中学のとき、同級生の女の子から「後で○○(同じクラスの子)をボコるから来いよ」と誘われたんだ。

俺はビデオ係を頼まれたので一旦家に帰りDVハンディカムをもってチャリを飛ばして現地に行った。

俺に声をかけた子と○○が何か言い争いをしている。

その後ろにもう一人別の女子、そして少し離れてクラスの男子が2人、ごくふつうのグループデートみたいな雰囲気に見えなくもなかった。

俺が着くと後ろの子が手招きして俺は○○の後ろに回り気づかれないように撮り始めた。

俺が撮り始めると、主犯の子が○○の両腕を強く引っ張り、○○が前屈みになったところでTシャツを裏返しにめくり上げた。

その瞬間に後ろの子がジャージとパンツを同時に引き下げ、○○のおしりが丸出しになった。

さらに○○を仰向けに倒して主犯の子は○○の顔と両腕の上に座り込んで押さえ、もうひとりは下げたジャージの上に両膝をついて押さえ込んだ。

主犯の子がブラをはぎ取ると○○は全裸状態、あとでビデオで確認するとここまでの時間はわずか5秒だった。

○○はしばらく抵抗していたけど、頭と両肘、両膝に体重をのせて押さえられているのでどうにもならない。

しばらくしておとなしくなると、まずひざを押さえていた子がジャージとパンツを完全に脱がし、ついで主犯の子がTシャツとブラを脱がせた。

○○はあきらめたのか身体を隠しもせず両手両足を投げ出したまま地面に座って泣いていた。

後で考えたことだが、この脱がせ方はプロの技なのかもしれない。
Tシャツを首のところまで裏返しにめくると目隠しになる上に両腕がきかなくなる。

ジャージをひざ上まで下げると両足を動かせなくなる上に両膝の間に膝をのせてジャージごと押さえると足を広げた状態で固定されてしまう。

○○はまだ陰毛が薄いこともあったが押さえられたときにはワレ目も丸見えになっていた。

俺は文才がないのでどこまで感動が伝わったかわからないけど、これは今までの人生で一番興奮した思い出。

いま自分で読み返してもやっぱ俺って才能ないと思った。

撮ったDVテープは誘ってきた主犯の女の子とその場に一緒にいた男2人にはダビングして渡したから仲間内では出回ったかもしれない。

カメラはi-Link対応だけど俺のPCはUSBしか接続できないし専門のソフトもないのでPCには取り込めない。

ダビングしたのはVHSだし俺が知る限りではネットには出てないようだよ。

これは中2のときで男は皆童貞だったしエッチとかレイプしようとか誰一人考えてさえいなかったと思うよ。

それどころかボコられた子のTシャツを脱がせる(目隠しが外されるところ)で俺は撮影やめてカメラを後ろに隠しちゃったよ。

その後主犯の子が俺のカメラを取って続きを取り始め、その子はカメラに気づくとまた大泣きしたけど、すぐに両膝を抱えてうずくまった。

でも実はこの格好って脚の間からワレメが丸見えなんだよね。

主犯の子はそのワレメに軽く蹴りをいれて「どうせ見られて隠すもんなんてないだろ」って一喝、女の子を立ち上がらせてそれをビデオに撮ってそこで終わり。