萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

未亡人

兄貴の未亡人を妻にしてスワップに目覚めた

某エロ本の編集部にいた頃、ハメ撮り投稿コーナーの女が読者モデルとして編集部に輪姦される企画で、俺のイチモツが注目された。 長さ18cm、最大径4.4cm、巨根と言われた。 その後、奥様寝取られコーナーが出来て、俺は編集部にやってきた人妻を夫の前で抱くよう

未亡人となった息子の嫁と関係を持ってしまった

私は55歳の男です。 3年前に一人息子が癌で他界してしまいました。 私のことを心配して、息子と息子の嫁が同居してくれてたのですが・・・。 私の妻は、5年前にやはり癌で他界してしまって、今は息子の嫁と私だけ。 息子が死んだ後は、広い家がしーんと静まり返る毎

未亡人となり、バイブだけでは満足できなくなって

私はドスケベで淫乱な女なんです。 今までは人妻として、夫との夫婦の営みに満足していたいんですが、昨年、夫が心筋梗塞で倒れ、そのまま亡くなり未亡人になると、欲求不満が募り、さらに痴女になってしまいました。 幸いにも夫は多額お生命保険をかけていてくれたので、

妻とよく来る露天風呂で4人の熟女と一期一会

今日はかなり涼しい。 26~27度くらいか。 少しぬるい温泉に浸かっても汗があまり出ない。 湯から上がって強い風に当たると少し寒いぐらいだ。 13時過ぎに入ったが・・・男湯は内湯も露天も誰もいない。 女湯も音がしない。 一番奥の座敷で熟女達の話し声が聞こ

嫁の連れ子はとんでもないビッチJCだった

私は離婚経験ありのバツイチ男です。 43歳の時に新たな女性と知り合い、再婚して1年経ちました。 妻も私と同じバツイチの再婚で41歳です。 私は前妻とは妻の浮気が原因で別れました。 新妻は御主人を交通事故で亡くされて未亡人になり、そのショックから立ち直れな

未亡人となった57歳の妹に女を感じて

妻を亡くした60歳です。 3年前に夫を亡くした妹(53歳)が時々来て、僕の世話をしてくれていた。 お互いに連れ合いを亡くして一人暮らし。 一緒に暮らそうかという事になって、それぞれ家屋敷を処分してマンションに移った。 2LDKの狭いながらも新しいマンショ

純朴妻が残した不貞日記

5年間の家庭生活は、妻と息子の事故死という形で幕が下りました。 最愛の妻は29歳、息子は2歳でこの世を去りました。 2人が出会ったのは私が25歳、妻が23歳の時でした。 妻は特に美人でも可愛いわけでもありませんが、純朴で優しい女性でした。 妻と出会って1

使い込まれた熟女の花弁を愛し続けて

俺はいわゆる熟女好きだ。 初体験が40歳の人妻だったし、大学時代も62歳の飲み屋の女将としたこともあったし、一番若くても28歳のOLだった。 俺の肉棒は全長15cmでそんなにでかいわけじゃないが、おばさまやお姉さん達が口を揃えて言うことには、反り方が大き

数奇な母娘丼

大学を卒業して就職、街中は高いので私鉄で5駅の場所にアパートを借りた。 端部屋なので、隣と上下に挨拶をした。 お隣は、好美さんという43歳の女性が暮らしていた。 卵形の小顔で少し前歯が出ていてネズミっぽい可愛らしい小柄のおばさんだった。 地元のお菓子を持

未亡人の甘い罠

隣のご主人が不慮の事故で亡くなって一年。 男の出入りもなく、奥さんは貞操を守り続けている様子でした。 まだまだ女盛り、一人で悶々とする日もあるだろうと節操のないことを考えていた時でした。 玄関のチャイムが鳴り、出てみると隣の奥さんでした。 奥さん「すみま

憧れていた叔母さんの五十路完熟おまんこ

変態的なSEXは一生ものの思い出です。 私にも忘れられないアブノーマルなエッチの経験があります。 あれは田舎に帰省した時に、未亡人になった叔母さんと。 五十路の完熟熟女の熟れたおまんこは今思い出しても興奮してきます。 初めて叔母さんとエッチしたのは7年前

夫の四十九日法要の夜に住み込みの若い職人と

私は20歳の娘がいる48歳の未亡人です。 20年前に夫婦で洋菓子屋を開業。 途中で男の子(K君)を住込み職人として雇いましたが、その彼も今では25歳。 立派なパティシエになり、頼もしい限りでした。 順風満帆だと思っていた矢先の今年3月に夫が他界してしまい

レイプから始まった職場の未亡人パートとの関係

今から5年前に在籍していた会社の話です。 当時の僕は某出版会社の下請けとして昼夜問わず働いていました。 忙しい時はそれこそ会社で寝泊まりなんて当たり前でした。 特に給料が良い訳ではなく、労働条件も良くはなかったのですが、会社の雰囲気だけは抜群によかったか

勝手に家に入って、僕の童貞を奪った隣の未亡人

僕が中学一年の時に、その当時隣に住んでいた30代後半の未亡人に童貞を奪われました。 奪われたと言うより捧げたて感じかも知れない。 体調が悪く学校を早退して家に帰った。 その当時、母も仕事をしていて家は誰もいない。 仕方なく自分の2階の部屋でベッドに入り、

居酒屋の女将と馴染客の熟女2人を性欲の続く限り

俺を含め2人の連れは大学でそれぞれ関東にばらけましたが、冬休みで地元に戻り、元旦に3人で会うことに。 夜、実家の近くの小さな居酒屋に入りました。 初めて入ったのですが、俺達3人は居酒屋の女将さんを見てビックリ!!! と言うのも、友人Kのお母さんがやってる

明日をもしれぬ兵隊さんに可愛い嫁を貸し出した

自分の彼女、というか妻の話です。 私は2回結婚していまして、1番目の妻との話です。 戦時中の話です。 私は炭鉱で働いていまして、そして20歳で結婚しました。 現在だと20歳で結婚をするのはとても早い事ですけれど、当時でも少し早い位だったかと思います。 早

未亡人の先輩OLと

俺の先輩Oさん。 ちっこくて童顔で、華奢で、2個上くらいかと思ってたら、実は7個も年上で驚いた。 Oさんは結婚歴があり、俺が入社する前に「旦那さんは病気で他界した」と他の先輩から聞いた。 仕事中、タイトスカートの尻がプリンクリンッとしてて、かなりそそられ

未亡人となった母への抑えようのない近親相姦的欲望

私はこの前、父の四十九日の法事の晩、酒に酔った勢いで、未亡人になったばかりの母親に想いを告白し、念願の母子相姦を遂げました。 母は56歳。 私は31歳独身です。 母は実家で一人暮らし。 私は他県で働いていて会社の寮に住んでいます。 私は、幼い頃から父には

未亡人となった母と、伯父の愛欲

隣室からの話し声に突然目が覚めて、母の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ている母を押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。 「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」

妻の親友は巨乳未亡人

僕は55歳、妻は49歳です。 27年前に結婚しました。 結婚式で妻の同級生が大勢出席していて、その時に眼に入ったのが、妻の親友で大宮のデパートを経営する大金持ちの娘でした。 その子は物凄い巨乳で、真っ白い胸がドレスから零れ落ちるほどでした。 その時に最初
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード