萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

胸チラ

ユウコ

先日、同僚のユウコを犯した。 ユウコは容姿端麗という言葉が相応しく、とても綺麗な女だった。 仕事もテキパキとこなし、「男には負けない。」というのが口癖だった。 俺は何度もユウコに告白したがユウコが振り向く事はなかった。 ただ、それはどの社員が告白してもダメだ

脅されて性奴隷です

「ばらされたくなかったら…」先輩にパソコン室に呼び出され、画面を見ると…「……!」「まりちゃんだろ?これ…綺麗なおっぱいだね。…すごくエッチだ。」男に胸を鷲掴みにされ、犯され、喘いでいる私の写真が画面に大きく写し出されていました。 ホテルに着くと、服を脱

先輩たちと強姦にハマっていた昔の話

その女は、白地に花柄の刺繍のついたTシャツにエメラルドグリーンのひらひらしたミニスカート、小さなポシェットを肩からかけ、髪型はいわゆる「聖子ちゃんヘア」と、当時の典型的な若い女性だった。 きれいな長い足が印象的で、少し腰をふりながら歩く姿に、私達3人は一目

課長が・・・・

悪気はなかったんです。1人で寂しそうな課長を楽しませようとした冗談でした。昼食を持って1人で歩いている課長を見つけた私たちは誘いをかけました。『一緒にたべませんかー?』って。そこでパンにつけて食べるソースを渡して、笑ってもらうつもりでした。そのときは、課

高校生の集団

駅から会社までバスを利用していたのですが、そのバスは、終点の男子校○×高校の生徒もたくさん乗っていました。 いつも乗り合わせる男の子達数名が、コソコソと 「胸、でけーよな…」 「今日の服、胸チラ拝めそ~」 「男何人知ってんのかな…」とか服や体型のこと等、好

悪戯されちゃった

男友達の家で酔って寝てたらイタズラされました。 そいつとは学生時代からの付き合いがあって、互いの彼氏彼女の相談をしたり 社会人になってからは仕事の愚痴を言い合ったりする仲で、ずっといい友達だったんです。 いい奴だけど友達止まりっていうか、「好き」とかそうい

欲望に勝てなかった俺(2)

「くぅ・・・、ひどい・・・」 手の平で佳織の柔らかい乳房をこね回し、可憐な乳首を指先でもてあそぶ。 「あぁ・・・」 しっかり閉じられた目から、涙が溢れ出してきた。 それが絶望のためか、恥辱のためか、或いは俺に裏切られた悲しみから来たものだったかはわからなか

黒人に犯された女

こんにちは、都内でバーテンしてる26才の男です。 昨日の事なんですけど、俺は六本木駅近くのビルの7階のバーで働いていて、深夜2時位に休憩に入ったんで、バックヤードで一服してました。 そしたら、窓のすぐ近くで女の悲鳴みたいなのが聞こえたので、恐る恐る窓に耳

オフィスの女子社員(2)

奈々は「いやあああ」と言っていますが、僕は夢中でむしゃぶりつきました! 最初は陥没気味の乳首がミルミル勃起して、両方ともカッチカチに固くなっていました! 僕は「お前すぐ乳首勃起してんじゃん!ほらぁ!」と言いながら両乳首を弾くと、「あはぁああ、うっ、ぐっ」

印象深いレイプ

その女は、白地に花柄の刺繍のついたTシャツに エメラルドグリーンのひらひらしたミニスカート、 小さなポシェットを肩からかけ、 髪型はいわゆる「聖子ちゃんヘア」と、 当時の典型的な若い女性だった。 きれいな長い足が印象的で、 少し腰をふりながら歩く姿に、私達3人

守ってくれた先生を

中学の三年間、僕はイジメにあっていました。 小さい頃から引っ込み思案で、友達も少なく、そういうところに原因があったんだと思います。 イジメといっても、僕の場合は主にハブ・シカトという形で、カツアゲやリンチなど、幸い暴力的なものはありませんでした。 囲まれた

黒人レイプ

こんにちは、都内でバーテンしてる26才の男です。 昨日の事なんですけど、俺は六本木駅近くのビルの7階のバーで働いていて、深夜2時位に休憩に入ったんで、バックヤードで一服してました。 そしたら、窓のすぐ近くで女の悲鳴みたいなのが聞こえたので、恐る恐る窓に耳

不良に輪姦された姉(3)

「こうやって乳首に快感を集めるんだ…」 執拗な愛撫は5分程続きました。 姉の乳首は催淫オイルと木下の愛撫で驚く程に勃起していました。 「ぁはぁ…もぅ…胸やだぁ…」 縛られた腕に力が入り、二の腕が震えていました。 「そろそろ乳首も触ってやろうか?」 「ハァ…ハ

高慢な女の上司(5)

「今日、お前の女の全ては私の思うままにさせてもらうぞ」という僕なりの意志表示です。 残念ながら、僕の期待に反して指の腹に感じる彼女の女性器の息遣いには、まだ湿り気は感じられないようでした。 その女の部分は後の楽しみにすることにして、すぐに手を離し、今度は膝

肩揉みのはずが

数年前のある夜、居酒屋さんでの話です。 そこは当時勤めていた職場の仕事帰りにみんなが立ち寄るような店で、私も職場で、ちょっといい感じの仲の男友達が先にもう行ってると思い、1人で店に入りました。 10時過ぎていたと思います。 あんまりお客もいなくわりと静かな

満員電車と小学生

これはぼくが小学生(12歳)の時のお話です。 今回のエピソードは今から10年以上も前の出来事です。 この年の夏、ぼくは都内の某学習塾の夏季講習に通っていました。塾に行くには山手線や中央線を利用するのですが、この路線は非常に混む! この時、生まれて初めて『ラッ

乳首責め

ちょっと長くなりますが、今日あった痴漢を投下します。 下の方は全然触られていないのに長いので、お嫌いな方はスルーしてください。 今日は雨がすごいので、濡れてもすぐに乾くように薄着で 上はタンク、下はカーゴという薄着ででかけました。 ダイヤも大幅に遅れ、案の

振り向いたとき、ソコに・・・

振り向いたとき、ソコに・・・いつも粘りつくような視線。 実弟は、ワタシに興味を持ち始めてから、ワタシから視線を外さない。 始まりは、眠っているときに、ワタシのアソコを舐め回す実弟・・・。 夢かと思った。 でも、ソレは現実だった。 体に心地よさと快感が入り混じ

パートの事務員

会社の事務員の紀代子さん28歳。 性格がきつめで細身。 いつも憎まれ口を叩きながら荷物開けるのを一緒にやっていた。 女のとしてはみていなかった。 そんな時薄手のセーターを来て居て荷物開けるのを一緒にやっていると前屈みになると胸の谷間が見えた。 以外に豊かでしば

バイト先で・・・

何ヶ月か前から小さな出版社でバイトしてます。 雑誌の内容とかには関わらない雑用だけの仕事なのですが、このまえ会社の人にあるコーナーのモデルをしてほしいと頼まれたんです。そんな経験もないし始めは断っていたんですけど、やっぱり断り切れなくて。。 何も詳しいこと
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード