私は生まれて間もない頃からお父さんとお祖父さんの精子を飲んで育てられました、言葉を覚えるより先にチンポを咥えていたらしく私の性調が撮影されたビデオテーブが有り、ビデオに映っている幼い私はチンポを美味しそうに咥えていた、そしてオムツをはぎ取られ私の幼い膣を舐めるお父さんやお祖父さんの姿も映っていた、その時の私の表情は気持ち良さそうな顔で涎を垂らしていた。
その後も撮影されました私の覚えている記憶は歳頃からで家の中では毎日お父さんかお祖父さんのチンポを咥えていて、その時には私の幼い膣には大人の指が楽に入る様になっていて精子を飲んだ後に膣を弄って貰いました。

私が小学校入学の時 の夜にお父さんに初挿入して貰いました、お父さんのチンポが奥まで入るとそれを見ていたお祖父さんとお母さんが拍手で祝ってくれお祖父さんが「これから立派な大人の仲間入りだ、お母さんの様にして貰うからね」言われ私も「うんおじいちゃん」と返事したのを今でも鮮明に覚えています。

初めはゆっくりだったお父さんの動きも射精が近くなり段々と早くなりそして「あかね出すぞ」と言った直後お父さんの熱い精子が勢い良く出てきました。

続きです、膣奥に出しお父さんはペニスに残っていた精子も搾り出しながらペニスを抜く手大量の精子が吹き出した私は射精と同時にイキ果てていたお父さんが離れるとお祖父さんが「今度はお祖父さんだよ」と言い私の脚を持ちすでにお母さんのフェラで勃起してたペニスを当てゆっくりと挿入して来てお父さんの精子が残る膣穴から「ジュブ、ジュブ」と音を発てそれでもゆっくりと腰を動かしてくれた
お祖父さん私の腰を掴みゆっくりとペニスを膣奥に進め暫くすると動きが早くなりお父さん同様に子宮めがけ射精してくれました、ペニスを抜くと泡立った精子が溢れて来ました私はお祖父さんの精子で汚れたペニスを舐めて奇麗して終わりました。
それからは朝晩のセックス三昧の日々を過ごしました。