今日は、母とやっと二人きりになれる日だ。
今日こそ母を犯してやろうと、俺は朝からどきどきしていた。
夕方、母と食事をしたあと、「先にお風呂はいるね。」と母が風呂場に向かった。
やがて、湯をかぶる音がした。
俺は着ているものを全部脱いで、勃起させながら風呂場に向かった。
耳を済ませると、タオルでごしごし身体を洗っている音がする。
しばらくすると、湯をかぶった。
そして、頭に湯をかぶったのだろう。
ぺっぺっぺっと口に入った湯を吐いている。
俺は、そっとカーテンを開け、母が今さっき脱いだ下着を手にとってみた。
パンティーやブラジャーが脱ぎ立ての温かいままだった。
すりガラス越しに母がシャンプーをしてている。 俺は、意を決して、ガラスを開け、中に入った。
「母さん。いっしょに入るよ。」俺は震える声で言った。
「え、ええー!ちょ、ちょっと!」シャンプーで、目が開けられない母。
垂れたおっぱいと大きな乳首。
そろえた足の真ん中に黒い茂みが・・・。
「別にいいじゃん。」母は慌てて無効を向いて湯をかぶって頭を流した。
そして、「なんで、はいってくるのよ!もう出るわよ!」といって出て行こうとしたとき、母のおっぱいの揺れをみて抑えがきかなくなった俺は、母に抱きついていた。
そして、乳首に吸いつき、おっぱいをもみもみと揉んでいた。
「きゃあ!なにするのよ!」俺はちからずくで母を四つんばいにさせると、勃起したものをバックから挿入していた。
「い、いたあい!」俺はあまりの気持ちよさでそんな母の叫び声なんか耳にはいらない。
ぎしぎしと俺のおちんちんが母のおまんこに出たり入ったりしている。
「い、いやよ。も、もうやめて!」母の垂れたおっぱいを下から揉み上げ、撫でさすりながら俺はピストンをした。
「かあさん!い、いく!」どぴゅどぴゅどぴゅっと母のおまんこの中に射精した。
母は泣いていた・・・泣きながら母は湯ぶねにつかまってうずくまって振るえていた。
「かあさん。ごめん・・・。」肩をさわると「さわらないで!」と俺の手をふりはらった。
そのとき垂れた小さなおっぱいがふるふると揺れた。
その揺れをみたとき、そして垂れてとがったおっぱいの先のおおきな乳首が立っているのを見たとき、再び勃起した。
俺は母のお尻をつかんで持ち上げると、またおちんちんをあてがってずぶずぶと挿入した。
「きゃあ!ま、また!もう、いやあ!」ず、ず、と出し入れをしていると、ぬちゃぬちゃと音がしてきた。
「かあさん、濡れてきたね。気持ちいいんだね。」「そ、そんなはずないでしょ!」俺はずん!ずん!ずこず!と、激しく打ち込んだ。
「ああっ!あんあん・・!」母は、明らかに感じている。
手を前にまわし、おっぱいをもみもみしながら、乳首をぎゅうっとつまんでみた。
「あああ!い、いやあん!」母は感じている!俺は興奮した。
バックから突きながら、母のおっぱいを揉みまわし、顔をこっちに向けさせてキスをした。
ー・・うんうん・・!」ぶっちゅう。
激しいキスだった。
そのままピストンを速めていった。
「ああ!い、いやあ!い、いっちゃいそうよ!ああん!あん!あ!」母の小さな身体が壊れんばかりに激しく突きまくってどくどくどくどくっと母のおまんこの中に再び射精した。
「はあはあはあはあ・・・」しばらくして、俺は母を優しく抱きしめて、身体を洗ってあげた。
そして、着替えたあと、ベッドで母を抱きながら朝までいっしょに寝た。