昨日身長くらいの巨乳の大女と本挿を経験した。
穴じゃなくて本挿。
つまりマンコに本挿れた。
決してスタイルは良い方じゃ無いけど、抱き心地のある大きい身体は俺好み。
オッパイも乳首が大きめのちょっと重さで垂れ下がった、なんつーか
地黒で下品なオッパイしてる。
そういうのが俺は好き。
友人と自宅に連れ込みPを開始するとマンコ肉の柔らかさに驚いた。
だって指が本余裕で入る
ゆるいんじゃないよ
ちゃんと閉まる。
「入るんじゃない」って友人の言葉をキッカケに実行。
下と上から一つのマンコに交差して入る様子に女も大興奮
マンコだか相棒のチンコだかわかんない独特の感触に男は結構微妙気味。
最初は女が悲鳴みたいな声出してるから近所が心配だったけど、
抜くと「もう一回」とせがんでくるので抜いては口でやらせて
涎で濡れたらまた入れるの繰り返し。
女もマン汁だらけのチンコを良くしゃぶるのでなかなか楽しめました。
いやぁ あんな体験考えもしなかった。
あのマンコの柔らかさなら多分アナルの肉も相当柔らかいと思うので
今度はハッキリ「アナルでやるから来い」って呼び出してみようかな
結局最後は口からマンコから液ダラダラの足ヒクヒクさせて身動き取れず。
その様子に興奮した相棒が半開きの口に無理やり突っ込んで回目開始。
頑張ってしゃぶる様子に興奮した俺も口に突っ込んで
最後はダブルで顔射しちゃった。
普段顔射ってやった後にちょっと可哀想な気がして後悔するんだけど
顔から相棒の精子垂らして俺に突かれてる女見たらたまらなくなった。
今日帰ってからシーツの洗濯しないとパリパリで寝れません。
ちなみに回目終わった時にもう一回だけ本入れて写メ撮らせて貰いました。
無断だけど抵抗の気力無し。
なすがままに本入れて大股開いてハイポーズ
楽しかったよ
ミユキ写メ撮ってごめんね