた荷物は洋服がほとんどで、下着類も

年下の浩二君の指テクで野外潮吹き!

年下の浩二君は女好きそうな感じでした。 ある時に飲み会で潮吹きの話題になり、リアルな話にドキッとさせられた。 酔って歩いてて思わず、 「出来るの?」と彼に聞いたら、 「うん!きっと気持ちいいよ」と言われ・・・ 「試して見ようよ」と、路地裏に引っ張り込まれ

出会い系で出会った5才年下の男の子

結婚して6年経つ主婦です。 子供が出来てから主人とセックスの回数が減り、ここ1年まったくセックスをしておらず、完全にセックスレスになりってしまいました。 淋しくなった私は、勇気を出して出会い系サイトに登録してみました。 その時に出会った男の子の体験談をし

フェラチオ・ロシアン・ルーレット

僕が中2で、姉が高校1年の時の夏休みのことです。 姉が、女友達3人と一緒に1泊2日で、海水浴へ行くこととなりました。 「女子だけで出掛けるのはイカン」と、両親が言うので、何故か、僕が同行することとなりました。 姉の女友達とは、初対面でしたが、駅で会ってビ

元部下の女の子を誘って

ずっと長い間飲み友達だった、元部下の女のコとしてきました。 いつもの様に街で飲んでるうちに、誘ってみたらごく自然にラブホへ。 はじめはコンビニで買ってきたツマミやお酒をTV見ながら飲み食いしてたけど、彼女が自分からベッドに移動したから、何も言わずに照明消

メル友だったナオのバージンを・・・

18歳の女子大生とメール交換をするきっかけになったのは、ここに話を書いて感想が送られてきてからでした。 俺は28歳なんだけど、最初に2時間程度話した時、すっごく気に入られて、メールを続けることに。 ナオは結構エッチで、二日に一回くらい「これからオナニーを

彼との関係を清算するには

私は43歳になる普通の主婦です。 お恥ずかしい話ですが、半年前から息子(高2)の同級生と関係を続けております。 決して自ら望んだことでなかったとはいえ、だらだらと関係を続けてしまった自分を呪いたい気持ちで日々過ごしてまいりました。 そんな折り、偶然こちら

自慢の妻を酔わせて同僚に・・・

つい一昨日の事です・・・。 久々の連休中だというのに、俺はサービス業の為その日も当たり前のように仕事に行った。 取引先との新規事業の綿密な打ち合わせも終わり、何とか仕事も終えて、明日が休み(交代制)の俺と同僚のKとで飲みに行った。 色々仕事のグチや上司の

あかりのセカンドバージン

俺は26歳で、ホテルの朝食バイキングのバイトをしてた時の話。 ある国家資格を取るためバイトをしながら勉強してた。 合格が決まり、バイトを止める事になり、バイトの仲間が送別会を開いてくれる事になった。 俺を含めて6人ぐらいが、居酒屋に集まった。 この中では

巨乳の従姉妹と・・・[第5話~相互オナニー~]

11月某日、なぜかオレは彼女と関西空港にいた。 実は彼女の妹が、今日からアメリカへ半年の予定で留学するのだった。 この妹本当はすっげー頭がよくて、某国立大学に通っていたのだ。 「おにーちゃん、おねーちゃんしばらくいないけど仲良くね」 そう言い残して妹は飛

巨乳の従姉妹と・・・[第4話~お仕置き~]

彼女の妹を交えての、不思議な関係が始まってからしばらく経った。 最初のうちは、オレも少々戸惑っていたが(3Pなんぞ、初めてだから)、段々と慣れていくにしたがって、行為も次第にエスカレートしていった。 そうこうしているうちに、また週末がやって来た。 金曜日

巨乳の従姉妹と・・・[第3話~姉と妹のWフェラ~]

日本全国、従姉妹とやったやつは、かなりいると思うがここまでっていう者はそうそういないと思われる。 今回はその中でも3本の中に入る一つを紹介してみよう。 前回のチョレートプレイより1ヶ月が過ぎ去りし頃、季節はそろそろ春になろうとしていた。 相変わらずオレ達

巨乳の従姉妹と・・・[第2話~2つのプレゼント~]

彼女と関係を持ってから、ほぼ1ヶ月が経過した。 その間彼女は週末になるとオレのマンションへと通っていた。 2人は最初とは違いそれは、恋人同士というよりケダモノの行為に近かった。 トイレに行く時と、寝るとき以外ずっと、互いの感じるところを愛撫しあっていた。

新妻なのに会社の上司にいたずらされて

新婚ホヤホヤの24歳の人妻です。 この前会社で一人で残業していると、課長に後ろから襲われました。 いきなり胸をわしづかみにして、揉みしだき、唇を奪われました。 突然のことで何も出来ず、されるがままに身を任せてしまいました。 そしてスカートの中へ手を滑り込

性欲に負けて、Fカップのブス社長令嬢と・・・

2年前位のことなんだが、うかつにも親友の(元)彼女とやってしまいました。 性欲に負けて・・・orz しばらくマジへこみしたが。 相手は親友Sの元カノの名前は梓サン(仮)俺の1コ上。 当時23歳。 Sとは幼なじみで兄弟のように育ったんだが、つくる彼女はいつも

中学時代から続く俺と姉の関係

姉との関係は、小さいころから喧嘩もあまりしたことがなく、ものすごく仲がいい。 普通に一緒に買い物したり、デートしたりなどなど色々していて、兄弟は仲が悪いというのは俺と姉にはあてはまらない。 普通に休みの日とか、部屋に遊びに行けそうになると、喜んで行くほど

2人で私を壊して・・・

仕事も終り、久し振りにカラオケでも行きたくなったので、幼馴染みであるYへ電話しカラオケに誘いました。 「久し振りにカラオケでも行こうか!!」 Yも今日は予定もなくOKとのこと、仕事が終れば私の家に来てくれることになったのです。 そしてYに「じゃぁ23時頃
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード