萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

睡眠・居眠り

娘婿に

娘夫婦と3人で暮らす未亡人51歳です。昨日、娘が留守中、娘婿の裕也27歳さ んに。昼寝をしていた私に覆いかぶさり、気が付いた時には上半身を裸にさ れていました。「裕也さん、何するの止めていけない」「お義母さ ん、一度だけ、お願いします、一度だけ、お義母さんが好き

娘婿に

娘夫婦と3人で暮らす未亡人51歳です。昨日、娘が留守中、娘婿の裕也27歳さ んに。昼寝をしていた私に覆いかぶさり、気が付いた時には上半身を裸にさ れていました。「裕也さん、何するの止めていけない」「お義母さ ん、一度だけ、お願いします、一度だけ、お義母さんが好き

オバサンの玩具

今、45歳の二人に玩具にされている大学生です。 顔に自信があったのでホストのをしたのが悪夢の始まりです。 母子家庭だし、迷惑かけたくなくて楽に稼ぎたくて。 そこそこ稼げてたから満足してたら、この金持ちオバサン二人組に気に入られ、玩具にされることになったんだ。

逆レイプ体験談

今年の夏、学校から帰ってくると1歳年下の弟が友達を家につれてきていました。 「ただいま、とし、今日も友達が来てるのね」「こんにちは、初めて会うかな。としの姉です。よろしく。」「名前は?」「ジュンです。」「部活はなにしてるの?」「としと同じサッカー部です。

派遣業で・・

私はパチンコのコーヒーの女性を派遣している 会社にいる。 そのような職場なので若くていまどきの女が多くて 職業柄やりまんみたいな女が多い。 そして、社宅があり県外からきた女はその社宅に入る。 人ほど社宅に入る女がいて 私はその管理を任されている。 もちろん、鍵

知らない飲み屋で意識が無くなり

■知らない飲み屋で意識が無くなり(OLの体験談) 私が入社して一年ほどたったころのことです。 当時誰とも付き合っていなく一人暮らしでしたので、クリスマスの日三連休の初日だったこともあり、普段飲まないお酒を飲みに一人である店へ行ったときです。 お酒はあまり強

合宿のとき

俺たちの学校では毎年年時の夏休みに隣県の山中にあるセミナー会場まで バスで行きで、そこで7泊8日の集中夏期講習が行われる。 それは普通の授業だけでなく、戦争体験談に20時間耐久山登り、そして生徒だけで 作る手料理など時代遅れともいえるような行事だ あまり面白い

○学生を・・・ムフフ♪

数日前の話。 なぜ、数日経過しているかというと正直に話そう。 びびっていたからだ。 ちなみに、睡眠薬を今現在も大量に持っている。 話をもどそう。 数日前。 俺は○学生2人をレイプした。 まず、狙いをつけていた○学生のほうから話しておこう。 仮に、狙っていた子をA

(無題)

俺は飲食店の店長 正確には俗にいうキャバクラ この時期になると地方の田舎娘が大学や専門学校生として面接にやってくる 単に話し相手をしているだけでバイト代が貰えると勘違いしている女ども 学費や留学費用に生活費、それに休みのときに彼氏に会いに行くための旅費等 色

はじめての.....

(『…私「…相手、です) 私が17のときにおきた話です。 まだこのときは性になんてめざめていませんでした。ある塾の帰り道、 「キミ、ハンカチ落としたよ。」って声かけられたんです。生徒会って言うか、知的な男の子で。ですが『ありがとう』って言う暇もなくそのハンカチ

バイブって…

私は普段事務仕事で毎日パソコンを使っています。 残業が続いてある日部長と二人きりになりました。 いつも恐い部長がコーヒーをいれてくれて二人で休憩していたら、疲れがたまっていたのか急に眠気が…。 そんな私を見て部長が「疲れているんだな、マッサージでもしてあげ

輪姦体験

私が中の時の話しです。 私のお父さんは会社の社長でした。 社員数は200人程。お母さんはお父さんの会社の経理をしていて、正直私は小学校の頃から社長の娘という立場を利用して調子に乗っていました。欲しい物は何でも手に入れ、嫌な事はお父さんに言ってどうにかしてもら

鬼畜すぎ?

先日、同僚の圭子(三十路超)と食事をともに。 終電をわざとやりすごし、深夜2時頃まで飲んだ。 眠そうな圭子を連れて店を出て、送るよといって一台のタクシーをつかまえた。 圭子の家の近くに着くまで、およそ30分くらいか。 俺は、圭子をタクシー後部座席の奥に座らせた

同僚に

同僚に睡眠薬かなんかを飲まされレイプされ携帯で写真や動画も撮られました。 思い切って旦那に打ち明けると、私の携帯から相手に電話をかけ呼び出し、殴ったり蹴ったりして 警察に逮捕されました。 警察から連絡があり、急いで駆け付け事情を説明しましたが、私がレイプさ

初夜に…

主人と仕事場で知り合い、結婚することになりました。 結婚式、披露宴がおわり、友人と飲みに行き、主人が先に潰れてしまいました。 あとでわかったことですが、睡眠薬が入れられていたようです。 部屋まで連れていって貰い、そこでさよならのはずでした。 主人が寝ているこ

やめられん

眠れないので、私の体験談を…。 私はホテルで働いています。所属は宿泊部、その名の通り事務所の仮眠室で泊まって宿泊しているお客さんの対応や館内の見廻りなどが仕事です。 そんなに規模の大きなホテルではないので、よほどの繁忙期以外は一人で泊まっています。カップル

大家さんに

30才の専業主婦です。今は山陰の蜆が有名な地在住です。 12年前、東京は池袋のミッション系の大学へ入った頃の 出来事です。高校時代からチアをやってるので、当然大学でも 入部したのでした。神宮での大戦はいつも負けていたので 、悔し涙に暮れていたのも、今では良い思い

残酷な領主様

その日の謁見の間には、下座とはいえ不釣合いな少年がひれ伏していた。 「……で?」この季節になると珍しくない光景だ。 返答はだいたいわかっているが、領主の女は少年に問う。 「わ……我が家では今年の税が支払えなくて……その……蓄えもなければ、お借りしている土地

禁断の二次会

告白したのは私の上司、斉藤係長。係長はセクハラで有名でしたが、女性社員は皆、気に入られるためにと、体を使っているらしい。 しかし私は気持ち悪いので、斉藤係長とはかかわらないようにしていた。しかしある日会社が大手食品会社との契約が決まり、打ち上げをすること

学生時代、部活合宿で。

私が大学生の時、夏のテニス部強化合宿に参加ました。 毎日、テニスの練習が朝から夕方まで行いました。 他の部員は、元気いっぱいで、夜までテニスの話をしてました。 私は、毎日強化練習で、疲れて睡眠ばかり。 練習疲れで、着替えないまま寝てしまいました。 ふと気が付
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード