財布を落してしまい、どうしても支払いに必要だった為、出会い系で助けを求めました。知り合ったのは同じ30代の独身男。彼は私の必要なだけ支払うから、アナルプレイを希望しました。昔、付き合った人とアナルの経験がありましたが、もう何年もしてなくて怖かったです。けれど旦那に財布を落したとは言えないし、時間もないし会う事にしました。
昼過ぎに約束の場所に行くと眼鏡をかけた秋葉系の男が来ました。男の車でホテルに行くとsm専用ルームに連れていかれ、部屋に入ってすぐに男は持ってきた鞄からバイブ、ローター、大きな注射器などを取り出しました。私は全裸になり、産婦人科の診察台みたいなモノに座らされ、固定されまし た。そして徳用箱の浣腸を全て注入されました。男は風呂場から桶を持ってくると「ココにしなさい」とお尻の下に置きました。ブリブリと大量のうんこを出すと「いっぱい出たね。まだ綺麗にしなきゃ」と今度はお湯を注射器で入れ、空気でアナルに栓をする玩具を入れました。「や…お腹が…」「大丈夫だよ。少し我慢した方がいいから」とローターでクリを刺激しました。「やぁぁぁぁぁぁ」「嫌こんなに濡れてるのに」私は自分でも気付かない間に浣腸だけで感じてしまっていました。「あっ…そんな…」「気持ちいいんでしょ我慢して排泄するのって…」そう言ってアナルの栓を抜きました。「あぁ出るぅ見ないで」ドバドバと水とうんこを出すと「あぁ、まだうんこが出てるね。もう一回綺麗にするよ」とまた注射器で浣腸されました。三回目の排泄が終わるとアナルにローションを塗り、ローターを入れました。「今ローター入ってるのわかる」「は…はい」「何個入るかな」「え」男は持ってきた個のローターを全部アナルに入れました。「全部入ったよ。コレ一度に動かしたら気持ちいいよ」と言ってスイッチを入れました。「ひっやぁぁぁ…あはぁ」ブーン…カチカチカチ…アナルで個のローターが暴れます。「気持ちいいでしょ」男が私の顔を見て言います。「はいぃぃぃ気持ちいいですぅぅあぁい…いくぅ」私はアナルの刺激だけでいってしまいました。
私がいくと「アナルだけでいっちゃたねこっちも欲しいでしょドロドロだもんね」とお●んこにもバイブを突っ込みました。「あがぁはっ…いぃ…くぅぅ」アナルのローターは動きっ放し。男にバイブを出し入れされ、アナルローターとバイブが肉壁を擦る快感におしっこをもらしながらいってしまいました。
「おしっこ漏らすくらい気持ち良かったじゃあ、今度はローターをうんこするみたいに出してみて」男にそう言われて、腹部に力を入れてローターを出しました。「あっ」と声を出すと「出す時、気持ちいいでしょ今度はうんこ出る気持ちいいって言って出して」と言われました。「う…うんこ出ちゃうあ出るぅ気持ちいい」私は我を忘れる位、感じて涎をたらしながらローターを排泄しました。
男は「いいね奥さんはアナルで感じる変態なんだ。いっぱい感じさすてあげるからね」と言い、私をベットに連れて行くとクリにローター、お●んこにバイブを入れ、アナルにち●ぽを挿入しました。「はぁぁい…痛い…」アナルはローターを入れてただけなので、男のち●ぽを受け入れるほど拡がってませんでした。「大丈夫…すぐに気持ちよくなるよ」とお●んこバイブを出し入れされて「あぁ気持ちいい」と感じた隙に根元まで入れられました。「あ奥さんのアナル気持ちよま●このバイブがち●ぽと擦れて最高に気持ちいいだろ」男はそんな感じの事を言ってましたが、気持ち良過ぎて余り覚えてません。「あがぁぁいい」「うんこの出る穴気持ちいいって言ってみな」「うんこの出る穴気持ちいいあいくぅ全部気持ちいい」私がいくと男もアナルに中出ししていきました。
ホテルを出たのは入ってから五時間後でした。帰りに約束の金額を貰うと「今日くらいは出せないけど、また会いたいから連絡して」と携帯番号を書いたメモを渡されました。私は「ありがとうございました」とだけ言ってフラフラになりながらも支払いをすませて帰宅しました。しばらくは体調が戻らなくて困りました。また会うつもりはなかったから、電番のメモは捨て、アドも変えてしまいましたが、時々思い出してオナニーしてしまいます。
結局、アナルの快感が忘れられず、旦那はアナルに興味がないので…出会い系で知り合ったアナル好きの人と会う約束をしてしまいました…。どうなってしまうか…今からドキドキしています。