萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

着エロ・イメージ

元カノ品評会で鬱勃起が開花した俺

ジャンルは寝取られにしましたが、実際は寝取られたわけではありません。 元カノを友達に品評してもらい、ちょっと憂鬱勃起気味の出来事なので近いジャンルを選択させてもらいました。 彼女と別れた時の寂しさなどは友達と騒いで紛らわせるのは誰もがある事かもしれません

女性の素晴らしさを教えてくれたレベッカ

レベッカは中学2年生、英国人の父親と日本人の母親との間に生まれたハーフで、クリクリとした淡褐色の目が特徴の小柄な少女でした。 『将来は芸能人になりたい』という夢を持っていたレベッカは、子供のような容姿とは裏腹に精神的には意外と大人だったのかもしれません。

ロリ系の後輩との思い出[後編]

先日書いた中で、ロリとはその後何もなかったと書きましたが、大学卒業するまでは本当に何もありませんでした。 ただ、その後同じような業種の仕事にお互い就いた関係上、時折卒業後も連絡を取り合ったりしてました。 ただ、学生の時とは違い、やはり大変忙しく、特に我々

私がヤリマンになった理由[前編]

私の体験を告白します。 私は現在、中小企業の会社員として昼間は働いていますが、実は社長の愛人であり、更に社長と会う日以外の夜や休日は出会い系にどっぷりはまっているのです。 こうなったのは、今から10年前に私に起こった、ある出来事が原因でした。 私の両親は

大人の玩具の訪問販売で

こんにちは、俺は39歳で、大人の玩具屋のオーナーです。 東京の下町に店舗を構えましたが、店舗だけの売上では生活出来ないので、色々と試行錯誤しているうちに、ネット販売やラブホテルへの卸売りで、運営は順調になってきました。 最近は余裕も出てきたので、若い奴を

ひと晩中、中出しされた妻[第7話(終)]

舐めると言ってしまえば、舐めさせてくれるかもしれません。 しかしそれでは完全に浮気を認めて許してしまうことになります。 浮気のセックスの残り汁まで舐めさせて欲しいと懇願するような人間に、浮気を非難することが出来るはずがありません。 しかし一度認めてしまえ

ひと晩中、中出しされた妻[第6話]

それでも股に顔を押しつけて細い腰を抱き締め、股間の空気を吸い込みました。 妻は優しく頭を撫でてくれています。 「たーくん一回泊ったからって、あんなことするのおかしいって言うけどね・・。たった一回、ちょっとセックスしちゃったっていうんじゃないの。昨日話した

ひと晩中、中出しされた妻[第2話]

思い出せば、彼女が浮気した後のサークルは本当に辛いものでした。 相手は頻繁に顔を合わせる同学年の男です。 もともと、同級が20人もいる人数の多いサークルですし、西脇とは会えば「やあ」などと挨拶する程度の関係でした。 西脇から何か言ってくるわけでもなく、自

優しすぎる女子社員

僕は38歳の管理職をしている男です。 この年になっても結婚はしていません。 正直、結婚する相手もなかなか見つかりません。 一応仕事は出来る方だと自負していますが、モテる方でもないので、昔から女と言えば風俗でした。 その僕の部下の一人に、アヤと言う25歳の

『男女の友情は成立する』と男に警戒心のない彼女

俺の元カノは『男女の友情が成立する』と思ってたくらいだし、警戒心が薄い女だった。 顔は・・・まぁ、よく言っても中の中で並レベルだった。 胸はBでやや小さめだが、細身でそこそこスタイルはよく、気遣いが出来たし、性格も男ウケがいい方だった。 そのせいか昔から

事故を起こした妻の代償[後編]

事故から7ヶ月が過ぎ、相手の怪我も完治して3ヶ月が過ぎた。 今も、妻は男の性処理をしている。 もちろん、私の許可の元で妻は奉仕している。 1ヶ月前、私は相手の男性に招かれ、彼のアパートに行った。 独身とは言え、40代の部屋は小奇麗だった。 2DKの間取り

人生でたった2回の性体験が、2回ともレイプ

愛海(マナミ)と申します。 26才、独身。 グラフィックデザインの仕事をしてます。 周囲には私は平凡な女に見られてると思います。 でも、実際は深刻な悩みがあります。 セックス中毒です。 初めて告白する、今まで誰にも言えなかった悩み。 ここに記す事ですら、

思い出の白い紐[第3話]

一瞬にして息苦しいほどの緊張感が部屋中を満たす。 俺のチンポは制服のズボンを今にも突き破りそうな勢いでそそり立っているのだが、不思議とそれを隠そうとは思わなかった。 写真では分らなかったが、真正面から見るM美の水着姿は水着とは到底呼べないほど布面積が少な

思い出の白い紐[第2話]

翌日の学校はいつもと変わらぬ日常があった。 M美は女友達と一緒にいつものようにはしゃいでいる。 俺一人だけ、心ここにあらずだった。 放課後のグラウンドで上半身の筋トレを終えると、念のため仲間に「今日は医者に行く」と嘘をつきグラウンドを後にした。 教室に向

思い出の白い紐[第1話]

俺はみんなから『Y』って呼ばれてる。 高校2年のクラス替えでM美と同じクラスになったんだ。 M美は雑誌のグラビアに何度か水着で掲載されたことがあって、うちの学校ではちょっとした有名人。 もちろんめちゃくちゃ可愛いよ、学校のやつらはみんな雑誌見ながら抜いて

童顔なのに積極的な後輩と

高校時代、俺はブラスバンド部だった。 音楽系の部ということで男子より女子の方が多かったけど、みんな仲の良い友達のような感じで、恋愛にはあまり発展しないでいた。 中には付き合ってる奴らもいたけど、うちの部は、というか、ブラバンは“体育会系文化部”と言われる

女性の性欲が怖い

オレが大学1年の時の実話です。 女っ気のない工業大学に通ってたオレ。 学園祭がきっかけで待望の彼女ができました。 彼女は同じ市内にある女子大のひとつに通っていて、年上のポッチャリ型でそれほど美人という感じではないけど、オレも贅沢は言えない環境。 女性なの

絵に描いたようなアメリカ美女と初体験

<スペック> 俺:当時高校2年。 相手:当時21歳、スレンダー&デカパイという絵に書いたようなアメリカ人。 俺が通ってた高校には、希望者は夏休みの間アメリカに海外研修にいくプログラムがあった。現地の大学の学生寮にみんなで住んで英語の勉強って感じだ。 そこで

ロケット爆乳の女子高生

誰にでも忘れられない女性っていますよね。 私が忘れられないのは、17年前に出会った女子高生です。 学生だった僕の日課は、朝夕ラッシュ時の最寄駅で乳房の大きな女性を見つけては、同じ電車の車両に乗り込み、二の腕、肘などで、ソフトタッチを楽しむことでした。 成

初めて見た彼女の裸

彼女(OL、24才)が俺の家に来た。 彼女と言っても、この頃エッチはまだだったんだけど。 顔立ちは杉本彩っぽくて、目や眉は長澤まさみ似。 170cm近い長身、ウエストがキュッとくびれてて、太ももから下が細くてスカートが似合う。 本当は華奢な女の子で、細面
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード