萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

清楚

今でも目に浮かぶ、ぶっとくて茶色い巨大乳首

私の小学生時代の思い出話を投稿します。 私はいい年になっても『胸チラ』が好きで、近所の奥さんや、通勤電車のOLさん達の胸元をさりげなく覗き込む度にときめきを感じております。 私がそうなったのも、小学校3年位の時の体験が基になっているのです。 当時、私は父

看護婦になっていた同級生がしてくれた手コキ

仕事が忙しくて放置したヘルニアが、悪化して緊急入院した時の話。 そこで中高の時の同級生が看護士で働いていた。 向こうは苗字が変わってたけどね。 名前は小百合。 中学では同じ部活で仲は良かったけど、高校に入ってからは挨拶程度の関係。 それにしても、ヘルニア

バカな姉と父の嘘

うちは父、母、姉、俺の4人家族でした。 普通なら父は娘を溺愛で甘やかし、息子には厳しく・・・と言うようなことを聞くのですが、うちの父は姉を清楚でしとやかな大和撫子に育てたかったらしく、身振り、素振りなどまでうるさいくらいに注意していました。 ちなみに男の

惚れてた会社の娘が泥酔・・・もう我慢できない!

新人教育してた娘が泥酔、あくまでネタという事で・・・。 同じ会社の新人Yさんとの話。 新人教育をしていた俺は、新人の彼女に惚れていた。 告白もしたけど、断られた。 一度だけキスもできたけど、それでもダメだった。 それでも彼女と何回か飲みに二人でいった。

名家に嫁いだ同級生に中出し

ちょっと前の話だけど、高校卒業後10年の学年全体での同窓会がありまして、俺はもう結婚もしてたし、変な期待もなく参加してみた。 流石に10年も経つと、女なんて派手な化粧したり、すっかり地味なオカンになってたりで、仲良かった子達以外は誰が誰か全くわからないそ

体を張って俺を助けてくれた美しい母

俺は野球が好きだった。 小学校の時、はじめてホームランを打った時のあのバットの感触が忘れられない。 俺の学生時代は朝から晩までボールを追って過ごす、ただそれだけの毎日だった。 そんな生活に不満を感じたことは一度もない。 仲間とみんなで、甲子園を目指して汗

代議士の奥さんの愛人に[前編]

あまりに昔すぎて、覚えてないことや記憶違いもたくさんあると思う。 俺の出身地は古い街だが、かなりの田舎。 親父はちょっとした土地持ちで、祖父から引き継いだ会社を経営してた。 いわゆる“田舎の名士”の端くれだったんだろう。 田舎の秀才だった俺は、東京にある

パイパンフェチに目覚めたきっかけ

朝の通勤バス、会社近くの高校に通う女子高生が乗ってくる。 よく見かける、むちゃんこカワイイ子がいる。 その日、その子が俺の前の席に座った。 だから何、てなもんだが、それが全てのきっかけだったのだ。 真面目な仕事の真面目な資料の入った真面目な封筒が落ちてし

アソコってこんなにキレイだったの!

俺と彼女が高3の時の初体験の話です。 オチは特にないんだがヒマな方読んでみて下さい。 俺と彼女(M子)は高校に入学した時に同じクラスになった。 清楚で可愛くてオッパイも大きいM子に俺は密かに想いを寄せてた。 丸2年片思いが続き、ウジウジ型の俺は想いを伝え

宗教勧誘のお姉さんはヤレる

高校生のとき、訳あって一人暮らしに近い状態だった。 普段は2人1組のおばさんが来てたんだけど、その日は20代半ばくらいの清楚でスレンダーなお姉さんが1人で下宿先を訪ねて来た。 お決まりの「幸せになる為にはうんたら」って話し始めたから無視しようとしたが、「

今も忘れられない同級生の母親[第4話]

妊娠出来ないという事に多少の引っかかりはあったが、その時は生でヤレるという魅力に完全取り憑かれていた。 しかも、向こうから「欲しい」と言ってきたから、ついつい調子に乗ってしまった。 サド男爵は知らん間に掴まり立ちが出来るようになってたw 「何が欲しいんや

今も忘れられない同級生の母親[第3話]

後に分かったんやが、紀子は乳首が物凄く感じやすく、元々責められるとヘロヘロになってしまうらしい。 おまけに酒も回ってるから完全に抵抗する力はなくなってた。 こうなるともう好きなだけしゃぶらせてもらいたくて、身体も完全に向き合わせた。 紀子はソファーに座っ

憧れの元同僚が高級ヘルス嬢になっていた

俺は朝のモーニング割引で一発抜いて営業に行こうと考え、会社から飛び出してヘルス街にやってきた。 呼び込みの声を聞き流しながら今日の店を選んで歩いていると、まだ午前中とは言っても俺と同じような連中が何人か店を選んでいる。 そこで、顔見知りの女に出会ったのだ

酔っぱらった女子大生2人と

俺(S)と男友達(T)が独り暮らしのT宅へ泊まりに行っているとき、駅の近くに女子大生3人が居た。 1人が酔い潰れていて動けず、2人が困っているという感じであった。 俺らは声を掛け、周りに休める場所もないことからT宅に来ないかと誘った。 困惑していたが、回

聡明美人OLの陵辱ヌードショー

職場の部下のSから携帯に電話がかかってきました。 『課長、もしよかったらですけど、Mさんの鑑賞会を明日やるんで参加しませんか?』 Mさんとは同じ職場で、40歳くらいの既婚女性。 後輩でボンクラのSなどとは違って、仕事もバリバリこなす慶応出のまあまあ美人。

ワタシから誘っちゃった

前からいいな、と思っていたKサンが失恋し、落ち込んでいると聞きました。 大チャンス! さっそく相談にかこつけて飲みに誘っちゃいましたw 金曜日なので時間を遅めの9:00に設定。 これが功を奏したのか、普段飲まないKさんは最初からガンガンとばす。 酔って目

彼女が昔使っていた携帯を見つけて・・・

今の彼女とは高校が同じで、お互い大学に進んでから付き合い始めた。 卓球部で目立たなかった俺に比べて、彼女は吹奏楽部で結構人気もあった。 地元を離れて同じ大学に通うようになって、お互い知り合いも少なかったから親密になり、俺が告白して付き合う事になった。 そ

セックス依存症の人妻

こんにちは、私は40歳の男で、精神科医をしています。 最近都会では、精神科に通うのに抵抗がなくなってきたのか、患者さんは増えるばかりです。 あまりの忙しさに、患者さん一人一人にかける時間が長く取れません。 本当は見逃している点は無いかと、じっくり考えて、

優しすぎる女子社員

僕は38歳の管理職をしている男です。 この年になっても結婚はしていません。 正直、結婚する相手もなかなか見つかりません。 一応仕事は出来る方だと自負していますが、モテる方でもないので、昔から女と言えば風俗でした。 その僕の部下の一人に、アヤと言う25歳の

浮気をネタに会社のOLを脅して[前編]

最近は仕事も暇になってきたので、昨日は半休をもらって秋葉原をブラブラしてから、3時位には家に帰ろうと思って電車に乗りました。 駅の中を歩いていて、階段を下りてる時に、上りのエスカレーターに見覚えのある女性が男と腕を組んで楽しそうに話していた。 僕はすぐに
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード