萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

芸能人・アイドル

自分の妻より中出し回数の多い他人妻

私は45歳、私の悪友Aも45歳である。 Aはギャブル狂で、競輪競馬に狂って自分の家庭に生活費を入れない月もあるような男だ。 そんなAと私が付き合うのは、Aの妻のT美が若くて美人だからである。 T美は33歳だから、Aや私よりひと回り年下なのだ。 T美は芸能

トイレにバイブを詰まらせるドMな淫乱人妻

二年前の話。 もう辞めちゃったけど。 夜中1時に待機所で待っていると一本の電話。 「あのぉー、トイレが詰まっちゃったんです!」 料金の説明をしていざ出発。 しかしこんなこと三年も繰り返してると正直イヤになる。 水道トラブル、トイレトラブル、24時間365

性欲に負けて超絶デブ女のおしっこ飲んじゃった

アダルト系SNSでデブスなドスケベ女とエッチしてしまった(泣) 芸能人で言うと女お笑い芸人の渡辺直美そっくりで、変態プレイしてしまった。 顔写メも送らないし、もっと警戒すればよかった。 メッセと電話でノリノリになりすぎたのが不味かった。 超絶ブスでデブな

彼氏持ちの女友達がしてくれた人生最高の手コキ

女友達(彼氏あり)と二人でツーリングに行って、一緒に風呂に入った時。 結局エッチまではなかったけど、死ぬほど興奮した。 暇だから思い出して書くか。 バイク仲間だったNちゃんは、ちょっと小柄だけど誰もが「あの娘可愛いね」と口に出すような女の子。 クリクリと

学校のアイドルとファーストフード店のトイレで

当時、僕はサッカー部の中学2年、由真は中学3年でした。 当時の中学生はみんな悪くて、男も女も平気で授業なんかサボってました。 そんな中、由真はアイドルを目指してレッスンを受ける日々で、当然授業はほとんど受けず、また早熟な言動で学内では注目の的でした。 長

飲み過ぎて義母とやっちまったかもしれない・・・。

少し前、夫婦で嫁の実家に行った時のことだ。 (※記憶があやふやな部分もあって少し話を盛ってるが気にしないように) 嫁は21歳の幼妻。 2コ下の義弟は都会の大学に通ってる。 実家は“ど”が付く田舎で、だだっ広い一軒家に義理の両親が2人で住んでる。 資産家っ

いつもドアの覗き穴から見てた隣の人妻と

隣にどんな人が住んでいるが確かめる為に、廊下で人の足音が聞こえるとそっと自分の部屋のドアの覗き穴に向かって観察するのって誰でもするよね? 特に引越した直後。 で、学生時代に引越しをした時の話。 自分の部屋は2DK、隣の通路奥の角部屋はファミリータイプの3

隣の部屋の可愛くておかしな女子大生

新入社員として配属になった本社は県庁所在地にあって、故郷より都会だったが、大学生活を4年過ごした東京よりは田舎だった。 新社会人の第一歩を踏み出したワンルームマンションの隣は、20歳の女子大生だった。 ショートカットで目がクリンとしたフェレットみたいな可

酔っ払った従姉にオナニーを見られて

これと言った体験の無い僕ですが、その昔、従姉とセックスしたことがあるので、その時のことを書いてみたいと思います。 よかったら読んでみて下さい。 それは僕が大学に入ったばかりの時でした。 東京の大学に入った僕は伯父さんの家に居候をしていました。 伯父さんの

接待コンパニオンになっていた同級生

数年前、僕がまだ東北のとある田舎町で会社勤めしていたときの話です。 勤務していた会社が、社員の福利厚生のためにと所有していた湖畔のログハウスがありました。 そこに取引業者さんを呼び、野外でバーベキューなどして、まあ接待みたいなことが行われたことがありまし

チケット代は女友達のカラダで

学園祭での某アイドルグループのチケットを僕は持っていた。 アパートでのんびりしていたら、女友達の裕美がやって来た。 そのチケットを高値で譲ってくれとのこと。 僕はもちろん断りました。 さらに言うならば僕は裕美が好きではなかった。 たしかに美人でスタイルは

誰にも言えない“娘の父親”の話

私34歳で、夫38歳です。 息子と娘が居ますが、“娘の父親”の話です。 息子が小学生にあがってから、夫にパートに出るように言われました。 夫の収入減によって専業主婦でいるのが苦しくなってきたからです。 (ずっと専業でいられると思ったから結婚したのに・・・

同僚の綺麗な人妻が泥酔して寝てる隙に・・・

これは四年前の話・・・。 会社の事務に33才の綺麗な顔をしたMという女性がいます。 こんな綺麗な人が世の中に居るのかと思うぐらい顔も身体も完璧で、社内ではアイドル的存在です。 ただ、残念な事に既婚者です・・・。 そんなMと私はお互いの子供を連れて出掛ける

手コキ我慢大会のご褒美は・・・[前編]

今思い出しても、顔から火が出るような、同時にチンポがむずむずする記憶・・・。 俺は小学校の卒業と同時に家の都合で少し田舎の隣町に引っ越したのだが、そこの中学は性に対してオープンと言うか、あっけらかんと言うか、荒んでいると言うか・・・。 とにかく女子が男子

先輩達に輪姦された学校のアイドル的存在のRさん

僕が中学生だった頃の体験談です。 どこの中学校にも大抵居るようなアイドルが、僕の学校にも居ました。 性格も良くてとても明るく、ルックスもかなり上でした。 その子を仮に『Rさん』と呼びましょう。 Rさんは女子バスケ部のキャプテンで、男子バスケ部員とも仲が良

サヨウナラ妊娠オメデトウ

私は22歳で、21歳の彼女がいます。 彼女とは学生の時にアルバイト先が同じで、そこで仲良くなって付き合いました。 彼女は私が言うのも何ですが、かなり可愛くて、芸能人で言うと新垣結衣を少し小柄にして、さらに笑顔を可愛くした感じです。 付き合い始めた当時は彼

社長室でお医者さんごっこ

私は26歳の会社員。 大学をストレートに卒業し、家のすぐ近くにある建築設計会社に就職した。 入社5年目である。 全社員で15名というこじんまりとした会社だが、男性社員が3名、女性社員が12名と、とても環境のいい所である。 しかも女性社員は「顔で面接してる

エログの『女神』だった大学サークルの後輩[後編]

真希はアイマスクをしているので2人の早過ぎる侵入も問題ない筈だったが、意外にも速攻で反応した。 「えっ?先輩??他に誰かいません?」 「ん?いる訳ないじゃん」 「え?え?嘘っ!?誰かいますよ?」 「いないってば」 「嫌だっ!ちょっと待って下さい!!先輩!

俺の嫁になった義妹との約束の数々

まだ俺が幼稚園に上がる前に、俺の実母に去られた甲斐性なしの親父。 そんな親父から、若くて美人で気立ての良い新しいお母さんを紹介されたのは小6の時だった。 その時一緒について来たのが幼稚園年少だった、後に俺の嫁になる事になる義妹だ。 半農生活をしている(俺

痴漢と私の三駅区間の横恋慕

事の始まりは朝の通勤電車だった。 電車が動き始めてすぐに自分の尻に手が伸びてきて、咄嗟に『あ、痴漢だ』と思った。 しかし、つい先日まで違う人にずっと痴漢されていたのもあり、『今度は違う人かー』くらいの感覚。 その日はハーフパンツにタイツも穿いていたから大
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード