萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

母・息子

妻とご無沙汰だった僕は52歳の義母を縛って・・・

私29歳、嫁25歳、義母52歳。 結婚して3年、嫁の実家に同居しています。 結婚して2年くらいは普通に嫁とセックスしていましたが、嫁の仕事が忙しくなったことや、休みがなかなか合わないこともあって、ここ1年くらいはレス状態です。 性欲を持て余した私は我慢の

童貞の俺にいきなり跨がってきた同じゼミの女の子

もう8年も前になるが、当時21歳の俺は童貞だった。 ゼミの同い年の女の子(ちょっとエロい感じ)は、彼氏がいたがマンネリっぽく、飲み会とかで冗談っぽく「Y(俺)とやってみたいなー」みたいなことを言ってた。 それからしばらく経ってから、ゼミの合宿があった。

面接官と中出しセックスして内定もらいました

私は女子大生で、大学3年の終わりから就活を始め、結局大学卒業して1年経っても内定ゼロ。 心身ともにズタボロになってしまいました。 私は都内で一人暮らし生活費や活動費も親に頼っていて、親からは「援助は1年まで」と言われていたので、次の会社の面接で最後にする

初めて彼氏ができたばかりの子を薬で眠らせて・・・

去年の夏の事です。 去年の春からウチに入社して俺がいる部署に配属されたKという子がいます。 高卒ですが身長150cmで、部活焼けした健康美っていう感じで、オジサマ連中には娘のように可愛いがられています。 そこらの芸能人よりずっと可愛い顔していて、オジサマ

勃起とかまだ知らない小6の妹が可愛くて

僕が中2の夏休みの時の話です。 当時、僕には小6のかすみという妹がいました。 自分で言うのも変ですが、妹は結構可愛い顔をしています。 キレイというか可愛い感じです。 僕はサッカー部に入っていたのですが、ほぼ毎日部活で休みなんてほとんどありませんでした。

大学生になった嫁の連れ子に迫られて

私は現在39歳の男です。 ストレスの少ない仕事をしているせいか見た目はかなり若く見え、初対面の人に実年齢を言うと必ず驚かれます。 1浪して大学に入学し、アルバイト先で知り合った女性と結婚しました。 私20歳、妻26歳の時でした。 妻と初めて顔を合せた時の

実家に帰った日は父親を酔わせて母と

一ヶ月ぶりの実家。 親父は『何の用だ』的な反応だけ、それ以上は無関心の様だ。 母の方が少し戸惑っているのがわかった。 俺「今日、泊って行くから」 そう俺が言っても、特別に言われる事も無く、自分の部屋に早々と引き籠った。 夜、キッチンにビールを取りに行くと

嫁が夜勤の日、美しい義母に誘われて・・・。

結婚して3年になります。 妻の家が5年前に父親が他界してから母子家庭で、一緒に生活して欲しいと言われ、新婚当初から同居しています。 義母は淳子と言い、会社で営業をしています。 嫁は看護士で、私とはなかなか同じ休みにはなりません。 義母は表で仕事をしている

知らずにぶち込んだ母のオマンコ

どこにもいるような母親で、私にはうざい存在!と言っても憎むような感情ではなくて、一般的にうるさい母って感じです。 母は40歳で、私は19歳です。 どこにもいるような母親で、ウザいというかうるさい母って感じです。 両親と妹の四人家族、可もなく不可もなくって

身体の弱い妻とお隣の田中さん

妻の美代子が我が子を出産してから3週間経っても退院せずに入院している。 美代子はもともと身体が弱いため、母子共に無事出産できるか危ないものだったのだ。 そのため出産した今も入院している。 僕は仕事が終わってから毎日美代子のお見舞いに行っている。 けど、今

やっぱり最初に覚えた角オナニーが一番気持ちいい

こんにちは、初めまして。 友美と言います。 私の小さい頃のオナニーについて投稿します。 私がオナニーを覚え始めたのは幼稚園の頃でした。 ちゃぶ台のちょうど角の所に座ってテレビを見ていた時に、だんだんとお股の辺りが気持ちよくなってきたのが、きっかけだったと

美しい若妻の涙と埃を被った原付バイク

5年間の超節約生活を続け、やっとの思いで買った外車のバイクをマンションの駐輪場に停めていた。 ある日、同じ階に住んでいた21歳の若い奥さんがいきなり部屋を訪ねてきて、「本当に申し訳ありません!あの大きなバイクをこかしてしまいました」と言うので現場を見に行

憧れていた叔母さんの五十路完熟おまんこ

変態的なSEXは一生ものの思い出です。 私にも忘れられないアブノーマルなエッチの経験があります。 あれは田舎に帰省した時に、未亡人になった叔母さんと。 五十路の完熟熟女の熟れたおまんこは今思い出しても興奮してきます。 初めて叔母さんとエッチしたのは7年前

バツ2でヅラで借金1300万のオッサンと初体験

私:19歳、大学生(当時)。 オッサン:42歳、底辺職。 今から6年前wwww 私は大学で特殊な技術を学んでいて、その現場研修として出て行った先でオッサンと知り合った。 ちやほやされたことがなかった私は、年上ばかりの環境で本当に姫のように扱われた。 それ

後輩の妻に俺の子供を産ませたくなって中出ししまくった

誰かに聞いてもらいたくて投稿。 ある程度本当の事を言った方がスッキリするので言うつもりだが、どこでバレるか分からないからその辺はお察しください。 高卒18歳で同期入社したナオミ。 お互い今年で40歳。 俺は技術系、ナオミは事務で、最初は気にもしてなかった

露天風呂で同じクラスの女子2人に・・・

僕が中3の時、家族で温泉旅行に行きました。 その旅館は色々なお湯があって、混浴でした。 深夜の2時頃まで、兄貴と卓球をしていたのですが、さすがに疲れてしまったので、兄貴はそこで寝ましたが、僕は風呂に入ってから寝ようと思ったので、人気のなさそうな露天風呂に

雀荘を営む奥さんの暴れるおっぱい[第2話]

次の日も(奥さん今日もカーディガン脱ぐかな?)と、楽しみで楽しみで、閉店時間が待ち遠しくてたまりませんでした。 お客さんもみんな帰り、閉店後の作業を始めました。 窓を開けると、今日もむわっとした空気が流れ込んできます。 奥さん「エアコンつけてるとわからな

立ったまま、彼女の手で果ててしまった花火大会の夜

学生の頃、下宿先の近くで花火大会があり、彼女と出掛けました。 下宿に彼女が迎えに来てくれ、そこから一緒に行きました。 暑い日で、僕はジョギングパンツにTシャツでした。 花火は近くの河原の道路から、周りは凄い人出で、幸い二人並んで見ることが出来ましたものの

風呂にいきなり入ってきたお姉ちゃん

あれは中学2年生の時の、ある小春日和と言うには暑すぎるくらいの日だった。 その日は、学校の創立記念日で友達と朝から野球をしていた。 中3の姉も同じく友達とテニスに行くと言っていた。 夕方近くに帰ってきた俺が、すぐに風呂に入ろうと服を脱いでいると、「ただい

体を張って俺を助けてくれた美しい母

俺は野球が好きだった。 小学校の時、はじめてホームランを打った時のあのバットの感触が忘れられない。 俺の学生時代は朝から晩までボールを追って過ごす、ただそれだけの毎日だった。 そんな生活に不満を感じたことは一度もない。 仲間とみんなで、甲子園を目指して汗
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード