萌えるエッチ体験談

萌えるエッチ体験談 〜非日常的なエッチな体験談をお届けします〜

♥萌えるエッチ体験談では非日常的なエッチな体験談・官能小説を集めて配信しております♥

靴下

学校の視聴覚室で女の先輩と洋物の裏ビデオを見ながら

高校時代に放送部だった俺は土曜の午後、誰も居ない視聴覚準備室でK先輩(♂)に命令された洋物の裏ビデオをダビングしていた。 もちろん外部にばれない様にドアに鍵を掛け、暗幕を引いて誰も居ないように見せかけて。 1時間のテープを2本ダビングした頃、ドアを誰かが

K子の白い靴下とボーボーのあそこ

私とK子はクラスでは対照的な存在だった。 クラスでの私は派手系グループのメンバー、K子は委員長タイプでいつも本なんか読んでいた。 今どき、おさげでメガネという見た目で、この子とは気が合わないだろうと勝手に思い込んでた。 何がきっかけだったかは覚えてない。

パンチラくらいと思っていた写真撮影で・・・。

知り合いには絶対に話せない出来事です。 この間、街中を歩いていたら、モデルのスカウトに声を掛けられました。 その日は待ち合わせをドタキャンされて、暇潰しにならいいやと話を聞きました。 内容は、最近ネットでよく宣伝されている、女子高生のギリな制服姿の写真集

女子高生のおしっこ我慢対決

これは実体験です。 軽く紹介をしたいと思います。 みんな高校1年生です。 『真紀』 身長は小さめ。 スカートは総丈23センチのモノを着用。 トイレは割と近い方。 水泳部。 『佐倉』 一番身長が低い。 スカートは総丈26センチ 高校ですでに一度“失敗”して

酔い潰れた彼女の口に突っ込んでする変態オナニー

ある日、彼女といっしょにカラオケに行きました。 俺は下戸(したがって運転手)、彼女はうわばみ。 フリータイムで5時間ぐらいでしょうか、俺はコーラ、彼女は酎ハイを飲みながらカラオケしてたら、当然彼女だけがベロンベロンになるわけです。 彼女は酔っ払うとアッチ

思ってたニューハーフと違った

簡単にスペック。 俺:28歳、公務員、雰囲気イケメン、175センチ、60キロ。 相手:38歳、男(いわゆるニューハーフに向かっている途中)、175センチ、70キロくらい? 俺は、年が30近くなってからやたらとモテ始めて、結構楽しい性生活を送っていた。 た

ビッチな私とイギリス人

ビッチですみません(笑) イギリス人の彼と知り合った日は、新しく店がオープンするとか言って、そこにひとりで遊びに行って、ビール飲んでライブ見ながら踊ってたら、外国人3人組と目が会った。 1人は記者で後はその友達らしく、そのうちの1人がビールくれたりして、

妻を見初めた禿げ社長[中編]

あの後、妻は禿社長に罵声を浴びせるでもなく、咽び泣く風でもなく、淡々と自らを処置していた。 ただ一度、大きく深いため息をついたのが余計に妻のやるせなさを表わしていた。 さっきまでの勢いはどこへやら、禿社長は青菜に塩。 背中を丸くして、申し訳なさそうにして

メタボな俺がセクシーな人妻を口説き落とした話

5年ほど前の話。 当時35歳の俺は熊本に転勤した。 縁もゆかりもない九州に転勤させられたってことで仕事ができるかどうかは察してくれ。 子供はいないし嫁は友達と機嫌よく遊んでいたので、俺は土日といえば釣り三昧のリアル浜ちゃん生活を送っていた。 嫁とはレス、

制服&ルーズソックスの女子高生と中出しセックス

最近、超可愛い女子高生に中出ししてしまいました。 寛子ちゃん(16歳)とはアルバイト先で知り合いました。 とても可愛いくて性格の良い娘です。 いつも学校帰りに制服で職場まで来ます。 制服&ルーズソックスで、身長157cm。 足もスラッとしてナイスなスタイ

借金まみれでソープに落とされたという美形短大生

競馬で大勝ちをしたので、生まれて初めてソープランドというものに行ってみた。 俺は童貞ではないが、どちらかと言うと残念な見た目なので、ここ最近は全然セックスをしていない28歳。 初めての風俗と久しぶりのセックスなので、ドキドキわくわくしながら店(60分2万

彼への復讐を私のカラダで果たした不良たち

私には壮絶なレイプ体験があります。 それもただ犯された、というよりも“いたぶり抜かれた”という言葉の方が適切かもしれません。 思い出すたびに恥ずかしくて、辛くて、怖くて、叫び出したくなる衝動に駆られる一方で、どこか妖しい胸の昂ぶりを抑えきれなくなる経験で

壁が薄いアパートで友達がやってる声を聴きながら

昔、不動産屋に勤めていたんだけど、案の定友達から『良いアパートやマンションの賃貸探してくれない?』ってお願いされるんだよね。 それである時、高校時代の同級生だったかおりっていう女友達に、「社会人になってから親元離れたい!でもあんまり予算がないから安くて良

可愛いと評判だった友達の美人ママと[中編]

俺は土曜日の10時頃、翔君の家に到着した。 高い塀で囲まれた大きな家だった。 翔君の父親は、翔君が中1の頃から単身赴任で家には居なかった。 チャイムを鳴らすと翔君のママが出迎えてくれた。 翔ママ「純平君、いらっしゃい。翔は練習行ったわよ」 翔君のママは笑

ギャル集団のタマ蹴り

もう6年も前の話ですが。 あれは高校3年生の時、クラスの女子の権力を持った集団(俗に言うギャル達)の中の一人を俺が好きだということがギャル集団のボスにバレてしまった。 当時俺はクラスに友達なんて一人も居なかったし、休み時間も寝て過ごしていた。 ボスは俺に

荷物検査中に女性警備員の手でイッてしまった

九月の末に一週間、毎年恒例のバンコク一人旅。 年一回の贅沢。 目的は、タイマッサージ、タイ料理、そしてセックス。 日中はバンコク市内至る所にある古式マッサージ店にてマッサージ三昧。 とにかく安い(日本の十分の一くらい)。 気持ちいい。 あそこも元気になる

母を愛人にしている社長を好きになって

あれは私が中学3年の出来事でした。 塾に行く途中、お金を忘れたのに気が付いて、母が勤めていた会社に寄りました。 いつもの様にドアを開けて入って行きましたが誰も居ませんでした。 帰ろうと思って出ていこうとした時、奥の給湯室の方から何か聞こえたような気がしま

女子野球部員の着替えとシャワー

俺が高校2年の時、野球部に入っていた。 工業系の学校で強さは中の上くらいだが、今年から他県で有名な監督が就任し、春から練習量も増えていて、本気で甲子園を目指そうという感じだった。 工業系で男ばかり、女なんてクラスに数人いればいいほうだ。 そんな学校に革命

普段は大人しいのに酔うと痴女になる妻

大学を卒業し、大手のチェーンストアに入社した会社で妻と知り会いました。 初の職場として都市部の巨大店舗に配属された僕。 幹部候補生扱いでしたが、まずは売り場での研修から始まります。 1階フロア、そこでレジ主任として働いていた彼女。 僕より3歳年上、スレン

脚のきれいな人妻OLと残業中に制服エッチ

俺は10人ちょっとの小さな会社だが一応専務(36歳)。 彼女K(27歳)は去年採用した事務員。 もちろん面接、採用したのは俺。 ちょっと細めで、顔はそうだねー、敢えて言うなら深田恭子をちょっと細くしたような感じ。 身長は160センチくらい? 髪は肩まで位
最新コメント
メッセージ
カテゴリー
アーカイブ
QRコード
QRコード