萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

病院・クリニック

疲れた心を癒やしてくれるのは、男の子との激しいSEX

私は田舎の因習深い家に生まれ、家にはびこる老害どものせいで体調障害を患ってしまいました。 大学を卒業すると同時に家を捨てて都会に就職し、数人の男性と交際した後、3年前に上司であった15歳年上の亭主(今は離婚していますが)と出会い、結婚しました。 家庭に入

処置室で抜いて飲んでくれた色っぽい看護師さん

去年、腎臓結石で入院した時、検査や処置で結局20日あまり入院した。 その病院はそれまでも何度か行ったことがあったので医師も看護士も顔見知りだったが、入院初日、その少し前からあちこちに小さなイボが出来てたので相談した。 内股と玉袋、脇、首などだが、場所が場

ある少女と、母と名乗れぬ母の話

俺は22歳の頃に大病を煩い、半年間の入院生活の後、山間の町の療養所で過ごした。 そこは病院よりも広々としていて、隣のベッドとの間隔も2m近くあり、カーテンで仕切ればプライベートもある程度保たれた。 療養所には40代後半から50代の女性がいて、身の回りの世

酔って全裸写真を送ってきた同じマンションの人妻

俺は前の会社から独立した形で、基本的には自宅のマンションの一室を仕事場としている。 自宅で仕事をしているので、管理組合とかにもマメに顔を出すようにしていた。 独身で昼間も自宅にいるのを変に勘ぐられたくないのが目的の一つだった。 おかげで今では違うフロアの

2年前の9月に起きた忌まわしい事件

あの忌まわしい事件から2年が経とうとしている。 ちょうど9月の半ばだったか、夜の8時過ぎに高校生の子供からクラブ活動が遅くなったのと小雨が降ってきたので学校まで迎えに来て欲しいと電話があった。 俺はビールを数本飲んでたので妻が迎えに出掛けた。 「またそん

義母の一番奥に思いっきり射精した

妻の実家は自分達のマンションの隣の市で、義母と義父と妻の妹の3人暮らし。 30分くらいで行き来できるので色々世話になってる。 今年に入ってから嫁に2人目の子供の妊娠が分かった。 先月の初めに無事出産した。 でも産まれる直前の1ヶ月は少し体調を崩して入院す

ロケットのように噴射した精子が母の顔や髪の毛に

皮膚が弱い体質の僕は、小さい頃からアトピー皮膚炎や湿疹などに悩まされ、皮膚科によく通院していました。 そんな僕も中1になり、皮膚炎になることもなくなり快適な生活を送っていたのですが、ある朝起きると下腹部に湿疹ができており、寝ながら無意識に掻いたのか、赤く

隣に住んでたスナックのママに突然キスされて

19歳の時、アパートに住んでいた。 隣人は、バツイチ子持ちの三十路熟女が住んでいた。 名前はアケミ。 当時学生だったオレが夏休みで部屋でゴロゴロしてると、激しく玄関を叩く音と子供の泣き叫ぶ声が。 急いで玄関を開けると隣の子供が真っ青な顔して、「お母さんが

舅の虜になった私[第4話(終)]

舅との関係を続けながら、夫との仮面夫婦を続けていく上で、どうしても乗り越えなければならない問題が残っておりました。 そうです。 私のお腹に宿った新しい生命のことでございます。 悩みに悩んだ挙句、私は夫に子供ができたことを告げました。 長期出張半ばで帰宅し

「いいんですよ」と咥えてくれた泌尿器科の研修医

私は大学生の頃から、年1回くらいの原因不明のアソコの痒みに悩まされておりました。 結婚してからは再発していなかったのですが、今年の夏に再発してしまいました。 妻に勧められて渋々泌尿器科へ行くことになりました。 大きい病院は恥ずかしいので、個人病院へ行くこ

婦人科医の彼に診察台で脚を広げられて・・・。

短大1年生の時、7歳年上の婦人科の彼と付き合っていました。 真面目で年上だし、いつも高級レストランを予約して連れてってくれて、そんな自慢の彼氏で、友達に紹介するといつも超羨ましがられてました。 エッチもしてましたが、いつも都内のちゃんとしたホテルで、正常

「出たらナースコール押してね。綺麗にしたげるから」

入院してりゃ色んなことがある。 今俺が入院してるのは、整形と内科がごっちゃになった混合病棟。 その病棟の4人部屋に入院している。 窓際の北側ベッドが俺(36歳)。 隣が16歳くらいの少年。 向かいは2人とも70超えたじいさん(認知症あり)。 じいさん2人

高校時代のエッチな三角関係

高校2年の時の話です。 まず簡単に人物の紹介をしておきます。 ひろし:俺。部活で左腕を骨折して入院してしまいます。 陽子:小学校からずっと一緒で、同じ高校に通う俺の彼女。 由香:小学校からずっと一緒で、陽子の仲良し。俺に異常に思いを寄せている。 高沢:病

兄嫁の種馬になった僕[前編]

僕と兄はひとまわり年が離れている。 僕が14歳の時に兄は24歳の人と結婚することになった。 兄とは同期入社の短卒の人で、モデル並みにキレイな女性。 兄の会社で受付をしていたらしい。 会社で同じテニス同好会に所属していたという事もあり、仲良くなったらしい。

杭を打ち込まれてるような感じがした初体験

私の初キス、初エッチはなんと20歳と遅く、そのとき私は病院で仕事しながら昼間は学校に通う看護学生でした。 当時、毎週末通ったクラブでSに出会いました。 彼は1つ年下の19歳で、専門学校生でした。 虫も殺さないような甘いマスクでしたが、彼と2人で話してると

スタイル抜群の人妻ナースと病院の屋上で中出しセックス

両手を骨折し入院してた時の出来事。 両手が使えないことで不自由なことがたくさんあった。 ご飯・小便・大便・オナニー、全て1人では出来ない。 小便の時は看護士に息子を持たれ、尿瓶に入れられる。 たまに半勃ちの時もあったが看護士はそれには触れない。 若いだけ

メタボな俺がセクシーな人妻を口説き落とした話

5年ほど前の話。 当時35歳の俺は熊本に転勤した。 縁もゆかりもない九州に転勤させられたってことで仕事ができるかどうかは察してくれ。 子供はいないし嫁は友達と機嫌よく遊んでいたので、俺は土日といえば釣り三昧のリアル浜ちゃん生活を送っていた。 嫁とはレス、

包茎手術後に俺を苦痛と快感に導いた手コキモドキ

その当時俺はひどい包茎(真正)に悩まされており、悩んだあげく、ある日覚悟を決めて病院で治療を受けることになった。 地元の病院でする手もあったのだが、なにぶん治療をする“部分”が部分なだけに、地元は避けて都市のクリニックでお世話になることにした。 病院はと

集団レイプでセックス中毒になった菜々美[後編]

数日が過ぎて先輩たちから色んな話が耳に入ってきたが、彼女は初日から2日間は部室に監禁されてレイプされ、ビデオで撮られて呼び出されていたらしい。でも4年の先輩は、「最初の2日目ぐらいまでだよ本当に嫌がってたのは。散々イカせて失神させまくってたら何でも言うこ

何度もイキそうになって最後は潮まで吹いた性感治療

25歳の私は、彼とのセックスで悩んでいます。 もっともっと敏感な体になって彼に喜んでもらいたいと思って、ある日、ネットで調べた不感症専門クリニックに診察を受けに行きました。 私「先生、不感症で困っています」 (ほんとは十分感じるんですけど、もっともっと感
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード