萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

絶頂・オーガズム

プールでの淫行(3)

史奈が絶頂に達したのはすぐでした。 両手を押さえつけられながら唇を思いっきり噛み締めて、声が漏れないようにし、体がどんどん硬直してきたかと思えば 「んんんっ!!!」という声と同時に激しく体をビクン・・ビクン・・と痙攣させ始めました。 友達二人にイカされて、

プールでの淫行(2)

史奈は肘で身体を支える体制となりました。 そこで俺は完全にブラを抜き取り、乳を鷲掴みして揉み始めました。 史奈をじっとして手の甲を口に当ててます。 そして両方の乳首を摘むと 「んっ!」と声が漏れました。 俺は乳首を責めながら首筋にキスをし始めました。 史奈の

家庭教師輪姦(2)

「ばっちり撮っとけヨ。オレのがコイツのアソコにハメハメしてっとこ。」 「わかってるって。バッチリ撮ってやるよ。」 先ほど悪ガキがスポーツバッグから取り出したのはビデオカメラだった。 濡れそぼった陰核を刺激してから、指先で陰門を広げた。 「んぁあっンぁ…あっ

社員旅行の記憶

自分が入社してから4年目の社員旅行のときの出来事です。 夜9時ころ宴会も終わり2次会を開催する時にいつも参加する事務員のりつ 子さんがいないのに気づきました。 りつ子さんは24才で小柄ながら制服の上からでも容易に想像できる位の ナイスバディの持ち主でどっち

輪姦される母(2)

「よし、次は俺」 二人目が、母さんに挿入した。 母さんはイッたばかりで息も荒かったが、男達はそんな事お構い無しだ。 母さんにとってはここからが本当の悪夢なのだから。 二人目の男は膣内に出した。 「おいおい、中出しあんまりすんなよな。まだ他にも残ってんだからよ

輪姦される母(1)

僕は母を輪姦した。いや、性格には輪姦させた。 別に母に不満があったわけではない。 ただ、母を輪姦したらどうなるだろうと思い、 「僕の母を輪姦してみませんか?輪姦したい人募集」 という広告をネットの掲示板に出した。 するとどうだ、早速食いついてきた奴がいた。一

本音クラブ(5)

「もう嫌ですよ・・・こんなの・・・」 美樹ちゃんは声を震わしながらそう答えた。 「徳永さんだけ楽しんじゃズルイ、みんな機嫌悪くするヨ。みんな美樹ちゃ んと姦りたいネ。」 無類の女子高生好き、林さんが、可愛い清純派女子高生の美樹ちゃんを解放 するわけがない。強

黒人に犯された私(3)

「変な薬なの?」 「中国で売られている媚薬だ。変な薬、麻薬とかじゃない。そう心配するな」 「媚薬…?」 「聞いてくるまでに30分は掛かるって話だ。あっちに到着するまでせいぜい楽しめ」 「楽しめって…」 「じきに判る」 あの潰れたモーテルの元ワインセラーまで私の

バイト先の狂宴

前職を私のわがままで辞職し、生活資金の為、アルバイトをしていた居酒 屋での事。 そこの従業員は以下の通り。 1)恰幅のいい、料理長である40歳代中盤のオーナー。 2)小柄だが、ガッチリした体型の、30歳代前半の副料理長。 3)結構な年齢で調理師の資格をとった

始まりは覗き(4)

優奈的には、この部屋にいる男は隆弘だけ、その隆弘が射精したら、次に フェラした時に、チンポがギンギンに勃起しているのはおかしい。 その違和感を避ける為、射精は清正と俺が楽しんだ後にする事になってい た。 そして、清正のフェラのあと、優奈の口にインターバルを

始まりは覗き(3)

そんな会話をしている途中で清正が来て、「あれぇ、可愛い女子高生のナン パに成功したのかと思ったら、優奈チャンじゃん!久しぶり―。」と、いき なり声をかけてきた。 「あっ、清正くん、こんにちわ―。」と、優奈が清正に挨拶してすぐに、隆 弘の隣に座り、「今からど

45歳の独身女(4)

「ああっ、でも、いやァ……」 私がいやがっているのは真実なのです。 心底この屈辱地獄から抜けだしたいと思っているのであって、 身体が反応するのは、意思に逆らった勝手な行動なのだと私は思いこもうとしたのです。しかし……。 「いやァ、ハアハア……いやよ、いや…

45歳の独身女(3)

男はへらへら笑い、45歳の独身処女女の苦悶のさまを楽しんでいどです。 一気に突き破るつもりはなかった。 下校途中の女学生を草むらに押し倒して強姦するのとはわけが違うのです。 少しも焦る必要などないのです。 少しずつ、ハメては休みハメては休みし、 骨の髄までこの

母娘陵辱(2)

 「はぁ、気持ちいい!」 湯船につかるめぐみの胸はゆらゆらと湯に合わせて揺れ量感を強調してい る。長い足は湯船には収まらず立てた膝が水面から出ている。 股間の薄い茂みが海草のように動きその奥の秘芯が透けて見える。ぼんやり していると脱衣所のドアが開いた。 (

仕組まれた陵辱(2)

「君がそんな人のプライバシーを盗み見するような下衆な人間だったとはねぇ。どうなの?」 勝ち誇ったように、しかし冷酷に所長は美幸をののしる。 「も、申し訳ありません…」 半べそで美幸はそれしか答えられなかった。 「謝られてもねぇ…。俺の恥ずかしいとここっそり

二股の代償

2年前のことです。 その当時、私は付き合っている彼氏のほかに、治樹という二股を掛けている人 がいました。二股といってもHは彼氏とだけでしたが・・。 彼氏がいることが治樹にばれてしまい、私のアパ-トで治樹と話をすることに しました。 私は彼がいること、治樹との

浮浪者と私

もう2年前のことになったので、言っちゃいます。 そのころ、けっこうH好きで、今風の扱いやすい若い男のコとかと軽く遊んではいたけ ど、あんな体験はもう一生ないと思います。 便利だけど物足りないHで流してた感じだったので、ある日ネットHフレとプレイす ることに

欲望に勝てなかった俺(2)

「くぅ・・・、ひどい・・・」 手の平で佳織の柔らかい乳房をこね回し、可憐な乳首を指先でもてあそぶ。 「あぁ・・・」 しっかり閉じられた目から、涙が溢れ出してきた。 それが絶望のためか、恥辱のためか、或いは俺に裏切られた悲しみから来たものだったかはわからなか

有香の受難

一人で忘れ物を取りに学校に戻った中学3年の有香。 そこで覆面をした男に捕まえられ、剣道場の更衣室に天井からつるされて しまった。服をずたずたに切り裂かれ、全裸で乳房や秘所を愛撫され、 一度イカされてしまった有香。すっかり濡れてしまった 有香の秘穴に、初めて

生意気な小学生

この前、章の高額を犯った。 夜の10時頃に公園でチャリを跨いだまま携帯に夢中になってるのを見つけた んだが、背中の開いた紐キャミとデニムのショーパン。アクセラリージャラジャラに 軽くメイクしていて生意気そうだけど、たしかに可愛い。 声をかけたら予想通りの大人
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード