出張先での出来事。

うちの会社は出張が多いのですが、男女ペアになることはめったにない。

会社も気を使うのだと思います。

しかしその時はスケジュールの都合で、俺と涼子の2人で出張だった。

俺、32歳既婚。

涼子、25歳独身。

俺と涼子は中途入社組で妙に馬が合い、何人かの仲間でよく飲みに行く仲だった。

時にはY談もしたが、それは仲間内でのこと。

涼子にも彼氏がいたし、恋愛感情などはなかった。

まあ美人だし好みといえば好みなのだが。

出張先で一日目の仕事がおわり、一緒にホテルのレストランで食事をしてるとき、いつものようにY談になった。

ただ2人だけというのがいつもと違った。

お互いのセックスや趣味など。

すると、アナルセックスの話になり「アナルだと彼氏がいくのが早い」と涼子。

「え?お前アナルとか使えんの?彼氏に教えられた?」ときくと、前の会社で不倫してた上司に教えられたとのこと。

この見た目いい女が、おっさんにいいようにされてたと思うと、妙に興奮し、あらためて女として見直してしまった。

その他にも色々と教え込まれたらしい。

「へ?じゃあ俺も一回お願いしようかなあ・・」と冗談ぽく言うと「いいよ?wでも奥さんに悪いからやっぱりだめ。」と笑う。

一度皆で俺んちに遊びに来た時、妻とは面識があった。

結局その日は何もなく翌日2日目の仕事を終え、明日、帰るだけとなった。

お互いがそれぞれもち歩いた商品を持ち寄り、合わせてチェックするために、俺のホテルの部屋で2人で伝票とチェックする。

いつもはパンツスーツの多い涼子だったが、その日はタイトスカートのスーツだった。

ベッドに腰掛けたその足が、妙になまめかしかった。

チェックも終わり「飲みに行くか?」と誘うと「時間も中途半端だし、いいよ・・」と涼子。

その割りに自分の部屋に戻るとも言い出さない。

自販機でビールを買ってきて飲みながら、話をした。

俺は昨日の話が気になって仕方がない。

それとなく水をむける。

涼子はまたその話に乗ってきた。

そして俺は涼子の隣に座りなおすと、俺「やっぱ、気になるな?。お前のセックス・・」

涼子「試して見たいの・・?」少しアルコールが入って座ってきた目で見つめてくる。

俺「させてくれんの?」

涼子「内緒に出来る?私どろどろとかヤだから・・」俺はチャンスとばかり肩を抱き、キスをする。

涼子の舌はビールの味がした。

そのまま押し倒そうとすると、

涼子「あ、だめだよ。シャワー浴びないと・・」

俺「いいよ、そんなの」というと、

涼子「だめぇ。後ろも使いたいんでしょ。きれいにしないと無理・・」なるほど道理である。

シャワールームに涼子が行き、シャワーの音が聞こえ始めてから俺もその場で服を脱ぎ、シャワールームに闖入した。

涼子「わ、えっち・・・」言いながら特に嫌がる様子はない。

涼子「洗ってあげるよ」と俺の全身に手でボディーソープをなすりつけながら、愚息にも手を伸ばす。

涼子「げ。でかいじゃん。入るかなぁ・・無理だったらごめんね」と念入りに洗う。

まるで風俗嬢のようだ。

ベッドにいくと俺は懸命に奉仕した。

涼子の体は想像以上にきれいで、スタイルが良かった。

声を抑えながらも敏感に俺の責めに反応した。

涼子「ふわあ、すごいね。さすが既婚者。今度はあたしがしたげる」と体を入れ替えてフェラチオ。

涼子「固くしないと、後ろ入らないからね」

涼子「じゃあ、まず前から入れて・・」

俺「でも俺ゴムとか持ってないぞ・・」涼子「いいよ。生で。いく時後ろに出せば・・」正常位で挿入。

涼子のそこは愛液でべとべとだった。

しばらく涼子の前を楽しんだ後、

涼子「じゃあ、後ろ入れる?」と自分で両足をもって、足を大きく広げた。

俺はそこに挿入していった。

思いのほかすんなり入っていく。

先に前に入れさせたのは滑りをよくするためだったのか、と妙に感心した。

搾り出すようなうめき声を聞きながら、強いしめつけを楽しみ、最後はバックスタイルでしりあなのの中に放出した。

俺「すげーな。お前・・気持ちよかった・・」

涼子「ふふ。惚れちゃった??休んだらもう一回しよ?」結局その日は前に後に計3回放出した。

涼子は朝まで俺の部屋で眠った。

涼子は俺と体の相性がいいと言い、帰ってからもしばらく関係が続きました。

基本的に縛ったり、おもちゃ使ったりと何でもOKでセフレとして重宝しました。

1年程関係し続け、表面上は仲のいい同僚で最後まで押し通しました。

俺の転勤、その後彼女の結婚で終わりになりました。

今もって彼女以上のセックスの相手には嫁も含めて出会っておりません・・