萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

階段

寝てる夫の隣で78歳のお義父さんに抱かれた[中編]

お義父さんと体の関係を持ってからは、昼間、主人も子供もいないのをいいことに、毎日のように求められるようになりました。 何かと理由をつけてお義父さんの部屋に呼ばれて・・・、というのはもちろん、昼食の準備中にキッチンで、洗濯物を干している時にベランダで、所構

いきなり咥えてきた変態おじさん

中1の冬休みに、お年玉でデジカメ買って夢中で写真撮ってました。 夜景を撮りたくなって、小高い山にある展望台に行った時のことです。 山と言っても高台みたいな場所で、遊歩道を自転車で10分くらいの場所でした。 展望台からの夜景はとても綺麗で、夢中でシャッター

子供の水泳教室で若いコーチに中出しされていた妻

私は34歳、妻は32歳。 結婚6年目で、幼稚園に通う5歳の子供が一人いる。 昨年の秋から、近所に出来た室内温水プールで開かれる週二回の水泳教室に子供を通わせている。 一応、親が付き添う事になっているのだが、私は仕事が忙しくて見学にも行った事も無く、妻に任

酔った勢いで押し倒したアラフォー女は、まさかの処女

長年連れ添った妻と別れて間もない38歳の時。 会社から自宅のマンションに帰宅すると、一台の引っ越し業者のトラックが停車してあった。 様子を窺うと、新しい住居人と思われる中年女性の姿があった。 茶髪にピンクのカーディガンに白いパンツという格好の、清らかで品

ホストを逆ナンしてフェラしまくってた高校時代

私が女子高に通っていた頃の話。 仲の良いクラスメートと一緒に、学校帰りに街角で、ホストのキャッチやホストっぽいお兄さんを逆ナンして、フェラチオでイカせるお遊びが流行っていた。 当時はホストブームで、ホストをテーマにした漫画とか多くて、ホストは憧れの対象だ

黒髪清楚な女子高生と満員電車で超密着

朝の地獄のような通勤ラッシュに揉まれながら、いつも会社に行く俺。 『社畜』という言葉を強く意識する瞬間だけど、たまに良い事もある。 本当に身動き一つ出来ないようなラッシュの中、たまに制服の女の子と密着できたりする。 柔らかい感触と良い匂いを満喫しながら、

嫁の授乳姿でオナニーする男の子たちに興奮して

俺(42歳)、嫁(38歳)で結婚14年目の夫婦です。 子供は3人いて、上が小6の女の子で、真ん中が小3の男の子で、一番下はまだ1歳の男の子の5人家族です。 10年程前にマイホームを購入し、今は家族5人で幸せに暮らしている。 妻は低身長で、20代に見える童

大学時代に失恋の傷を癒やしてくれたパートのおばちゃん

私は46歳、結婚20年の愛妻は41歳、子供は2人います。 ごく平凡な家庭ですが、幸せなことに、いい年をして今でも週2、3回夫婦の営みがあります。 夫婦仲はとてもいいと思います。 でも先日、関東のある街に出張で7年ぶりに訪れた時、7年前の唯一の浮気を思い出

彼女の姉ちゃんとヤッた・・・そしてバレた[後編(地獄編)]

ここから地獄編。 部屋に戻ってTVを見てるふりをしているとチカが風呂から上がってきた。 チカが注いで来たポカリを飲みながら10分ぐらい話してると、そろそろ時間も2時を過ぎていたから(チカは次の日仕事)・・・。 チカ「そろそろ寝よっか?」 俺「そうだな」

エロ本でオナニーしてた姉を押し入れの中から覗いた

とりあえずスペックから書いておく。 俺:当時中2、バレーボール部のセッターをやってた。 身長は当時で170cm位。 姉:当時高3、可愛いというより美人系だと思う。 身長は当時も今も152cm。 体重は痩せ気味とだけ。 あれは中2の2学期が始まってすぐ位の

同僚の人妻OLに「抱いて・・・」と頼まれて

私は妻と子供が1人いる29歳で、彼女は同じ29歳で子供は2人です。 私は結婚して4年目、彼女は結婚9年目だそうです。 出会いは1年前、私が働いている会社に彼女が派遣社員として入ってきた事でした。 席も近く年が同じという事もあって、すぐに仲良くなりました。

ダイエットしたての女の肌は吸い付くような柔らか弾力感

Aは取引先のグループリーダーの子。 イメージで言うと顔は観月ありさ系の顔立ち。 ちょっとぽっちゃり(つか太め)してるけど、色白でパイもそこそこある感じ。 身長は160cmくらいで歳は25、6歳かな。 大体、月1で打ち合わせをする程度の仕事の関係だったが、

マンションの屋上でSEXしてたらババァに怒られた

<スペック> 俺:学生、身長168cm、フツメン。 彼女:学生、身長155cmぐらい、昔の上戸彩似。 いつも元気でゲームとファッションとおしゃべりが何よりの大好物。 名前は『彩(仮名)』にしときます。 俺の誕生日だったからデートしたんだ。 カラオケで喉が

困ってたフィリピーナを助けたら恩返しがすごかった

10年位前の冬の話。 当時まだ独身で、俺的にテレクラにハマっていた。 その日も仕事が終わっていそいそとテレクラに、アポとったんだけど、結局スッポカシ。 時間も23時過ぎていたんで、店に戻っても無理かなとか思いつつ、なんとなく諦めきれなくて車で街を流してた

姉の友達のTバックでオナニーしたら

俺が中3の時の話です。 俺には2つ上の姉が居ます。 姉は中学の時にはソフトボール部に入っていました。 それで高校の時も同じ部に入ったらしい。 その子、享子さん(仮)とはその時に知り合ったみたいで、姉はキャッチャーをしていて、享子さんはピッチャーらしいです

ロケットのように噴射した精子が母の顔や髪の毛に

皮膚が弱い体質の僕は、小さい頃からアトピー皮膚炎や湿疹などに悩まされ、皮膚科によく通院していました。 そんな僕も中1になり、皮膚炎になることもなくなり快適な生活を送っていたのですが、ある朝起きると下腹部に湿疹ができており、寝ながら無意識に掻いたのか、赤く

見た目は超怖いのにMっぽいオジサン

相手:36歳、男、バツイチ、シングルパパ、体育会系女子マニア。 一週間ぐらいメールしてました。 初めからエロ系募集だったので展開早かったです。 体育会系女子マニアでショートヘア好きだと言っていたので、「まさにあたしのことです」と言ったら食いついてきた。

Mな私を覚醒させてくれたメル友のおじさん

相手は41歳、既婚。 (私ってMなのかも?)と迷っていた時、そういう話ができるメル友欲しさに書き込み、最初にメールを送ってきてくれた彼。 場所が遠いので会おうとか誘われないだろうと思ったこと(怖かったし)、最初からエロメール全開な他の人に対し、真面目にS

酔い潰れて寝ている友達の彼女に中出し

学生時代の話だが、Kという友人がいた。 ある日、「部屋で飲んでるから来ないか?」とKから電話が入った。 AV鑑賞会をしようと言うので、ノリノリで酒と摘みを持って彼の部屋に行くと、既に部屋には空き缶が散乱していて、Kはだいぶ出来上がっていた。 K「さすがエ

初恋のコのおしっこを拭いてやったら[後編]

おんぶして部屋に戻ると寝ているメンバーはまだ寝ています。 香里奈を座らせて、二人で水を飲んでました。 「どうする?みんな寝てるし。タクシー呼んで送ろうか?」 「う~ん・・・あの二人に相談してみる?」 「つか、酔いはおさまった?濡れたせいで?」 「アホぉ~
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード